PENTAX 67_4111-2_R

越後 魚沼の晩秋の郷愁から

2012年11月28日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

今日も、先日の日曜日に撮ったお写真から何枚かご紹介いたします。

少し日が傾き始めた時に撮ったもので、コントラストが下がって少々哀愁を感じる雰囲気になっております。晩秋らしい風景として・・・

K5_32903
「枯木立を通してみる駒ケ岳」

夏場は生い茂る葉に覆われて、山の陰すら見通すことができないのですが、枯木立となって向こう側の景色がよく見えるようになりました。

少しさびしげですね・・・

K5_32917

「やわらかい秋の西日を浴びて」

駒ケ岳をそろそろ帰ろうと振り返った時の顔がやさしく見えて、思わずシャッターを切っていたのがこれです。西日を浴びてやわらかい表情になっていたように思います。空の色も、心なしか薄い青になっていました。

K5_32930

「高原から見下ろす越後三山」

市営スキー場に上がって、越後三山を眺めてみました。シダの秋色がとてもやわらかく綺麗でした。既に空には雲が出始めて、この日の快晴の一日を締め括ろうとしているようでした。


2件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    駒ケ岳、相変わらず魅力的な佇まいですね。
    モノクロもいいんですが、秋のはかない日差しに彩られたところも、魅力たっぷりなんであります。
    いいなあ、こんな魅力的な山を身近に見られるところにお住いなんて・・・
    最後のカットの場所、私も行ってみたい~♪

  2. 皐月の樹 より:

    黒顔羊さん
    コメントありがとうございます。m(_ _)m
    日中日が高い内は、色が想像通りだったりするので、モノクロでも充分表現できる場合が多いように思います(山の情景の場合です)。
    でも、西日や夕景の情景はカラーの力を借りた方が容易な気がします(^^;)。私の腕が無いだけの気がしますがσ(^_^;。
    最後の写真のところは、市営スキー場の山頂付近です。近くには銀杏が生えた展望台があって、スキーのオフシーズンは、じいちゃんばあちゃんのお散歩コースとなってます。春先には山菜採りの人で賑わいます。眼下の町が見渡せて、遠くに越後三山が望めるので、私のお気に入りの一つとなってますσ(^_^;。

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。