PENTAX 67_4111-2_R

2013年5月10日

早朝の畑の端っこ

雪が溶け、越後の田んぼや畑では農家の方々が、毎日早朝から忙しく働き出してらっしゃいます。今の時期、農家は最も忙しくなります。

当然、そうなりますとトラクターも大活躍で、あちらこちらでトラクターを見ることができるようになりました~。そういう意味では、トラクターの姿を見るのも、越後の春の風物詩と言えるかもしれません。いや~、うれしい季節です!

ただ、中にはもう動けなくなったトラクターもございます。先日ご紹介したJohn Deereもその一つですが、これもそうなんです。このトラクター、去年の秋にもご紹介しました・・・と思っていたのですが、実は某価格板の方でご紹介して、こちらのブログでは初登場となります(汗)。

機種は全農のZL1501です。クボタのOEM供給製品ですね。

これ、あの映画「WALL-E」の主人公にちょっとに似ていると思うんですよ~。それで、気に入ってしまいまして・・・(汗)。雪が溶けて顔を出してきたので、先日の早朝、バケペンでバチコ~ンと行って来ました~。

Pentax67_135

「WALL-E」

このクボタ(全農)の小型トラクター、かつては小規模経営の農家では大活躍だったようで、今でもたくさん見かけます。ただ、現役はもう数少なくなっております。納屋の端っこで静かに余生を送っているもの、この様に、畑の端っこで朽ち果てようとしているもの・・・。越後の大雪を何度も超えて来たのでしょう、首はかしがり、タイヤは地面に突き刺さっております。

そんな姿が、ちょっと映画のWALL-Eとオーバーラップしたのかもしれません。

そんな彼も、バケペンの開放で行ってあげれば、しっかりと存在感を出せるんでございます~。

ちなみにこれ、K-5にFA77mm Limitedをくっ付けてでも撮っておりまして。また後日ご紹介いたします。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。