PENTAX 67_4111-2_R

2013年5月21日

MX一発目は?!・・・やっぱりこの被写体で☆

ようやく先日の土曜日にPENTAX MXで撮りましたフィルムをスキャンし終えました~(汗)。

合計94枚でした・・・(滝汗)。

途中、私のPCのドライブの一つがおかしくなってしまい・・・おそらく物理的な破損があったかと・・・復旧に時間が掛かってしまいました(滝汗)。

さて、先週末、黒顔羊さんから届いたMXを手に、土曜日に早速試写を兼ねていつものところへ行っておりました。この日は朝から快晴で、MXの来訪をお祝いするかのようでした。試写には持って来いの日でございました!

で、向かった先ですが、私がレンズの比較なんかに時折利用させて頂いている、しかもお気に入りの被写体であるJohn・Deereくんのところでございました~。

フィルムは、黒顔羊さんから頂いた洋物(あれ?ドイツのフィルムだったかな?・・・汗)のカラーネガです。感度はISO200。ポスト現像は、例によりましてLR4でセレン調です~。

レンズですが、これまたつい先日妻に買ってもらったZeiss Planar T*1.4/85です。これ、APS-Cでは、私にはちょっと長くて被写体を選ぶようなところがあるな~と思っていたのですが、135判であればもっとしっくり来るだろうという思いもあり、このレンズをまず試してみました。

ただ、この時のフィルムが感度200で、C-PLやNDなどの減光フィルターは無く(涙)、おまけに快晴、残念ながら開放絞りでは適正露出を得られませんでしたので、適宜絞っております~。

では、参りましょう。

Pentax_mx_11

「愛嬌」

John・Deereくん、真正面から逝ってあげました。この愛嬌のある表情、なんとも愛くるしいではございませんか~(もう、私殆どビョーキです・・・汗)!

Zeiss プラナ~の立体感、楽しいですね~。この時の絞りは確か5.6くらいです。それでも主役がキリッと浮き上がってまいります。これ、ファインダーで見ると、もっと立体感があるんですよ~。

Pentax_mx_21_3

「越後の勇者」

遠くに見える越後駒ケ岳を望む、その姿がカッコいいんでございます~。いつも必ずと言っていいほど撮る構図です・・・(汗)。

この時も絞りは5.6~8くらいだったと思います(はっきり覚えておりません~・・・滝汗)。APS-Cには出せない立体感でございます。

もちろんバケペンのそれに比べれば、立体感はまだまだ足りないのですが、それでも浮き上がる感じは十分出ていると思うんです。もちろんプラナ~85mmの威力ということもあると思います。

Pentax_mx_1981

「佇む後姿」

この哀愁漂う後姿!カッコいいですね~。

遠くに見えるのは八海山ですね。朝の光を浴びて眩しく、逆光気味に撮るとシルエットが際出ちしますね。

こんな感じで、私のMXライフがスタートいたしました~。おそらくしばらくはMXでのお写真をご紹介していくと思います。しばしご勘弁を~(爆)。

P.S. こちらにご訪問下さりコメントを下さる方々へ

皆さんのExciteブログの方へコメントを入れることが出来ません~(涙)。昨日の夜からダメでした。ということで、しばらくはコメントを入れることが出来なくなるかもしれません~。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。