PENTAX 67_4111-2_R

2013年5月27日

ハイキーな春!

春の日差しは明るくやわらかいですよね~。

そんな雰囲気に、素直な気持ちで向き合うと、やっぱりハイキーで撮ってしまいたくなります。

・・・と、昨日のローキーとは正反対のことを言っておりますが・・・(汗)。二つの表現方法を一つのテーマで対比的に見てみるのも、面白いかな~と思いまして(イイワケ・・・滝汗)。

草花は、まさにこの世の春を謳歌して咲き乱れ、周囲の空気の色さえも変えようと、色とりどりの花弁を精一杯広げています。そんな春の草花の気持ちにお応えして(笑)、花だけのハイキー写真、ご紹介いたします~。

K5_39508

「ハナミズキのココロ」

ハナミズキって、花弁の重なりが殆ど無くって、空を背景に透過光で楽しみたくなります。曇天であれば、空の明るさが一様になって、全体的にハイキー雰囲気を作りやすくっていいんです~。

K5_39515

「天に向かって」

こちらもハナミズキです~。私、よく考えるとハナミズキはいつもこんなハイキーで撮っておるんです・・・(汗)。どういうわけか、私の中でのこの花のイメージがハイキーなんですよ~。

K5_39523

「ドウダンツツジの囁き」

ドウダンツツジも、葉の下にぶら下がるように咲くので、結構影になりがちです。でも、かわいらしく健気な花で、時々主役にしてあげたくなるんです。そこで、露出+補正で撮って、更にキーを上げて、この通り~(笑)。白い花なので、白飛びは覚悟です~(笑)!

実は、これらの写真、とんでもない曇天の夕方に撮った物なんです~(汗)。

実際の雰囲気は、暗く、コントラストは低く、発色も全然良くない状況でした。それをLR4でかなり強引に持ち上げてみました。

花のハイキー写真って、私は曇天に撮ることが殆どです。晴れた日に撮ると、あっという間に白飛びしてしまうんですね~。なので、曇天の低コントラストが良いようです。その上で、露出補正+1.7~+2.0にして、手ブレ防止のためにISO高めのSS高め、といった具合です。

さらにポスト現像で、キー上げ、コントラスト下げ、彩度上げ。

LR4の威力は絶大でございます~。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。