PENTAX 67_4111-2_R

2013年7月

ドイツ便り その1

2013年7月22日FA31mmF1.8 AL Limited,K-5

皆様

ご無沙汰しております~。

昨日の午後、ドイツへ到着いたしました。時差ボケのお陰で、今朝はこちらの時間で3時半に起きてしまいました~(汗)。

昨日は、興奮冷めやらぬまま、ビールのお陰で早々に寝てしまいまして・・・(滝汗)。

今朝になってから、インターネットの接続など、もろもろ始めております。ネットは、Wi-fiが使えますが、かなり遅いです・・・。この記事をアップするのも何時間掛かるかな~・・・。

さて、到着してすぐに思ったのは、空の青さです!気持ちの良い天気で、それだけでうれしくなりますね~。今の時期こちらドイツは日中で25℃くらいでしょうか。とっても過ごしやすいです~!朝夕は、15℃くらいでしょうか?少し肌寒いくらいです。

昨日は、ホテルに到着して、すぐに会社の同僚と周辺の散策に出ました。普段出張先で写真を撮らない同僚たちも、今回ばかりはスマホやらミラーレスやらで撮りまくりでございました~(笑)。とにかく、どこを見ても被写体ばかり!何時間撮っても飽き足りませんね~。

一夜空けた今も、まだ興奮状態が続いておりますね~・・・私(笑)。

さてドイツ便り、まず最初の1回目は?

・・・ドイツと言ったら、これでしょう!ということで、

K5_47169

「ヴァイツェンで乾杯!」

ホテルの周辺をしばらく散策した後、オープンカフェ&バーで乾杯です!

ドイツといえば、やっぱりビール!やっぱり、これしかないですよね~!

この時、午後6時でしたが、まだまだ日は高く明るかったです。気温も丁度良く、ビールがとにかくおいしかったです!

ビールにも様々あるようですが、よく分からない私は、バーのお姉さんにお勧めを聞いて、勧められるままにヴァイツェンを頼みました。ホップの香りが清々しく、少し甘みも有り、何とも深い味わいのあるビールでした。喉越しも最高です!

K5_47179

「ビールのお供にソーセージ!」

さておつまみですが、やっぱりこれでしょう~!ということで、ソーセージです!

粗挽きで、肉汁たっぷりでおいしかったです!

一緒に付いてきたパンも、小麦の香りがとても強く、塩味がしっかり効いていて、中がもっちもち!いや~、ビールに合います!

K5_47178

「レーゲンスブルグの記念すべき最初の1杯!」

他には、サラダを頼みました。

実は我々、フライト中に合計4回の機内食を食べてきておりまして、もうこの時既に、お腹いっぱいでございました~(笑)

さてドイツ便りですが、何回になるか・・・分かりませんが、のんびりとお届けしようと思います。まだ、米沢スナップや、他の出張先でのスナップ、越後のお写真と、お届けしてない物がたくさんあるのですが、やっぱりここは、タイムリーに出して行こうかな?と思います。

さて、皆様へのコメントのお返事や、ブログへの訪問など、かなり滞っております・・・(滝汗)。申し訳ございません~!

時間を見て、ちょくちょくやってまいりたいと思います。

あと、オフ会 in 名古屋も、随時受け付けておりますので~!よろしくお願いします。

オフ会ツアー 2013 in 名古屋


ドイツ出張はコレで決まり!

2013年7月20日FA77mmF1.8 Limited,K-7

私、本日(土曜日)から出張でドイツに行ってまいります~。

最初、しばらくは、ブログのアップなど出来なくなってしまうかもしれません。すみません~。

とか、言いながら、嬉しくなってどんどんアップするかも・・・しれません~(汗)。

さて、ドイツへ持っていくカメラとレンズ・・・どれにしようかな~?と考えておりましたが、決めました!

それは~・・・

K7_159641

「出張セット」

こちらです~!

フィルム機1台と、デジタルAPS-C1台に、単焦点レンズが3本。

実は、先日の米沢や、筑波、厚木などへの出張にもこのセットを持って行っておりました~。私の中の、出張セットです~(K-5がK-7になる時もございます・・・)。

うまく組み合わせれば、35mm換算で、

31、43、47、65、85、128mm

と、広角~望遠までをカバーできます!なかなか使える単焦点セット!

しかも、いずれのレンズも写りはゴキゲン!!!

K7_159651

「メインの誇り」

で、メイン機はもちろんこちら!MXです~。旅行にぴったりなプレミアムスモールの実力!

K7_159731

「スーパーサブ!」

で、サブがK-5です。万能機ですので、ある意味スーパーサブですね(笑)。

K7_159801

「フィルム群」

フィルムの用意は、こんな感じです。

Fujiから、NEPAN100Acros、Provia100F、Provia400X(コレ一度使ってみたかったんです~・・・笑)。

Kodakから、Ektar100、Tri-X 400。

合計、9本!

多分・・・足りるでしょう(汗)。足りなかったら、現地調達です!

さて、行き先なのですが、ドイツのレーゲンスブルグ(Regensburg)というところで、ミュンヘンの北140kmほどのところにある古い町です。ドナウ川沿いにある美しい街で、唯一第二次大戦で戦火を免れた街らしく、町自体が世界遺産だそうです。

楽しみなんでございます~!

・・・あ、あくまでも、仕事なので・・・(滝汗)。

さて、最後に、今日お届けしたお写真は、K-7+FA77mm Limitedの7コンビで撮りました~。

最近、MXの出現で、フィルムライクな描写が売りのK-7はちょっとなりを潜めております。今回のドイツへもお留守番です。

一方、三姉妹の次女FA77もお留守番です。他の姉妹はドイツへ行くのに~・・・と泣いておりました。最近、日本生まれのドイツ人であるプラナ~さんが我が家にやって来て、とんと出番が少なくなってしまいました~。なので、今回使ってあげました~(笑)。

それでは、皆様。

しばし(?)のお別れです~!

P.S. オフ会へのご参加、常時受け付けておりますので~!

詳しくは、こちら↓まで~!

/files/2013/07/in_7b35.html


オフ会ツアー in 名古屋!参加者募集

2013年7月19日オフ会

皆様!

待たせ(?)致しました~!

第2回、オフ会 開催のお知らせです!

先回の、記念すべき第1回目では、GW明けに大宮でricky007さん、ffanさんとオフ会を開いて頂く事が出来ました。

いよいよ、第2回目の開催を実施したいと思います!

まず、第2回目の場所は~・・・・・(ドラムロール・・・)

名古屋です!!!(シンバル・・・ジャ~ン!)

あの、巨匠 黒顔羊さんのお膝元である名古屋で開催したいと思います。

日程は、11月9、10日の、1泊2日の予定です!

今のところの参加者は、

まず、黒顔羊さん(当然ですね!・・・笑)、ricky007さん!そして、私の3名です~。

ということで、参加者募集でござます!

参加ご希望の方は、私の方までご連絡下さい。ブログで書き込みしていただければ結構です!

※追記:その際に、メールアドレスを記入頂けますと、後ほど私のほうからメールいたします。

こちらのブログのカテゴリに、「オフ会」を作成しました。オフ会関連のご連絡は、こちらのカテゴリにまとめて参ります。

詳細な予定は、また追々決めていこうと思っております。その都度、こちらでご連絡いたします~!

それでは、皆様のご参加、お待ちしております~!

※追記:名古屋での当日の予定は、黒顔羊さんが下さっているコメントをご覧くださ~い!^o^/

お写真を載せないのは、ちと寂しいので、ちょっと涼しげな1枚を・・・

K5_465851

「梅雨の森」 K-5+smc PENTAX M50mm F1.4

※追記:こちらはいつもご紹介しております、駒ヶ岳の麓です。背後には、駒ケ岳があるのですが、この日は一日中雲に覆われて、時折雨がぱらついておりました~・


上杉伯爵邸のお庭

昨日、一昨日とお届けいたしました、米沢市 上杉神社のお堀の脇に上杉伯爵邸というところがございます。

こちら、明治時代に上杉家の邸宅として建てられたそうですが、一度焼失して、大正に再建されたそうです。

詳しくは、こちら↓をどうぞ。

http://hakusyakutei.jp/about.html

で、今は?と申しますと、一般に開放されてレストランとなっております。

お値段が少々張りまして(汗)、出張で単身で来ている私にはとても入れるところではございませんでした。でも、そのお庭は誰でも入れるようになっておりまして、遠慮なく(笑)入って撮らせて頂きました~。

K7_15610

「上杉伯爵邸入門」 FA31mm Limited

入り口の門は、このようにとても立派な物でした。ちょっと入るのを躊躇してしまうほどです(笑)。でも開いた門から見える中の庭は、緑で溢れており、写欲をそそってやみませんでした~(汗)。

この時、丁度3人の方がお店に入ろうとされておりました。軽く会釈して、、撮らせて頂きました~(汗)。

K7_15552

「一陣の風」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

建物の入り口には、陣幕が張ってありました。この家紋、上杉家の家紋ですね~。

丁度、心地よい風がその陣幕を揺らしておりました。気持ちよい、初夏の風でした。

K7_155872

「和の和み」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらのお庭の一角に、ちょっと腰を下ろせる東屋がございました。丸い窓が、何ともフォトジェニックでございます。

こういう、訪れた人々の心を和ませる趣向を見ると、うれしくなりますね~。

K7_155982

「愛の兜」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

このかぶとの折り紙、あの直江兼継公の兜を模した物ですね~。

実は、ホテルから上杉神社まで来る時にタクシーを利用したのですが、その運転手の方が下さいました。観光客に渡しているそうです。

心温まるお土産になりますよね~。

K7_15603

「MXポートレート♪」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

さて、上のかぶとと同じところに、MX君を置いてみました~(笑)。

こういうフォトジェニックな場所でのポートレート(?)、撮って置きたくなるんですよね~(汗)。

K7_15593

「涼をめでる」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

この東屋のすぐ脇に、こんな物を発見!

獅子脅しではないのですが、竹筒に水が通され、石の鉢を水受けにしてありました。

東屋に座る人の目を楽しませるための趣向でしょうか?ありがたいですね~。

K7_15556

「エイリアン2(笑)」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

先日、フィルムでご紹介したエイリアンですね。これを見つけたのが、この上杉伯爵邸のお庭の一角でした。デジタルでもしっかり撮っておりました~。

こちらは、LR4のモノクロプリセット、セレン調にしてみました。

K7_15560

「エイリアン3(爆)」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

APS-Cに85mmを付けて撮ると、迫力満点ですね!

その凄みを引き出すために、こちらのポスト現像は、同じくLR4のモノクロプリセット、白黒スタイル3です。

ん~、どこからどう見てもエイリアンです(滝汗)!

K7_15614_2

「外から入る御手洗」 FA31mm Limited

これ、見つけたときに、ちょっとん?と思って撮ってみました(汗)。上杉伯爵邸の長く続く塀が凄いな~と思っていたら、小さな戸がありまして・・・。そこに書いてあるのは、「御手洗」。

なぜ?

どうして外から直接お手洗いに入れるのかな?

で、戸を開けようとしたのですが、開きませんでした~(汗)。鍵が掛かっていたようです・・・。

コレ、外で急に用をたしたくなった人のためでしょうかね?

米沢七不思議なんでございます~。

(七つもねーじゃん!・・・というお叱りのお言葉、しかと受け取りました~(爆))


上杉神社で見つけた花

昨日に続きまして、米沢市 上杉神社でのスナップをお届けいたします~。

今日は、その上杉神社で見つけた花に着目してみようと思います。

万物に神を見出す日本では、ありとあらゆる場所に神が宿っているのでしょう。その場所、場所で四季の草花が植えられていて楽しいですね。

普段良く目にする花でさえ、神社で見ると神々しく見えるのは・・・私が影響を受けやすい人間だからだろうな~(汗)。

K7_15477

「緑の池」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

手水舎のすぐ脇に池がありました。

睡蓮の葉っぱがびっしりと浮いており、所々に小さく清楚な花が咲いておりました。

K7_15482

「神々しき姿」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらも睡蓮です。

真っ白い睡蓮の花って、神々しいですね~。

この場所が、そう思わせるのでしょうかね・・・?

K7_15518

「可憐な出で立ち」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらの薔薇、先日フィルムで撮ったお写真で一輪咲きとしてご紹介した物です。

本当は、こういう可憐な感じに咲いておりました。印象がガラリと変わります。

K7_15524

「昨夜の雨」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらも同じくフィルム写真でもご紹介しました。

デジタルですと、もっと艶が出てきますね。ただこの滑らかさがちょっと不自然に感じるのは・・・私だけ(汗)?

K7_15538

「小川のほとりの雅」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

上杉神社の敷地内の池と池を繋ぐように、小さな川が流れておりました。その脇に、一輪だけ花菖蒲が咲いておりました。既に時期を過ぎてしまっていたようです。

最後の一輪が、雅な雰囲気を作り出してくれておりました。


米沢市 上杉神社

さて、ようやく米沢スナップに戻ってこれました~(汗)。

前回は街のスナップ松岬神社の手水舎のお写真をご紹介しました。今回は、米沢市観光の大本命と言ってよいかと思います。上杉神社でございます~!

上杉神社、なかなか見所満載でございましたので、何回かに分けてお届けしようと思います。

第1回目の今日は、上杉神社の見所をストレートに(?)お届けいたします。

K7_15440

「米沢城入り口」 FA31mm Limited

上杉神社は米沢城址内にございます。こちらはその入り口です。

私が訪れたのは、日曜日だったのですが、さすがに多くの観光客で賑わっておりました~。

K7_15441

「足元の章」 FA31mm Limited

このマンホールの蓋は、中央に米沢市の市章、その周りにアズマシャクナゲがあしらわれております。この花は米沢市の花だそうです。

K7_15439

「木陰で小休止」 FA31mm Limited

この日はとても暑くって、人力車を利用しようという人も見かけませんでした~(汗)。

おじさんも、ずっと木陰で休んでらっしゃいました。

K7_15456

「謙信公」 FA31mm Limited

背景に見えるのが、上杉謙信公の銅像です。ご存知、上越 春日山城の城主ですが、謙信亡き後、景勝があとを継ぎましたが、関が原の合戦で西(豊臣)側に付いた景勝は減石されて米沢に移ってきました。

新潟県と米沢市、上杉で繋がっております~。

K7_15462

「上杉神社」 FA31mm Limited

こちらが、米沢城の本丸跡に建てられた上杉神社です。謙信公が祀られております。

決して派手さは無いのですが、立派な建物です。落ち着いた雰囲気が好印象でした。

堅実で質素な上杉らしいな~、と思いました。

K7_15547

「鷹山公」 FA31mm Limited

・・・の後姿です~(汗)。

私、主役を背景にしてしまうんですね~。なぜかな~。

多分、天邪鬼なんですね~(滝汗)!

K7_15468

 

「やさしく迎える鬼瓦」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらは手水舎の屋根です。手水舎は・・・ちょっと撮る気になれない雰囲気だったので(汗)、代わりに屋根を撮りました。

銅葺きの屋根がいい色になっておりました~。

K7_15513

「金具」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

格子塀の金具、こちらも銅の金具かな?緑青が出ていい色ですね。

K7_15532

「参道脇の木陰」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

参道脇をふと見ると、ちょっと気になる木陰がありました。

なんとなく撮っちゃうんですよね~、こういうの。

K7_15503

「大切な願い」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

とてもうれしい気持ちになる絵馬を見つけました。

これを見て、笑顔がこぼれない人はいないと思うんです・・・

そんな力を感じる願いでございました!

ストレートにと言いながら・・・なんだか、側面ばかりの切り取りになってしまいました~(汗)

明るい日差しの中に輝く緑が印象的でした~!


カラーでも見てみましょう! ~梅雨の魚野川~

2013年7月16日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

昨日はモノクロがいい!と言って、今日はカラーか?!

どっちなんじゃい?!!!

というお怒りは、ごもっとも(滝汗)!

苦情承ります~(爆)!

ま、あくまでシロートの雑多写真ですので、何でもアリ!と開き直ってまいります~(笑)。

先日はセレン調の硬派なお写真をご紹介した梅雨の魚野川ですが、カラーでも現像してみました。空の表情や、夏草や木々の存在感を描写するのは、やはりアンセル・アダムズばりのセレン調がベストチョイスとは思うのですが、この時の淡い夕焼け色がなかなかフォトジェニックでございましたので、それをストレートに表現してみました。

もう一つ、私の中の試みがございまして。

それは、LR4でどこまでPENTAXの独自WB、CTEに近づけるか?!

という課題がございます。LR4はとても柔軟で、幅の広い現像を可能としてくれるのですが、CTEの色描写だけはなかなか再現できないんです。あ、もちろん、私の腕がないからなんです。

それで、その表現を目指して、色々と試行した結果、少し近づけてきたような気がしましたので、そのご紹介を兼ねたいと思います。

K5_463351

「梅雨空の閃光」

こちらはWBはLR4の昼光にしてみました。

完全に逆光だったので、露出は-1くらいで撮影しました。ですので、撮りたては手前の草や木々は完全にシルエットだったのですが、ハイライトを下げて露出を上げて、更にシャドーを持ち上げました。

かなり見た目の印象に近づいたかな~と思います。

K5_463431

「茂みから覗く梅雨空」

川岸の木々や茂みの間から臨む梅雨空の夕景がとても美しかったです。

淡い色合いの夕景が、初夏の清々しさを描いていました。

K5_463461

「静と動のシンフォニー」

静けさが拡がる梅雨の夕方、空のダイナミックさとススキの茂みの猛々しさがとても心地よいシンフォニーを奏でておりました。

K5_463491

「空晴れて霧晴れて」

このシーン16mmの超広角で撮ったのですが、まだ足りませんね~。もっと下がれれば良かったのですが、背後にはススキの茂みが迫ってきており、これが限界・・・。12mmくらいが欲しくなるシチュエーションでした。

K5_463561

「静寂の川岸」

このシーン、先日は縦構図でお届けしましたが、今回は横構図をお届けします。

・・・でも、本当に撮りたかったのは正方形なんですね~(涙)。このシーンで、もう少し空が入れば良かったのにな~・・・。

K5_463781

「川岸の彩色」

さて、ここからはCTEの再現に拘って現像してみたお写真をご紹介します~。

日没直前直後の西の空のオレンジ色と、その光を受ける雲の色の諧調性を意識しました。さすがにPENTAXのCTEとまでは行かないのですが、発色の良さは少し表現できて来たかな~と思います。

K5_4638812

「破間川夕景」

こちらもCTEを意識しました。

日没後、空が淡いオレンジ色からからピンク色~マゼンダの入った空色へのグラデーションを意識しました。

K5_463961

「夕暮れ静けさ」

この色味、CTEに近いな~と思うんですが・・・如何でしょう(汗)?

こういうシーンはガッツリ絞って、長秒で!に限りますね~。こちらF22まで絞って、ss2.5秒です~。川の流れを滑らかにして、空のグラデーションを映し込みたかったんです~。

K5_464061_2

「自然の額景」

こちら、上↑の2枚目でご紹介したお写真と殆ど同じ構図ですね~(汗)。

木々や夏草を額縁に見立てて日没後の夕焼け空をはめ込みました。

空の色味がまた印象を変えてくれたので、最後にこちらもご紹介します。

いかがでしょう?

カラーもなかなか捨てがたいですね~(汗)。

皆様はどちらがお好みですか~?

・・・私は、やっぱりセレン調がいいかな~(汗)

なんじゃそりゃー!

・・・お後がよろしいようで・・・(滝汗)


Monochromの表現力

さて今日ご紹介いたしますお写真は、PENTAX MXにVelvia100Fを詰めて撮影したモノです。

これを本来のカラーで見るよりも、モノクロで見た方がより迫力が出るな~と思いまして、LR4のポスト現像でモノクロにしてみました。

やってみますと、135判のフィルムの描写と相まって、表現豊かになるな~と実感いたしました。

Pentax_mx_365

「雨の後」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらはLR4のモノクロプリセットの白黒スタイル3を適応してみました。このプリセット、ハイコントラストで粒状感を上げた仕様なので、丁度Tri-X 400の様なテイストでしょうか。いや、あるいはそれ以上に粒状感は強調されておりますね。

前日の雨で、首を垂れてしまっていたようです、この薔薇。花弁や葉っぱについて残った雨粒が、少し切なげで侘びを感じてしまいまして・・・。

MXにプラナ~85を付けて撮ってみました。このぷらな~、昨日の様なやわらかな描写もお手の物なのですが、こういうおっとこ前な描写も出来ちゃうんですよね~。本当に凄いレンズだな~と思います。花や雫の質感描写が生唾モノです。モノクロの表現力と相まって、とても興味深い画になりました。

Pentax_mx_366

「一輪咲きの力強さ」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらも上↑と同じく、LR4の白黒スタイル3を適応しました。

こちらもMXにプラナ~85を付けて撮ったのですが、薔薇一輪の近接撮影でここまでの表現力を見せてくれるとは・・・驚きでした。この浮き上がるような立体感と花弁の質感、ただただ驚きです。

Pentax_mx_359

「睡蓮の池」 FA31mm Limited

こちらはサイアノを適応してみました。

私の勝手なイメージなのですが、水辺が関連する写真には、このサイアノが結構合うように思うんです。

ここからはFA31です。この独特の立体感と透明感、やっぱりこのレンズも面白いな~。

Pentax_mx_380

「片隅の古株」 FA31mm Limited

こちらはまた、LR4の白黒スタイル3です。

この古株(?)の木肌のうねりと質感を際立たせてくれるように思いました。

ここ、上杉神社の脇にある上杉伯爵邸の日本庭園の片隅で見つけました。

なんとな~く歩いていったら、そこに存在感をビシビシとあたりに振りまいて佇んでおりました。なんだか呼ばれたようにも、思いました。そして、見事に撮らされました~(汗)。

この写真でもFA31で結構絞って撮りましたが、この妙な立体感・・・一体どこから来るのでしょう・・・?

Pentax_mx_381

「エイリアン」 FA31mm Limited

こちらも同じくLR4の白黒スタイル3です。

この株、見ているとエイリアンのようにも見えてきます。

さて、どこが目でしょうか~(笑)?

やはりフィルムの描写って、モノクロにすると、更にその描写のリアリティが際立つように思います。多くの写真家さんがモノクロをこよなく愛されるのも、よく分かってくるんでございます~。MXを入手して、本当に良かった~(笑)。

以上のお写真は、米沢市の上杉神社で見つけた物です。

その上杉神社からスナップは、現在準備中でございます(汗)。近日お届けいたしま~す。


立てば芍薬?

またまたいつもの魚沼市小出の市営スキー場から、お届けいたします~。

先回ご紹介したのはキンケイギクの丘でしたが、同じ日にもう一つ花を撮影しておりました。芍薬です。

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

と美しい女性の姿の形容詞に使われるこの花は、越後では5~6月に見ることが出来ます。この場所は、スキー場ということもありまして、6月の後半~7月の初めにかけて見頃を迎えます。

本当は牡丹を撮りたかったのですが、今年は撮り逃がしてしまいましたので、こちらの芍薬を見に行きました。

ただ、私が訪れた時は、既に旬を過ぎていたようで、綺麗な花が少なかったです~(涙)。

それでは、参ります~。

K5_453341

「芍薬の丘」 FA31mm Limited

越後三山を望めるこの場所は、本当に色んな花が楽しめます。春から夏に掛けて、少しづつ時期を変えながら、こうやって季節の花を楽しめるのも、地元の方の活動のおかげですね~。感謝感謝です!

この日は、青空は見えていたのですが、雲も多くて、太陽が顔を出すのを待ちながら撮影しておりました~(汗)。

K5_453391

「大輪の花」 FA31mm Limited

すでに最盛期を過ぎてしまっていたようで、綺麗な花を探すのは一苦労でした・・・(汗)。

そんな中で、美しい大輪の花を咲かせている株があったので、パシャリ!

こういう大きな花の豪華さを表現するのって、難しいですね~。

K5_453481

「白い花弁」 FA31mm Limited

日差しを浴びる白い花、白飛びとの戦いですね~(汗)。

ダイナミックレンジの広い、K-5といえど、デジタルではなかなか日差しを浴びる白い花を高コントラストできっちり描写するのは至難の業でございます。

もっと、斜光気味に撮るべきだったかな~・・・と反省。

K5_453541

「彩色兼美?」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

さて、ここからは、私の花撮りレンズのデフォルト、プラナ~85mmです。

このレンズの立体感、花を撮らせるとピカイチです。

開放よりも少し絞った(F2.8~4.0)方が、より立体感や臨場感が出るような気がします。

K5_453651

「光の中で」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

このレンズで、明るい色の花をハイキー気味で撮りますと、このようにハイライトがソフトフォーカスになったように美しくぼやけてくれるんです。こうなれば、多少白飛びしても、全く嫌味にならないですね~。

この写真では、ピント位置を花の手前側に合わせて、輪郭部分は若干アウトフォーカスになっているのですが、それがソフトな描写にしてくれていました。

やっぱり花撮りにぴったりですね~!

K5_453611

「立てば芍薬」 Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

こちらも前ピンにしてみました。花自体はアウトフォーカスなのですが、やわらかい描写が、ソフトフォーカスレンズで撮ったような画になっております。

APS-Cにこのぷらな~85mmを付けて撮る時は、ピント位置を手前から少しづつ奥側にむかって変えながら、何枚か撮るようにしております。極薄ピントを一発で決める腕がないんでございます~(汗)。

で、それらを撮った後に見比べた時に、ジャスピンの写真よりもこちらの前ピンの方がイメージに近かったんです~。それで、これを採用にしました~。

ぷらな~85、使えば使うほど、どんどん味が出てくる、魔性のレンズです~(笑)。


山で見つけた小宇宙

2013年7月13日K-7,smc PENTAX M 100mmF4 Macro

今日のお写真も1ヶ月以上前に撮った物でして・・・(汗)。

ただ、あまり季節感のない写真なので、ま、いっかな~ということで、ご紹介しようと思います!

まずはレンズなのですが、smcPENTAX-M 100mm F4 Macroというレンズで撮りました~。

実はこのレンズ、ricky007さんから頂いた物なんです~!これ以外にも、他にもMレンズをたくさん頂きまして、感謝感激なんです~!

ricky007さん、ここに改めまして、ありがとうございます!

ただ、まだ他のレンズを、まともに試写出来ていなくて・・・(汗)。

さて、今日ご紹介しますのは、山で見つけた小宇宙です~。

小宇宙・・・???

まずは、お写真、ご紹介します。

K7_15046_2

「越後のオーロラ???」

完全にアウトフォーカスのボケボケ写真からです~!

あ、これ、七色の色を強調したくて、ピントを外しております!決して、レンズが悪いわけではございません!!!

さて、コレ、何でしょう・・・?

K7_15103 

「蜘蛛の巣の彩」

ピントを合わせていきますと・・・こうなります。

ハイ、蜘蛛の巣ですね~!

朝日を浴びて、蜘蛛の巣が綺麗に輝いておりました~。

K7_15064

「小宇宙」

家主を見ると、はい、女郎蜘蛛の子供・・・でしょうかね?

このレンズ、開放F値は4.0ですが、しっかり切れるんですね~!玉ボケもきれいでございます!PENTAXのマクロレンズは、共通してボケ味が美しいな~と思います!

この時AWBで撮っていたのですが、この写真はちょっと青に転んだようです。でも、それが、逆に宇宙らしい雰囲気を出しているような・・・

K7_15092

「Galaxy1」

そこで、この写真はWBを青に傾けて、更にマゼンダをちょっと増してみました~。

なかなか宇宙らしい・・・?

K7_15099

「Galaxy2」

もう1枚、同じようにWBを青に寄せてみました。

さて、この蜘蛛の巣、どういう場所にあったか?といいますと・・・

K7_15030

「山際の小さな宇宙」 FA31mm Limited

ここですね~・・・

って、ん?これは何でしょう?

K7_15023

「オフシーズン」 FA31mm Limited

最後の2枚は、FA31mm Limitedで撮りました。

ここは、いつもご紹介する魚沼市小出の市営スキー場です。冬場大忙しの圧雪車も、今はしばし休憩中です~。

上でご紹介した蜘蛛の巣は、この圧雪車の影で見つけました。

さらにこれは、LR4用のダウンロードしたモノクロプリセット、Fujichrom NEOPAN100です。先日film-gasolineさんにご紹介してもらったプリセットですね~。

諧調豊かな光の描写ながら、しっかりとコントラストが出る描写がたまりません。でも、本当は、フィルムで撮るのが一番かな・・・?


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。