PENTAX 67_4111-2_R

2013年7月1日

朧月夜のガスプラント

2013年7月1日FA31mmF1.8 AL Limited,K-5

昨日お届けしました蛍の撮影の帰り道、せっかく三脚を持って出たのだから!と、ちょっと寄り道をして帰りました。

塚野山から自宅までの道中に、小さな天然ガスプラントがあるんです。

越後は、昔から石油や天然ガスの産出地として知られております。以前も、残雪の残る早春のプラントをお届けいたしました。私の自宅の周辺(車で30分くらいの範囲)で、知っているだけでも5~6箇所ございます。なので、プラント萌えにはたまらないんでございます~(笑)。

おまけに、こちらのプラントは、なんと言っても周囲を田んぼに囲まれた立地でして、越後独特のプラント萌え~な、光景が楽しめるんでございます~。

この日は、満月の翌日だったようで、かなり明るい月を拝めました。しかも、後から知ったのですが、スーパームーンだったそうです!ラッキー(笑)。

それでは、朧月夜に見る越後の里の天然ガスプラント、参ります~。

K5_456851

「朧月夜のプラント萌え~」

蛍の撮影の帰りに、月に照らされる雲の色が怪しく浮かんでいて、どうしても撮りたくなりました~(笑)。

朧月夜を背景に浮かぶプラント・・・みたいなイメージで望んでみました~。

K5_456891

「闇夜に浮かぶ」

ここは、天然ガスのプラントなのですが、やっぱり夜の化学系の工場って萌えますね~(笑)。

K5_456931

「パイプの迷路」

この複雑に入り組んだパイプ、ゾクゾクします~(笑)。

どれが何の役割を果たしているのか・・・さっぱりでございますが~(汗)。

K5_457011

「水田と共に」

越後のプラントは、どこも周囲を水田に囲まれております。この時期は、青々とした若い稲がプラントの灯りに照らされて、薄っすらと浮かび上がっております。

ガッツリ絞って、長秒で撮り、さらにポスト現像でシャドーの持ち上げと増感などを施すと、HDR風な雰囲気になりますね~。いかにもデジタルチックになってしまいます(汗)。最近、どっぷりとフィルムに嵌っているせいか、こういう塗り絵のような画が・・・どうしても気になるんですよね~(汗)。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。