PENTAX 67_4111-2_R

2013年7月6日

越後駒ケ岳 新緑の頃

久しぶりにバケペンで見る駒ケ岳をご紹介したいと思います。

実は、この1ヶ月近く、バケペンでまともに写真が撮れておりません~(涙)。その恋しさあまって、蔵出し写真をご紹介したいと思います。

5月~6月初旬に撮った物ですので、もう既に1~2ヶ月くらい前に撮った物になります~(汗)。

今では駒ケ岳の雪もどんどん融けて、もう殆ど見ることが出来ないくらいになっております。小撮影の時は、まだ、少し残っておりました。今ではその残雪が名残惜しくも感じます。

変わって、緑が猛々しく生い茂って来ております。この時期の緑の成長の早さには目を見張る物がありますよね。幼少期の子供のようです!

そんな新緑眩しい、駒ヶ岳の風景をお届けいたします~。

Pentax67_1781

「木陰の中の道祖神」

駒ケ岳の麓にある祠から見てみました。冬の頃は雪の下で見えなかった道祖神も、すっかり雪が溶けて顔を出しておりました。

こちらは、時期としては下の2枚より少し早い時期に撮りました。5月12日で、まだ残雪の量も多かったですね。

Pentax_67_2951

「新緑と雪融けと」

いつも撮る、水無川からの駒ヶ岳です。もう見飽きた構図ですね~(滝汗)

6月1日に撮っておりましたので、上の写真から4週間後くらいになります。雪の量がかなり少なくなっております。

Pentax_67_2971

「新緑に包まれる豊かな流れ」

こちらも同じく、水無川の砂防ダムからの眺めで、いつもと同じ構図なんでございます(汗)

前回ご紹介した時から、かなり新緑が増えているのがわかりますね~。

今は、この場所も、もう水が殆ど流れてないかもしれません。この川の名は・・・水無川でございますので~。近々訪れて、確かめてみようと思います!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。