PENTAX 67_4111-2_R

2013年7月16日

カラーでも見てみましょう! ~梅雨の魚野川~

2013年7月16日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

昨日はモノクロがいい!と言って、今日はカラーか?!

どっちなんじゃい?!!!

というお怒りは、ごもっとも(滝汗)!

苦情承ります~(爆)!

ま、あくまでシロートの雑多写真ですので、何でもアリ!と開き直ってまいります~(笑)。

先日はセレン調の硬派なお写真をご紹介した梅雨の魚野川ですが、カラーでも現像してみました。空の表情や、夏草や木々の存在感を描写するのは、やはりアンセル・アダムズばりのセレン調がベストチョイスとは思うのですが、この時の淡い夕焼け色がなかなかフォトジェニックでございましたので、それをストレートに表現してみました。

もう一つ、私の中の試みがございまして。

それは、LR4でどこまでPENTAXの独自WB、CTEに近づけるか?!

という課題がございます。LR4はとても柔軟で、幅の広い現像を可能としてくれるのですが、CTEの色描写だけはなかなか再現できないんです。あ、もちろん、私の腕がないからなんです。

それで、その表現を目指して、色々と試行した結果、少し近づけてきたような気がしましたので、そのご紹介を兼ねたいと思います。

K5_463351

「梅雨空の閃光」

こちらはWBはLR4の昼光にしてみました。

完全に逆光だったので、露出は-1くらいで撮影しました。ですので、撮りたては手前の草や木々は完全にシルエットだったのですが、ハイライトを下げて露出を上げて、更にシャドーを持ち上げました。

かなり見た目の印象に近づいたかな~と思います。

K5_463431

「茂みから覗く梅雨空」

川岸の木々や茂みの間から臨む梅雨空の夕景がとても美しかったです。

淡い色合いの夕景が、初夏の清々しさを描いていました。

K5_463461

「静と動のシンフォニー」

静けさが拡がる梅雨の夕方、空のダイナミックさとススキの茂みの猛々しさがとても心地よいシンフォニーを奏でておりました。

K5_463491

「空晴れて霧晴れて」

このシーン16mmの超広角で撮ったのですが、まだ足りませんね~。もっと下がれれば良かったのですが、背後にはススキの茂みが迫ってきており、これが限界・・・。12mmくらいが欲しくなるシチュエーションでした。

K5_463561

「静寂の川岸」

このシーン、先日は縦構図でお届けしましたが、今回は横構図をお届けします。

・・・でも、本当に撮りたかったのは正方形なんですね~(涙)。このシーンで、もう少し空が入れば良かったのにな~・・・。

K5_463781

「川岸の彩色」

さて、ここからはCTEの再現に拘って現像してみたお写真をご紹介します~。

日没直前直後の西の空のオレンジ色と、その光を受ける雲の色の諧調性を意識しました。さすがにPENTAXのCTEとまでは行かないのですが、発色の良さは少し表現できて来たかな~と思います。

K5_4638812

「破間川夕景」

こちらもCTEを意識しました。

日没後、空が淡いオレンジ色からからピンク色~マゼンダの入った空色へのグラデーションを意識しました。

K5_463961

「夕暮れ静けさ」

この色味、CTEに近いな~と思うんですが・・・如何でしょう(汗)?

こういうシーンはガッツリ絞って、長秒で!に限りますね~。こちらF22まで絞って、ss2.5秒です~。川の流れを滑らかにして、空のグラデーションを映し込みたかったんです~。

K5_464061_2

「自然の額景」

こちら、上↑の2枚目でご紹介したお写真と殆ど同じ構図ですね~(汗)。

木々や夏草を額縁に見立てて日没後の夕焼け空をはめ込みました。

空の色味がまた印象を変えてくれたので、最後にこちらもご紹介します。

いかがでしょう?

カラーもなかなか捨てがたいですね~(汗)。

皆様はどちらがお好みですか~?

・・・私は、やっぱりセレン調がいいかな~(汗)

なんじゃそりゃー!

・・・お後がよろしいようで・・・(滝汗)


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。