PENTAX 67_4111-2_R

廃バスの魅力

先日、Kiev88Cの試写としてご紹介した、豊田市の廃バス。

こういう機械物の廃れ行く姿って、とっても魅力的なんです。

かつて、日本の経済を支えていた機械群。高度経済成長の象徴。

それらがそれぞれの役目を全うし、余生をそれぞれの場所で送る。あるものは、リサイクルされるでしょうか?またあるものは、町の片隅でひっそりと過ごし、いずれ人々の記憶から消されていくでしょうか?

そんな機械が余生を送る様子を観察すると、この機械がどのように活躍したのだろう?とか。

どれだけの人が、この機械とともに過ごしたのだろうか?とか。

そんなことを考えながらレンズを向けて、ファインダーを覗くのは、歴史書を紐解く感覚と似ているように思うんです。

私は、根っからの技術屋で、日本の技術力・・・というよりも魅力的な機械の数々に心底惚れてこの世界に飛び込んできましたので、余計にそんな風に考えるのだと思います(汗)。

夏草と共存する、この豊田市の廃バスもまた、とっても魅力的なんでございます。

K5_51633

「夏草が出入りするドア」

かつては人々を乗せては下ろして走っていたバス、今は夏草の出入りが激しいようです~(汗)。

K5_51636

「来る物拒まず去るもの追わず」

このバス、入り口だけではなくて、フロントウィンドウも全開なんです~。お客さんなら、蔦でも大歓迎!って感じでしょうか(笑)?

K5_51630

「繰り返される・・・」

これは蔦の弦でしょうかね~?去年か、あるいはそれ以上前のものでしょうか?

毎年蔦に包まれても、2度と同じ蔦には絡まれないんでしょう・・・。毎年同じ物を見ても、決して同じシーンにはならない。そんな被写体は、やっぱりフォトジェニックなんです。

K5_51645

「荒廃」

恐る恐る中を覗いてみました。ん~、荒れ放題ですね~(汗)!

もう少し、アーティスティックな落書きがあればな~・・・。贅沢ですかね(汗)?

K5_51634

「早朝の青空の下」

やっぱりこの廃バスは、青空の下、佇む姿を見上げるのが一番魅力的に思います!

黒顔羊さんの進言で、朝一がいい!と。

まさに、大正解!朝日を受けるこの姿が一番シュールなんでございます~。

越後でも、こういう廃バス、見つけたいな~・・・。今度探してみようと思います(笑)。


11件のコメント

  1. ricky007 より:

    この間、近くの廃バス撮影してきましたが、ここまでひどく?なかったですわ(笑)
    ガラス全部割れてますね!すげぇ~す!
    完全にジブリっております(笑)

  2. 黒顔羊 より:

    上でRickyさんがおっしゃってるように、ここまで荒廃した廃バス、私も見たことがないです。
    もはやラピュタの世界なんですよね~。^^;
    夏草が入口をふさいでましたが、それを超えて中に入っても楽しいですよ。
    また冬に雪に覆われたところも風情があります・・・めったに愛知県では降りませんけどね。^^;;;

  3. 皐月の樹 より:

    ricky007さん
    こんばんは~!
    このバスの廃れ方、目を見張る物がございますよ~^^;
    そういった意味でも、かなり貴重ですね!v^o^
    ガラス、僅かに残っている部分はありますが、無いに等しいですね~^^;
    ここまでオープンだと、蔦も夏草も、入り放題!
    これ、いつまでココに放置されるのか、見ものですよね~。
    黒顔羊さんに、その経時変化を見つめてもらいたいな~・・・なんて思ってます^^;;;

  4. 皐月の樹 より:

    黒顔羊さん
    こんばんは~!
    ホント、そうですよね~!
    これは、かなり貴重です!v^o^
    失われた世界の遺品・・・ラピュタ的な表現をすると、そんな感じでしょうか・・・?^^;
    是非、この廃バスを見つめ続けていただきたいです~!^o^/
    今回は、中に入る勇気が無かったですが・・・^^;
    次回は?!・・・入れるかな~?^^;;;

  5. 風つかい より:

    こんばんは、
    なんでこんなでかいバスが放置されているのかが
    ちょっと不思議です、、、

  6. 皐月の樹 より:

    風つかいさん
    こんばんは~!
    ハハハ、仰るとおりです!
    と~っても、不思議なんですよ~!
    坂の上から、道を下っていきますと、少し開けて田畑が見えてきます。
    そんな場所に、このバスはおりまして、とんでもない存在感を放っております!
    なぜここにあるのか、いつからあるのか、誰が置いたのか・・・?
    ミステリーですね~v^o^

  7. Pic-7 より:

    廃バス Digital Ver.来ました。
    実は今日の写真がDigitalって最後に書いてあってびっくりです。
    最近皐月の樹さんの現像って、かなりFilm Likeになってきているように感じます。

  8. film-gasoline より:

    おおおっ!
    例の廃バスですね~♪
    車内の落書きは意外でした・・・^_^;
    これとてもデジタルで撮ったようには見えませんでした。
    最後にK-5って見てビックリ^_^;
    すごいいい感じです!

  9. 皐月の樹 より:

    Pic-7さん
    こんばんは~!
    お~、フィルムに見えましたか~!
    それは、嬉しいです~!v^o^
    このDA★16-50というレンズ、開放近くだと結構やわらかい・・・(眠い?)写りなので、それが一つの理由かもしれませんね~。
    もう一つは、LR4のお陰かもしれません~^^;。
    私の意識・・・と言いますか、イメージがフィルムなんですね~、きっと。
    そのイメージに近づけようと、ポスト現像で調整するので、そのせいかもしれませんね~^^;;;

  10. 皐月の樹 より:

    film-gasolineさん
    こんばんは~!
    はい!そうです~!
    これ、デジタルで撮った、あの廃バスなんです~!
    車内の落書きを見ると、近所のやんちゃ坊主達がここに来て遊んでいるのかな~?とも思いますね・・・^^;
    そうですか~、デジタルに見えませんでしたか~^^;
    ありがとうございます!結構、嬉しいですv^o^
    LR4で、フィルムを意識しながら調整しているためだと思います^^;
    ぜ~んぶ、フィルムで撮れればベストなのですが・・・なかなかそういう訳には行きませんしね~^^;;;
    フィルムに陶酔していると、こうなるのかも知れませんね~^^;;;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。