PENTAX 67_4111-2_R

135判で遊ぼう~!

さてさて、一昨日の続きになりますが・・(汗)。

越後の森のトチの木の林、続きましてはPENTAX MXで拾い上げたスナップです。

「集合写真」でご紹介いたしました、我が家の最小カメラ・・・。大柄な中判カメラのお供には、最適なスナップシューターです。カメラバックの僅かな隙間にも、すっぽりと収まります。

でも、小さいからと侮る無かれ。機能は必要にして十分。信頼性の高いフルメカニカル。その小さなボディからは想像できない広くて見やすく、MFし易いファインダー・・・。

と挙げだすとキリがございませんので、この辺にして(汗)。

そんなことより、お写真ですね!

では、参りましょう~。

Pentax_mx_1019

「岩場に生きる」

まず最初は、岩場から見上げるトチの木の根元です。

とにかくこの場所は、この岩場が印象的でした。

コンパクトなMXであれば、こういうローアングルも決めやすいんでございます。スナップ、スナップ~♪

レンズは、M50mm F1.4を使いました。黒顔羊さんにMXと共に譲って頂いた品です!暗い森では、F1.4の明るさは大変に重宝致します!

では、このトチの木の根元にもう少し寄ってみましょう~。

Pentax_mx_1025

「小さな森」

岩場に生えるトチの木の根元が、まるで小さな森のようになっておりました。

こちらは一昨日のエントリーで、ローライで撮ったシーンと同じところです。やっぱり正方形の方が、落ち着きますね~(笑)。

3:2だと、妙に窮屈に見えてしまいます。

Pentax_mx_1024

「やわらかい光」

秋が訪れ始めているとはいえ、9月末の森はまだまだ木々の葉が生い茂っております。

その為、昼間でも木陰は結構暗く、木漏れ日が差してくるとその明暗差はかなりの物です。

このとき、Ektar100を詰めておりましたが、影に露出を合わせてしまうと日向は殆ど飛んじゃいました~。

ネガフィルムを飛ばすとは・・・こやつ、なかなかやるな~!

・・・あ、そういうことじゃない(汗)?

もう少し、アンダーで撮りなさい(怒)!

・・・はい(滝汗)。

Pentax_mx_1023

「光に選ばれし」

はい、と言うことで、こちらは少しだけ(1/3段分くらい・・・?)露出低めで撮ってみました。

かろうじて残っておりますね。

こういう木漏れ日、とってもフォトジェニックなのですが、どうやって構図を取るか・・・。どういう露出で行くか、いつも悩みます。

やはり、もう少しアンダーがいいかもしれませんね。影を深くして、より木漏れ日を強調するように。

Pentax_mx_1022

「木漏れ日の森」

はい、ではこちらの写真で遊んでみましょう~。

まずこちらは、絞りF5.6くらい(はっきりとは覚えてないんです・・・汗)で撮ったお写真です。丁度、雲の切れ間から日が差してきて、木漏れ日が印象的でした。

右手前から、左奥に向かってリズミカルに点在する木漏れ日を狙ってみました。

Pentax_mx_1017

「森の営み」

こちらは、上とほぼ同じ構図ですが、カッチリ絞って(F16~22くらい?・・・汗)撮りました。

さらに、LR4のポスト現像で、明瞭度を40%くらいプラスに上げております。

こちらは、木漏れ日よりも岩が点在する森の造形美に惹かれて撮りました。

同じような構図ですが、印象がガラリと変わりますね~。

ん~、面白い(自己満・・・滝汗)。

Pentax_mx_1016

「白の群像」

最後に、岩場の白と、屹立するトチの木の白い木肌が美しくて、撮ってみました。

もう少しアンダーでも良かったかな~・・・と反省です(汗)。

さて、中判ではじっくりと被写体を探して、構図や露出を練り上げて1枚を狙いますが、135判のMXだと、興味の向くままに被写体に向かい合えます。

何気ない、ちょっと気になる被写体には、やはり機動性に優れたMX大変重宝致します。

更に、ファインダーが明るく、とても見やすいので、暗い森でもらくらくMFなんでございます~。

中判のお供に、是非MXを~!

・・・と、今頃宣伝してどうする(滝汗)?!


10件のコメント

  1. ricky007 より:

    なにやら別の生き物のようです(笑)
    そのまま動き出しそう!
    私的には、ハイライト…そのくらい飛んでるくらいがいいと思いますよ!デジタルで飛んじゃうと…非常に残念な感じになりますが、ネガフォルムのハイライトの飛びには、不自然さがないので、私は好きデス。
    なので、EktarやNEOPANでは、輝度差のある風景でも、ざっくり露出で撮ってしまいます(笑)

  2. 風つかい より:

    MX,ファインダーを今度覗かせてください。なかなか良さそうですね。
    明るく、柔らかく木漏れ日が射す森を撮っていますね。白い木肌がなまめかしいです。中越の方の紅葉はどんな具合ですか?ここの所光が原にも行っていないのですが、少しは色づいているのかなァ。

  3. Pic-7 より:

    135判の小型フィルム機って、良いですね?。
    デジタルみたいにずんぐりむっくにならずに、サブカメラにもなるんで良いなあ?!
    135判で撮影されてても6×6の構図が気になるくらい、中判にはまってるんですね?(^o^)/
    僕も最初は3:2のK-5と、6×7を同時に持ち出していたのですが、
    違うFMTで同じ時間・被写体を撮っていると、
    どうしても構図が上手く決まらななってしまって、最近は一日一FMTの撮影です。

  4. 皐月の樹 より:

    ricky007さん
    こんばんは~!
    1枚目の木の根元、迫力ありますよね~^o^
    私も、この迫力にすっかり撮らされてしまいました~^^;
    これも、結構ジブリの世界ですよね~。
    ネガフィルムのハイライト、仰るとおり嫌味がないですよね~。
    そこがやっぱりデジタルとは違うんですよね~。
    この木漏れ日、もう少し、陰影を付けたかったな~と思い、もう少し露出下げればよかったかな~と^^;
    でも、よく考えたら、LR4でもっと調整できるかもですね^^;
    やってみま~すv^o^

  5. 皐月の樹 より:

    風つかいさん
    こんばんは~!
    MX、今度愛知に持ってまいりますので、覗いてみてください!
    バケペンも持ってまいりますv^o^
    見比べると、面白いかもです^o^
    杉の森に合って、トチの木の木肌は白樺やブナ並みに目立ちますね^^;
    葉っぱはもっと目立ちますが・・・^^;
    中越は、平地はまだかな~といったところです。街路樹の西洋楓は黄色くなりつつあります。山は、先日駒ケ岳と八海山を見に行きましたが、山頂から中腹までは少し色付き始めております。山頂の北斜面には冠雪が見られましたので、そろそろ一気に色付くころかな~と思っております。今週末は・・・と思っておるのですが、台風が来るとのことで、晴天は望めないかもですね~^^;
    先日、夕方のNHKのローカルで、空からの妙高の映像が紹介されておりました。すっかり冠雪しているんですね~!山頂付近はずいぶん赤みを帯びておりました~!^o^/

  6. 皐月の樹 より:

    Pic-7さん
    こんばんは~!
    仰るとおり、135判のフィルム機は、あのスリムさとコンパクトさがとても魅力ですよね~!
    先日発表されたSONYのα7、あれも凄くコンパクトなようです!
    ffanさんが早速おさわりしてこられたとの事!MXの様なコンパクトさだそうです!デジタル135判で、かつてのコンパクトさがいよいよ現実となりますね~^o^/ これからが楽しみです!
    中判、嵌っております~^^;
    眺めてよし、持ってよし、撮ってよし!三拍子!いえ、四拍子も5拍子も揃っているかもですv^o^ 
    私の場合、写真を撮りに出るときは、写真がメインとなるので、携帯性は苦にならないんですよね~^^;
    構図は、あまり深く考えてないんです^^;
    なので、同じ場所を、違うカメラで何度も回ることが多々あります^^;
    その都度、ファインダーで覗きながら、あ~でもない、こ~でもない、といいながら、撮っております。最近は、比較のために意識して同じ被写体を別のカメラで撮ることはないんです。でも、無意識の内に同じような構図で撮っている事は多々ありますが・・・^^;;;

  7. film-gasoline より:

    皐月の樹さんのMXと私のG2はちょうど同じような感覚で使っているようですね?。
    135判でこれだけの描写が出て来ると嬉しくなりますよね?♪
    このレンズの優しい光の捉え方も気持ちいいですね?。
    「小さな森」3:2だとイメージが変わりますね、でも好きだな?。(笑)

  8. 皐月の樹 より:

    film-gasolineさん
    こんばんは~!
    そうですね~、135判、あの軽量コンパクトさでお手軽で、この描写となれば、やはり使い勝手は大いにありますよね~!^o^/
    中判がメインになっても、やっぱりサブとしていつまでも持っていたいカメラです!
    このM50mm F1.4も、黒顔羊さんから譲り受けたのですが、やわらかなオールドレンズの描写とは裏腹に、結構コッテリとした色乗りなんです。おまけに立体的な描写も得意でして、なかなか臨場感のある描写を見せてくれます。場合によっては、主役を食うかも・・・^^;
    小さな森・・・やっぱり1:1と3:2ではイメージ変わりますよね~。
    私の中では1:1の方が安定してしっくり来るのですが、3:2はなんと言いますか緊張感が出るように思います。なので緊張感を出したい切取りには、3:2のアスペクト比は使えるよな~と思います^o^/

  9. 黒顔羊 より:

    米国出張から戻ってくると、日本の秋がことさら優しく見えるでしょうね。
    いや、米国の秋も美しいと思うんですが、やはりDNAは争えないと思うのですよ。
    ススキを美しいと思って愛でるのは日本人だけらしいですね。
    他の国では雑草扱いなんだとか。^^;
    しかしPentax MXとM 50mm/f1.4、良い仕事をしておりますねえ。
    このレンズを使える135判デジタルのボディ、出ないんでしょうかねえ。^^;

  10. 皐月の樹 より:

    黒顔羊さん
    こんばんは~!
    はい~!おっしゃるとおりです!
    私、海外に行って、戻ってくるといつも、「あ~、俺ってやっぱり日本人だな~」とつくづく思います^^;
    小さい頃から刻まれた、記憶・・・というよりももっと深層に刻まれたような・・・そう、まさにDNAレベルで共鳴するような感覚ですね^^;
    日本の秋・・・特別ですよね。
    ススキ、私は狂ったように撮ってしまうんです~^^;
    MXにM50F1.4、黒顔羊さんが譲ってくださったこのコンビ、愛知を離れて、二人越後で気を吐いておりますよ~!あんなにコンパクトで、この描写!
    カメラにパワーウェイトレシオという概念があれば、まさにNo.1です!v^o^

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。