PENTAX 67_4111-2_R

2013年11月4日

影伸びる大連の午後

2013年11月4日FA31mmF1.8 AL Limited,K-5,写真

こちらのブログでもアナウンスしておりましたが、中国は大連に出張に行っておりました。

前回の米国出張に比べますと、少し時間に余裕がありまして、写真を撮る機会がございました(決して仕事をサボっていたわけではございません~・・・汗)。

大連入りして、ホテルに到着したのは午後3時前くらいでした。

部屋で荷物を解いて、少しゆっくりした後に周辺散策を兼ねて、少し撮りに出ました。

丁度午後の光がまぶしく、気持ちが良かったです。でも、風は結構冷たかったです。

大連は、緯度でいうと仙台とほぼ同じだそうです。なるほど、結構北ですね。

そんな大連の暖かな秋の日差しと、ちょっと肌寒い空気の中で撮ったお写真をご紹介したいと思います。

K5_53878

「大連の秋色」

街路樹は、黄色く色付き始めておりました。

午後の日差しを浴びて、明るい黄色が印象的でした。

K5_53875_2

「買い物帰り」

しばらくこの街路樹で遊んでおりました。西日が差し込んで、いい木漏れ日と木陰ががあったんですね~。

そんな木陰を縫って、買い物帰りと思しき女性が通りがかりました。この方、お美しい方でした~。でも、正面から撮る勇気は・・・私にはないんでございます~(汗)。

K5_53891

「影絵」

秋の西日で作られる、長い影はフォトジェニックですね~。

特に木陰は、必ず目に飛び込んでくる被写体ですね~。

K5_53897

「黄色いトンネルを抜けて」

こちらはご夫婦のようでした。

仲良く手をつないでらっしゃいました。心温まるシーンでございます。

K5_53910

「どこまでも伸びる影」

銀杏の木も黄色く色付いておりました。早いですね~。

日没が近づくに連れて、だんだんと影が伸びてまいります。どこまで伸びていくのでしょう?

K5_53907

「投影」

銀杏の木陰が建物に投影されておりました。東の空はまだまだ青いのですが、西日はもうすっかりと傾いておりました。

K5_53932

「目を持つ木」

この木は何の木でしょうね~?

枝を落とした痕がなんだか目のように見えて面白かったんです。ただ、それだけで撮ってみたのですが・・・(汗)。

K5_53915

「日のあたる場所」
銀杏の黄色は、西日を浴びるとより鮮やかに見えますね。

それにしても、よく見ると大連らしさが全くないですね~(滝汗)。

さて、私が今回滞在していたのは、大連の中の開発区という地域です。日系企業が多く入っているところで、レストランなども日本食がほとんどです(汗)。

明日は、そんな開発区の中にある繁華街をご紹介しようと思います。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。