PENTAX 67_4111-2_R

2013年11月15日

潮風薫る九号地

愛知合宿 二日目の朝は、名古屋港の九号地へ向かいました。

錆好きの銀塩中判愛好おやぢが集まって、お花畑では様になりませんね~(笑)。

やはり、秋風吹き荒ぶ臨海工業地帯に向かうべきなんでございます!

黒顔羊さんのアレンジは、やはり適材適所!素晴らしい選択なのでございます。

先日も、黒顔羊さんricky007さんがブログでご紹介してらっしゃいましたが、ハードな描写の写真を撮りたくなってしまいます。

K5_54685

K5_54687

K5_54686

K5_54697

「貿易立国」

4枚組の連作にしてみました。

このモノクロの色は、LR4のスプリットトーニングで作ってみました。ハイライトに青緑を控えめに入れて、シャドーに赤を少し強めに入れております。やはり、こういうハードボイルドなシーンは、ハードな表現をしてみたくなるんでございます~(笑)。

名古屋港といえば、トヨタのお膝元。まさに貿易立国日本を象徴する場所なのでございます。

周囲を見渡すと、出荷前の車がずらっと並べられており、タンカーに積まれようとしておりました。

そんな名古屋港の姿を通して、日本を見つめてみた・・・つもりです(滝汗)。

ただ、それをアイロニーを交えて表現してしまうのは、サラリーマン・エンジニアの性でしょうか・・・ナハハハ(汗)。

ちなみに最後のカットは、黒顔羊さんと同じようなカットになりましたね~(汗)。

ricky007さんも昨日のブログで述べられておりましたが、今回の愛知合宿では黒顔羊さんの所属されている写真塾に参加させて頂き、その講評会にも参加させて頂きました。私も、同じく、写真を見て頂きました。本当に、勉強になりました。家元(塾長)にも、黒顔羊さんにも、本当に感謝の言葉しかないのでございます。

その中で、学んだこと・・・。

「あなたにしか撮れない写真は何?」

です。

私なりの理解ですが、その写真を通して伝えたいことを明確にし、それを的確に表現する・・・、ということなのだと思います。

そのための、被写体、機材、季節、時間、天気、構図、被写界深度、焦点位置、露光時間、露出、色、彩度、コントラスト、解像度、明瞭度・・・etc、を的確に選び抜く。

ん~・・・先は長いですね~(滝汗)。

でも、今、楽しくって仕方がありません!

いずれ、上のパラメータを瞬時に決定して、作品に収める・・・そんな錆銀おやぢになりたいな~。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。