PENTAX 67_4111-2_R

2013年11月20日

晩秋の里山

昨日に引き続きまして、越後の晩秋の里山をお送りいたします。

既に山の方では雪が降りました。数週間前に、1500m以上では冠雪が見られておりましたが、先週は500mくらいでも積雪があったようです。山は既に、真っ白です。

そんな里山に分け入って、秋の風景を拾い上げてみました。

これ、急がないと、越後では、あっという間に冬の銀世界へと突入してしまいます~(汗)!

K5_55601

K5_55600

K5_55593_2

K5_55596

「晩秋の里山」

木々は黄色から、赤、そして茶色へと変わって行っておりました。

中には、既に枯木立となっている物もありました。

先週降った雪が、所々に残っていて、冬の訪れを予感させます。

今年は、紅葉という紅葉を撮っていないな~・・・と思いながら、慌てて紅葉を拾い集めております~(汗)。

ま、雪と紅葉が同時に楽しめるのも、越後の一つの特徴かもしれません~。

3枚目・・・雪を撮るなと怒られるだろうな~・・・家元様に(滝汗)。

でも、がんばって雪山はここには入れてないんでございます~(笑)。

ところで、こういうシーンは、やっぱり中判に限りますね~。

APS-CのK-5だと、なんだか窮屈と言いますか、ごちゃごちゃしていると言いますか、余裕が感じられない写りなんですよね~。ま、私のレンズの選択が甘いというところは多分にございますが~(滝汗)。

でも、大丈夫です!

ちゃ~んと、バケペンで押さえてございます(笑)。現像から上がってまいりましたら、またご紹介しようと思います。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。