PENTAX 67_4111-2_R

2013年11月24日

正統派 名古屋港!

名古屋港をご紹介する・・・と言っても、錆銀おやぢな私がご紹介してまいりましたのは、普通あまり行かない、と言いますか・・・観光コースには入らない、裏名古屋港をご紹介してまいりました。

でも、もちろん、普通のフォトジェニックなシーンもございます。

今日は、パンフレット的な、記録写真をお届けいたします~。

K5_54715

「日本丸来航!」

錆銀おやぢ集団、今回の愛知合宿では色々な予期せぬ出会いがございました。初日は普段はお目に掛かれない虎との出会いがあり、二日目はこの日本丸でした。ちょうど名古屋港に停泊していたようで、たまたま訪れた我々を出迎えてくれたのでした。

空は曇天ではございましたが、その勇士を拝ませて頂きました!

K5_54755

「青ざめるタロとジロ」

はい、こちらもお決まりのポーズでございます~。南極観測船ふじをバックにタロとジロ。

この時、曇天で青空は見えていなかったのですが、LR4の段階フィルターを掛けてしまいました・・・。そしたらなんと!タロとジロの顔も、なんだか青ざめちゃいました~(爆)!

ん~、まさに今の私の体調を物語っているかのような失敗!

久方ぶりに熱を出してしまい、ようやく熱が下がったかと思って少し調子に乗ると、また微熱がぶり返す・・・。昔は、一晩、カーッと汗かいて翌日にはピンピンしておりましたが、今回はなんだかぐずぐずしております。インフルエンザの季節が来ようとしているので、早めに直さなければ!

K5_54750

「南極探査船 ふじ」

はい、ふじです・・・。おしまい・・・。

ん~、こういう写真だと、ホント後で自分で見てもつまんないですね~(反省)。

K5_54752

「今は・・・鳩の止まり木?」

こちらはふじのプロペラだそうです。

よ~く見ると、不思議なことに気付きません?

これ、生の金属の肌が露出しているのに、真っ赤かに錆びていないんです!

それもそのはず、プロペラはステンレスの鋳物だそうです~!うっひゃ~!もう、それだけでも凄い!

ん?・・・マニアックでした・・・(滝汗)。

ステンレスと言えば、錆銀集団にとっては天敵と言ってもよい材料でございます。でも、このプロペラは、その経歴を見れば十分敬意に値するんでございます。

更によ~く見てみますと、上の方に鳩が止まっておりました。極寒の南極での使命を終えて、第二の人生は温暖な名古屋港で鳩の止まり木!ドラマティックでございます~!

K5_54756

「ベンチの語らい」

そんな極地で過ごしてきた猛者たちとともに、あなたもこちらでゆっくりと語らいませんか~?

名古屋港は、いつでもあなたをお迎えいたします!

・・・brought you by 錆銀

あれ?あれれれれ?

何だこの落ちはー?!

熱で、遂に脳の末端までやられてしまった越後のJでした~。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。