PENTAX 67_4111-2_R

2013年11月27日

境界線

昨日は、思い切って問題提起してみましたが・・・

今日も、またまたチャレンジ!

作品創りとして向き合ってみました。

先日ご紹介した、名古屋港九号地でのお写真ですが、フィルムの方も上がってまいりました。

135判のPENTAX MXにProvia100Fを詰めて、レンズはFA31の1本勝負です!

この時は、まだ家元様の講評会に参加する前でしたので、それほど作品作りを意識しておりませんでした。ただ、結構な枚数を撮っておりまして、その中のいくつかはテーマを統一できそうな気がして、チャレンジしてみます。

錆銀であれば誰でも(?)惚れてしまうであろう、名古屋港九号地。そこで目に止まったのは・・・金網でした。そんな金網(鉄格子)に注目したお写真を組み合わせてみます。

Pentax_mx_11433

Pentax_mx_11452 

Pentax_mx_11442

Pentax_mx_11473

「境界線」

ハードボイルドなこの場所は、やっぱりモノクロが一番似合いそうなのですが、折角ポジで撮ったという事もあり、そのドギツイハイコンカラーを際立たせてみました。

このたかが金網一枚で区切られたような薄っぺらい境界線が、大きな差である場合が多いな~と思って、それをこの九号地の金網に乗っけてみた・・・つもりです(汗)。

もう少し構図に工夫が欲しいな~!

・・・ハイ(汗)!

ニャハハハ・・・一人ツッコミでございます~(滝汗)。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。