PENTAX 67_4111-2_R

晴れ行く雲海を見つめて

晩秋の越後では、早朝深い霧に覆われることが多くなります。

日中、雨が降って湿度が上がった翌日の朝などは、特に霧が濃くなります。

11月の終わりごろ訪れた魚沼地域も、早朝深い霧に包まれておりました。予報では、晴れだったので、早朝、雲海を期待して訪れました。そして、越後三山の対面にある小高い山へと向かいました。手には、バケペン+105mmF2.4。フィルムは、既にRDPⅢが詰まっておりました。ただ、数枚しか残っておりませんでしたので、続け様でRVP-Fを詰めました。

Pentax_67_1127

Provia 100F

Pentax_67_11282

Provia 100F

Pentax_67_1132

Velvia 100F

Pentax_67_1133

Velvia 100F

「晩秋の早朝」

山頂への道中、とにかく深い霧を縫いながら、紅葉を探しておりました。ハゼやカエデが淡い色に色付いておるのを見つけましたので、車を停めながら何枚か撮りながら山頂へ上がっていきました。山頂に到着してもまだ深い霧の中でした。ただ、空を仰ぎ見ますと、薄っすらと青くなってきておりました。霧・・・というべきか、雲・・・というべきか、が晴れていっている証拠ですね。そう感じましたので、そのまま待機することに致しました。

待つこと1時間、す~っと辺りが明るくなり始め、目の前に雲海が現れました。こうなるとあっという間です。あれよあれよという間に、雲は晴れて、眼下に魚沼の町並みが広がっていきました。雲海の向こう側には、薄っすらと越後三山が聳え立っておりました。

う~ん、あまりにあっという間の出来事・・・ほんの15分くらい?・・・で、じっくり撮影できたのはほんの数枚でした。こういう時に、MXやK-5は機動性抜群で、枚数は稼げました。でもバケペンは、三脚に据えていた事も有り、数枚でした。しかも、その中で使えるかな?というのは今日の後半2枚でした・・・(汗)。

今回、RDPⅢとRVP-Fを使い分けてみました。霧の中では、RDPⅢのやわらかな発色が合うかな~?と。そして、逆光の豊かな光に包まれる、紅葉した越後の山はRVP-Fで。でも、結果的にRVP-Fの方は、強烈な赤みとスーパーハイコントラストが強すぎたな~・・・という印象でした。ま、実際のシーンもかなりのハイコントラストで、デジタルでも露出の設定に苦労しました(汗)。

RVP-Fはまだ残り3本あるのですが・・・。紅葉は終わってしまったので、どうやって使おうかな~?と悩み中です。今年は、紅葉はあまり撮らなかったな~・・・。


10件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    雲海ですか~、フォトジェニックですね~♪
    これを撮るために、早起きして山に出かける・・・ストイックなんであります。^^
    RDP系とRVP系、かなり発色が違いますね。
    紅葉の季節になると、昔はカメラ屋さんの店頭にいっぱいRVPが並べてあったものです。
    でも、私はRDPの方が好きだなあ、発色が自然ですよ。
    RVP、はまれば強烈な印象を残しますが、はまらないと、凄く品がなくなります・・・
    RDPはそういう危険性はなく、いつも安定した発色をしてくれますからね。
    私もRVPFの5本パックを買ってみましたが、もう買わないだろうなあ。^^;

  2. 皐月の樹 より:

    黒顔羊さん
    こんにちは~!
    いや~、風つかいさんに勧められて、雲海何度かチャレンジしているんですよ~^^;
    でも、なかなか好条件には恵まれませんね~^^; 雲海はかなりの確立で発生するのですが、雲が厚すぎると、午前10時ごろまで晴れません~^^;
    で、晴れだしますと一気に動くので、ゆっくり狙っているとあっという間に過ぎ去ってしまいます~^^;;;
    RVP、仰るとおり、嵌ると素晴らしい発色を見せてくれるのですが、シャドーが強く出過ぎるとまっかっかになりますね・・・^^; かなりピーキーで難しいです~^^; やっぱり朝焼け、夕焼け専用フィルムかもですね・・・。
    RDPⅢの方が、よっぽど確率がいいですね~^^;

  3. ricky007 より:

    やはりRDPIIIのほうが、単純に好きな色合いを出してくれますね。
    朝霧…雲海…うらやましい限りです。
    ここいらは、ほ~んとだだっ広い平野なのでねぇ~アハハ
    もっとも、早起きして、秩父あたりにでも行けって話なのですが、どうも夜更かしな私にはハードルが高い(笑)
    越後の豊かな自然…ブログで楽しませていただきます!

  4. 皐月の樹 より:

    Ricky007さん
    こんにちは~!
    そうですよね~、RDPⅢのほうが、爽やかな発色を見せてくれますよね~!
    RVP-Fは、はまらないと、なかなかドギツイ赤みが出ますので、使い方が難しいですね~f(^^;
    関越沿いの霧の名所と言えば、赤城のほうもありますよね~(^^)v
    正月の初日の出を求めて山に登るというのも…良いかもですよ♪(^^)v
    雲海にも巡り会えるかも…です~!(^o^)

  5. film-gasoline より:

    おおっ!
    ネイチャーフォトグラファー皐月の樹氏、雲海にチャレンジですか!
    相変わらず素晴らしいバイタリティーであります。^^
    自然が相手ですから、大変でしょうね。
    近所で撮るだけでも、光が雲に遮られて中断するくらいですから・・・^^;
    やはりRDPとRVPはかなり色合いが違いますね。
    RDPはオールマイティで確実な一本です。
    「これさえあればいいや」って思えるフィルムですねv(^_^)

  6. leica36 より:

    雲海と紅葉、綺麗ですね!私も行ける距離なのに全く思いつきもしませんでした。。。笑
    15分くらいで消えちゃうんですね。。。自分が撮ったら、焦って何でもない風景になってしまいそうです。
    早朝、魚沼のほうまで出かける。。。 真似してみようかなと思う私でした 笑

  7. 皐月の樹 より:

    film-gasolineさん
    こんばんは~!
    いやいや、そんな大それたものでもないのですが・・・^^;
    風つかいさんに背中を押されまして^^;
    今年は、何度か狙っていきました。でも、結局納得いくのは撮れてないんですよ~^^; ま、また粘って行こうかな~と思っております。
    仰るとおり、RDPⅢは使いやすいですよね~!
    私も、発色や色描写はRDPの方が好きですね~^^;
    でも、RVPのハッとする描写が魅力でもありまして・・・^^;
    なんと言いますか、とってもじゃじゃ馬なフィルムのような気がします^^;

  8. 皐月の樹 より:

    leica36さん
    こんばんは~!
    雲海、実はもっと近くでも望めますよ~!
    小千谷の山本山高原です!
    特に、川口側から上がった展望台の方からは、魚野川越しに越後三山が望めて、朝は逆光気味になるので、条件が整えばとてもドラマティックなシーンと出会える・・・かも^^;
    私が魚沼の小出の方まで出かけるのは、越後三山が近くなって、迫力が出るからなんですよ~!
    是非、どんどん出て行ってください!^o^/
    楽しいですよ~v^^

  9. 風つかい より:

    雲海の撮影ですね。道路の雪は大丈夫でしたか?光が原はすでに雪の為交通止めになりました。来年の5月末までお預けです、トホホ 今年は雲海を撮れなかったなぁ。皐月の樹さんに期待です(笑)

  10. 皐月の樹 より:

    風つかいさん
    こんばんは~!
    ハイ、この時(11月半ば)はまだ、道路には雪は残っておりませんでした。今は、もう少しあるかもしれませんね・・・^^;
    お~、もう光が原は通行止めですか~!早いですね~!
    来年の5月までのおあずけ・・・ん~気を揉みますね~^^;;;
    でも、それだけに、5月での再開はより感動的になりますよね~!
    楽しみにいたしましょう!
    ・・・その時には、機会があればご一緒に?^^;
    私も、雲海、あとどれくらい撮りに行けるか分かりませんが、機会があれば出来るだけ行きたいと思います!^o^/

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。