PENTAX 67_4111-2_R

週末の直江津港

昨日に引き続きまして、上越市は直江津港のお写真からお届けいたします~。

直江津港は、昨日ご紹介したようなタンク、火力発電所、釣り人が竿を連ねる防波堤、漁港・・・フェンスで囲まれた空き地・・・などなど被写体てんこ盛りなんでございます。ここで丸1日、いや、1週間居ろ!と言われても、喜んで撮り続けられる場所なんでございます。我々がここに滞在したのは、2時間弱程度だったと思いますが、まったく時間が足りませ~ん!・・・という感じでした。

そんな思いで、慌しくシャッターを切っておりました(笑)。

K5_59161

K5_59158_3

K5_59184

K5_59190

K5_59159

K5_59156

「週末の港」

我々が、越後ミニオフ会でここを訪れたのは、日曜日でした。

その為、直江津港には多くの釣りをする人を見かけました。冬の寒い中、こんなに釣り人がいるんだ~、と少し驚きました~(汗)。

雪の積もった港で釣りをする・・・というのがなんとなく非現実的な雰囲気を感じましたので、LR4のカラープリセット、クロスプロセス2を当ててみました~。少し郷愁の漂う冬の港・・・というイメージになったかな~と思います。雪の上に付いたタイヤの跡が、冬の港の休日・・・という雰囲気を出していたんですよね~(笑)。その最後の1枚に繋げるような感覚で、並べてみました~。

直江津港、定点観測的に訪れたいな~と思う場所なんでございます!

いや~、風つかいさんが羨ましい~(笑)!


10件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    直江津港、被写体がいっぱいあって楽しそうですね~♪
    私もこういうハードボイルドな港の風景は大好きなんであります。^^
    クロスプロセスの不思議な感じ、よく似合ってます。^^v
    新潟県、広い県ですから、中越から上越まで移動するのも結構距離があって大変なんですね。
    愛知県に当てはめてみると、静岡県や三重県まで入るんだもんなあ、遠いわ~。^^;

  2. ricky007 より:

    直江津港もなかなかの錆銀スポットですね(笑)
    最後のタイヤの後に?げる流れいいと思います。
    厳冬の中の釣り人に驚かれたようですが、逆に、カメラをもった集団が訪れていることに、釣り人から驚かれたのではないかと…アハハ!
    錆銀侍渋い!!

  3. 皐月の樹 より:

    黒顔羊さん
    こんばんは~!
    直江津港、楽しいですよ~!
    仰るとおり、被写体の宝庫です!
    名古屋港ほどの規模はないのですが、錆銀好みのハードボイルドな被写体が転がっておりまして、それを見つけて拾い上げるのが楽しいです~!
    クロスプロセス・・・やはり非日常的なイメージが出てまいりますね~。
    写真に一味加わるのが、楽しいですね~!^o^/
    仰るとおり、新潟県・・・長いんですよね~^^;
    そういう意味では、風景は多岐に渡っている・・・かも?^^;
    移動はその分、大変ですが~^^;;;

  4. 皐月の樹 より:

    ricky007さん
    こんばんは~!
    直江津港、楽しいですよ~!^o^/
    名古屋港とはまた違った楽しさがあるように思います!
    このタイヤの跡が、妙に気に入ってしまいまして・・・^^;;;
    どうにかして画にできないかな~・・・と^^;
    ナハハハ、そうですよね~!
    確かに、あの寒い中、カメラ持って何を撮っとるんじゃ~?!と言う感じだったかもですね~^^;;;
    そう言われると・・・確かに、釣り人の方々から、奇異の目で見られていたような・・・気がしてきました~^^;;;

  5. leica36 より:

    本当に撮影時間が足りませんでしたね?。ここは何度も訪れて、じっくり撮影ポイントを探したい場所です!
    1枚目のまとめ方、綺麗ですね?。こういうまとめ方は気づかなかったな?。。。
    Rickyさんの仰る通り、私達3人の集団は釣り人から見るとおかしな人達に見えたかもしれませんね? 笑
    お互い変な人がいるとか思っていて、それはそれで面白いことですね?!

  6. film-gasoline より:

    直江津港もハードボイルドな雰囲気がいっぱいなんですね!
    一枚目の縞々ドラム缶といい、錆銀好みのアイテムがたくさんありそうで楽しいですね(^^)v
    そこに釣り人を入れるあたりが皐月の樹さんらしいです(^^)
    この撮影は寒かったでしょうね^_^;

  7. 皐月の樹 より:

    leica36さん
    ホントですよね~!^^;
    名残惜しいこと、この上なかったです~^^;;;
    今回は、ペア写真を3パターン並べてみました~^o^/
    私の中の、週末の直江津港・・・って言う感じなのですが・・・^^;
    ricky007さん、ズバリ言い当てられてますよね~^^;
    確かに!釣りをしている方々からすれば、我々はかなり怪しい団体だったと思います・・・^^;;;
    わざわざ風の強い港に?なぜ冬に?・・・カメラを首から何台も提げて・・・
    ん~、やっぱり怪しかったな~。特にワタシ・・・^^;;;

  8. 皐月の樹 より:

    film-gasolineさん
    こんばんは~!
    はい~!直江津港も、かなりハードボイルドです!v^o^
    しびれる錆物件のオンパレードでした~^o^/
    多分、フィルガソさんにもお気に召して頂けるのでは?!・・・とv^o^
    釣り人さんはですね~・・・かなりいらっしゃったんですよ~^^;
    もう、撮らないではいられませんでしたね~^^;;;
    埠頭での釣り人・・・ありきたりなんですがね~。やっちゃうんですよ~^^;;;
    お?!鋭い!
    分かります~?^^;
    仰るとおり、かなり寒かったです!
    鼻水が止まりませんでした~^^;;;

  9. gucci より:

    このススキを撮っている皐月の樹さん、風つかいさんのブログに載ってましたねw
    このススキの中にあるのは何なんでしょう?
    面白い場所ですね?
    3枚目の幻想的な雰囲気、イイな?

  10. 皐月の樹 より:

    gucciさん
    こんばんは~!
    コメント遅くなりまして、すみません~^^;
    ハハハ、風つかいさんのブログ・・・見られました~?^^;
    そうなんです、私、ススキに目が無くて・・・^^; ススキの樹と名乗ろうかな~と思っているくらいですv^o^
    このススキの茂みに隠れていたのは、H鋼の様でした。いい感じで錆びていて、どうしても撮りたくなってしまいまして・・・^^; でも、どうやって撮ろうかな~?と、ファインダーを覗きながら思案している最中に、風つかいさんにパパラれました~^^;;;
    3枚目、海面に太陽の光が落ちていて、煌めいておりましたので、ボケにして、強調してみました~^^;
    お気に召して頂けたようで、ありがとうございます~!^o^

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。