PENTAX 67_4111-2_R

2014年3月

春光眩しく

”Shiny Spring Sun Light"

On the last Saturday, we could see beautiful blue sky from the morning.  I was expecting that from the night before, refering to the weatherforecast.  So I woke up early in the morning and headed to Uonuma-region in Echigo, where there are many of my favorite objects to take photos of. 

Well, as a result, I visited only two places because of the scenary, started getting blurr due to the increase of the humidity of atmosphere. 

Here let me introduce one of these places. 

This place is called Ikazuchi-Shinden in Minami-Uonuma region.  There is a small shinto-shrine with a big Keyaki tree.  I love this place so I quite often visit here.  Last time when I visited here, it was in January, snowing much

This time, there were still 1m-depth snow around the shrine, but it was solid enough to walk on.  So I took a walk on the snow with cameras and a tripod, going behind the tree. 

When I find this type of symbolic tree, I normaly place it at the center of the image, and put the sun behind the tree without any cosideration. 

Because I feel that this way can give the tree more stable expression.  And I do not know other ways to…ToT.

先日の土曜日は、いいお天気でした!

気温もかなり上昇しまして、20℃近くになっておりました。

朝から快晴の予報でしたので、早朝起き出して、魚沼の定点撮影ポイントへ向かいました。早春の青空の下で、ずっと見続けているお気に入りの被写体を、ゆったりと撮る。これほど贅沢な時間はございませんから~(笑)!

昼前から空が霞み始めましたので、結局2箇所しか周りませんでしたが、その内の1箇所をご紹介です。

Pentax67_1662

「春光」 NEPAN100ACROS 自家現像 Ilford Perceptol 16 1/4min@20℃

ご存知?!、南魚沼市雷土新田のあの小さな祠です。

前回ご紹介したのは、1月の雪降る中の光景でした。

一昨日の土曜日には、周囲の田んぼにはまだ1mくらいの残雪がございましたが、既に十分締まっており、朝の冷え込みも手伝って、凍み渡りができました。

マンフロットにバケペン乗っけて、いつものごとく、雪の上をえっちらおっちら歩いて行きまして、雪面に落ちた欅の木の影に辿り着きました。

見上げてみて・・・

うん!やっぱりこれが一番!

・・・ということで、お約束の逆光+太陽を枝に少し隠し~でございます。

そして、何の工夫もない日の丸構図(笑)!

でも、中判銀塩で撮りますと、なんだかありがたみが沸いてくるんですよね~、不思議です。

ん~、それにしても最近こういう画ばっかりですね~。馬鹿の一つ覚え・・・ってヤツですね~(滝汗)!

ところで今回の写真も、最近流行り(?)のアクロス with パーセプトール現像なのですが、私のパーセプトールもこれで5回目の現像を迎えました。でも、パーセプトールの取説(p.8/9)によりますと、4回目までの条件は記載されておりますが、5回目以降はnr (Not Recomended、推奨されません)となっております。実際、5回目の現像を終えた現像液は、結構銀が浮いてきておりました。

参照⇒(「ilford_developer.pdf」をダウンロード )

でも、現像された写真を見ますと、う~ん、別に大丈夫だな~と思うのです。アクロスを使っている為もあるのですが、十分繊細で諧調感のある画だと思うんです~。

あと、もう1回・・・使えるかな~???


今年初めてのローライ♪

"The First Snaps by Rolleiflex35C in my 2014"

Last summer I got a Rolleiflex 35C extremely cheap in price, just 13,000JPY!  But, it has a certain problem.  At the shutter speed (SS) of 1/15 or less, the shutter closes even slower due to grease stuck on shutter vanes.  And it goes even worse at sub-zero

temperature.  Therefore, I had not  brought it with me during this winter. 

But since it is getting warmer, I brought it with me about two weeks ago for the first time this year. 

Rolleiflex gives me a special feeling when I use it.  I am very relaxed, holding the small box of camera.  When I press the shutter button, it shots with a very small sound. 

I really enjoyed playing with my Rolleiflex after several months. 

The photos are taken at rice fields near to my home.  The snow on the filelds had already started melting away.  This year we have much less amount od snow than the average.  It is a quite rare case in Echigo that we can see ground under the snow in the middle of march. 

So I used my special camera, Rolleiflex, for this special occasion…:-)

既に今年に入って、3ヶ月が過ぎようとしておりますが・・・ようやく今年初めてのローライでのお写真をお届けいたします~(汗)!

私のローライ35Cですが、格安の1.3万円だったこともあり、シャッターにグリスが回っているようです。1/15以下の低速では粘りが出てしまい、速度が出ません。特に、気温が低いとその傾向が強く、氷点下では1/30でも使えなくなる時もございます。なので、寒い冬は持ち出さないようにしておりました。

でも暖かくなって参りましたので、先々週末に、ようやく持ち出しました~!

Rolleiflex35c_1646

Rolleiflex35c_1647

「雪融け」 T-MAX100 現像:T-MAX Developer 9 1/2min @20℃

雪融けの田んぼを撮ってみました。

先日も、デジタルのお写真をご紹介した場所です。今年は、例年に比べて雪が少なく、3月の中旬過ぎで既に田んぼの地面が見え始めておりました。溶けた雪が、朝の冷え込みで薄氷を張っておりました。

普段であれば、まだ1mくらいの雪に覆われておりますので、氷が張っていても見えないんでございます~(汗)。

そんなレアな、越後の雪融けの光景でございました~(笑)。

久々のローライ、やっぱりいいですね~。

静かに、大事に、やさしくチャッと切るシャッターは、癒されますね~(笑)。

何気ない風景を、何気なく撮る・・・そんな用途にぴったりだな~と思うんでございます~!

まさに最高のスナッパー!


春待ち信濃川 ~後編~

"Spring Coming!"

On the day before yesterday, I showed the pics of foggy Shinano-River.  These photos shown below are taken at the same location, and taken just a week after then.  But I could wee totaly different scene. 

On that day, it was a beautiful day.  I could see clear blue sky from the early morning with bright sunshine.  On the way here, I walked through 1.5m-deep snow field for about 10 minutes, sweatting a lot.  Even in snow, I felt very hot!

Our area is still covered deep snow, but I surely feel the sun light is the one in Spring. 

Spring is coming very soon! 

一昨日に引き続きまして、春が近い越後の信濃川でございます。

今日は、春の信濃川の異なる側面を見つめてみたいと思います~!

Pentax_67_1554

Kiev88c_1567

Kiev88c_1569

Pentax_67_1553

「春の日差し」

 

1、4枚目: PENTAX67+45mmF4 on NEOPAN100ACROS 現像Perceptol

 

2、3枚目: Kiev88C+Arsat C80mm/2.8 on T-MAX100 現像T-MAX developer

先日ご紹介したのと同じロケーションで、時期も1週間しか違わないのですが・・・印象はガラリと変わりますね~!

この光景は、実はあの道はできるっ!の時にご紹介したお写真の”道”の先にある崖から眺めた景色でございます。あ、3枚目はちょっと違うロケーションですが・・・(汗)。

これを見たくて、あの雪道を歩いていきました。

気持ちが良かったんですよね~。

この日は、朝から快晴で、日差しが眩しいほどでした。雪面を歩きながら、汗ばんでいたくらいです~(笑)!

一面雪ですが、日差しはすっかり春でございます!

春は、もう、目の前でございます~!


越後の錆銀侍的 星の王子様

"Rusty Scene Found in the Town of Le Petit Prince"

I am a field service engineer, living in Echigo.  Thus, I go business trips quite often, away from Echigo almost two third of a year.  And I usually go on the highway of Kanetsu-Do, which starts from Nagaoka, where I live in, to Nerima inTokyo. 

On the way of the highway, there are several rest areas.  One of them is called Yorii-PA.  What’s special about this place is the area, totally arranged as a small town come out of the story of Le Petit Prince like a theme park.  Everything, such as a restaurant, shops, rest rooms, and even vending machines, is professionaly decorated like things from the story. 

As I visited the place, there are many families and other tourists taking photos of themselves with the scenery of that pretty town. 

BUT…

A Samurai like me, as a non-professional photographer who is crazy about rusty scenes, looks at different things. 

Here I show what I picked up at the small town of Le Petit Prince…hahaha. 

越後在住の出張侍(笑)の私は、関越道を多様致します。

この関越道沿いに寄居PAがございます。ここはフランス人のアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリさんの小説、星の王子様の世界をコンセプトにした建物で統一されております。

ずいぶん前にricky007さんもご紹介されていた場所です。

なかなか統一感に溢れ、細部までこだわってその世界観を表現しており、なかなかフォトジェニックなんでございます。

これまで、出張中ということもあり、なかなか写真を撮る機会がなかったのですが、先日たまたまその機会に恵まれ、少しスナップいたしました。

Pentax_mx_1518

Pentax_mx_1516

Pentax_mx_1517

Pentax_mx_1526

Pentax_mx_1525

Pentax_mx_1519

Pentax_mx_1524

Pentax_mx_1522_2

「越後の錆銀的 星の王子さま」

ここは、そのコンセプト通り、とてもメルヘンチックな場所で、お子さん連れのご家族も多く訪れるのですが、出張中の越後の錆銀侍としては、ストイックに錆モノに注目してしまうんでございます~(笑)。

機材も、PENTAX MXにT-MAX400 という
スペックになっちゃいます~。

スマホで皆さんが記念撮影をされている横で、カチコ~ンとMXのシャッターを斬る!

侍なんでございます~(笑)!


春待ち信濃川 ~前編~

"Waitig for Spring"

Now in Japan, we quite often hear the news of cherry blossom-blooming from the Pacific Ocean side.  Here in Echigo, the Japanese Sea side, though it is too early to see cherry blossom blooming, we can see spring surely coming closer. 

Today I would like to show a scene of spring coming. 

In Echigo, where we have plenty of snow in winter, as the average temperature going up day by day, humidity raise up at the same time.  So we quite often see thick fog in the morning, especially on a day without any clouds. 

On other words, the foggy morning tells us the spring coming!

One fine morning around the middle of March, I drove near to the Shinano-River, which is well known as the longest river in Japan.  Here I show some photos I took  at that time.  I love watching this foggy scene because I feel spring is surely coming soon. 

いよいよ太平洋側の各地では、桜の開花宣言もちらほらと耳にするようになりましたね~。

本格的な春の到来でございます!

・・・越後は?と言いますと、桜!・・・というわけには行かないのですが(汗)、それでも着実に春の足音は近づいてきているので、ございます!

そんな春の訪れを、信濃川を通して見てみることに致しました。

Kiev88c_1560

Kiev88c_1561

Kiev88c_1559

Pentax_67_1549

「春霧漂う信濃川」

 

1~3枚目: Kiev88C+Arsat C 80mm/2.8 T-MAX100 in T-MAX developer  8 1/2min@20℃

4枚目: PENTAX 67+45mm/F4 NEPAN100ACROS in Ilford Perceptol 13 3/4min@20℃

先日、MXの135判写真を少しご紹介いたしました、霧に咽ぶ信濃川でございます。中判の余裕のあるフォーマットで撮りますと、霧の粒状感がより繊細になり、より決めの細かい諧調のトーンが現れます。霧に溶け込む遠景が好きなんですよね~。

春になって、平均気温が上がり寒暖の差が出てまいりますと、この様に深い霧に覆われるシーンが増えてまいります。真冬の越後では、最高、最低の寒暖差が1℃というのも珍しくございません。

そういった意味で、この霧に咽ぶ雪景色を見ますと、春の到来を感じるのでございます~。

ま、見た目は、真冬なのですが~(滝汗)。


春雨幻影

2014年3月26日FA77mmF1.8 Limited,K-5,写真

"Spring Rain Illusion"

In the last weekend, we had 3 days off in Japan.  But unfortunately, here in Niigata (or let me call it Echigo), we had 2 whole day raining.  On the last day, according to the weather forecast, it was going to be better.  In the morning, as I woke up, it was cloudy and partly raining.  But I decided to go out, believing the weather forecast. 

When I arrived at mountains in South-Uonuma region in Echigo, it was still raining.  But the clouds in the sky was flowing fast and sometime I could see the blue sky.

Therefore, I decided to wait in my car for stopping raining. 

While waiting, I took some photos through a wet window without any consideration. 

As I checked the photos on the screen of the DSLA, I thought that they were not bad!

The wet window worked as a soft-focusing filter.  Interesting!

Sometimes, it is good to try something out of general theory. 

春分の日を挟んだ3連休は、雨続きでございました。

それでも、最終日の日曜日は、天気は快方に向かうと、前日の天気予報では言っておりました。全国的にも、高気圧に覆われて快晴の一日になる・・・と。

越後は?・・・と言いますと、朝から小雨のぱらつくお天気・・・(涙)。

それでも、天気は良くなる!と信じて・・・、そして金、土曜日と撮りに出ていないという欲求不満の爆発とともに(笑)、南魚沼へ、向かいました~。

道中は、雨は殆ど降っておらず、雲も切れ間が見え始めておりました。

が!・・・山に着きますと、天気は一変!雨が降ってまいりました(汗)。

直ぐにやむだろう!

と信じて、車で待っている最中に、ちょっと遊んでみました。

K5_59561

K5_59560

K5_59562

K5_59559

「春雨幻影」

場所は?・・・はい、あの駒ケ岳の麓にある小さな祠、十二神社ですね~。

前回ご紹介したのは、まだ雪降るさなかでございました。

今は、雪もどんどん溶けてきておりまして、ずいぶん春めいておりました。

さて、雨がぱらつく中、しばらく車の中で待ちながら・・・ふと何気なく雨粒に濡れる窓越しに撮って見ました。すると・・・

ん~、悪くない!

レンズは、ボケ味の美しいFA77mmを使ってみました。久々の登場です(汗)!

雨に濡れた窓ガラスがソフトフォーカスフィルターになってくれました~。

たまにはこういう遊びも・・・面白いですね~(笑)!


夕闇迫る漁師町

"Fishermen’s Town"

These photos are also from Tsutsuishi-fishing port as the same place shown yesterday. 

After taking some photos at the port, we took a walk around the town.  This town has comparably big temples and Shinto shrines, since this is the town of fishermen.  People here pray for safe fishing.  That could be the reason, my friend told me. 

There are quite a lot of steps and slopes because of a steep cliff just behind the town, being sandwiched between the cliff and the coast.  And I realized that it would be beautiful to watch the sunset at the top of the cliff, but it was too late.  The sun had already gone down.  Maybe, I will try it next time some day. 

またまた越後ミニオフ会からお届けです~!

この日は、1日にも関わらず、たくさん撮りましたね~(笑)。

その日の締めくくりが、この筒石漁港でした。

ひと通り、漁港での撮影を終えたので、少し町の方を歩いてみました。

K5_59264_2

K5_59262_3

K5_59265_2

K5_59277

K5_59270_2

K5_59278

「夕闇迫る猟師町」

風つかいさんの仰るには、やはり漁師町と言うこともあり、筒石には海の神をお祭りする神社が多いようです。しかも、いずれも規模が大きく社も豪勢な造りでございました。

ここ筒石は、海岸から一気に崖に駆け上がってまいりますので、この町も坂や階段で3次元的に構成されておりました。

少し高台に上がって眺める夕日は美しいんだろうな~と思いました。それに気付いた時には、既に日は沈んだ後でした・・・ん~、残念!次回(?)は、是非眺めてみたいな~と思いました。


落日の漁港

"Sunset at a Small Fishing Port"

Last month, I visited Joetsu, the south-western city of NIigata pref., to meet one of the members of a group of photography, which I belong to.  At the end of the day of meeting, he brought us a small fishing port called Tsutsu-Ishi Port. 

It is very old fashioned.  Most of the buildings are made of woods.  Because it was on Sunday and was almost the time for sunset, it was so quiet.  I loved that atmosphere.  The place was very well fit to film photographs, especially B&W, but I was almost running out of films.  So I took most of the pics by a DSLR, which is pity I thought. 

Here I showed the digital images in color of some sceans I found, watching the sun going down. 

On the day we had a beautiful day, which is quite rare to find in Niigata in winter.  I guess we were loved by the god of weather…hahaha. 

I love B&W films so I use them most of the time, but when you want to express the beauty of the color of the sky, it is much easier to use color images.  This time I choose the easier way…:-). 

B&Wフィルム意外では撮ってはいけません!

・・・というほどに、モノクロームが似合う筒石漁港です。先日はデジタルのお写真もモノクロでご紹介しましたが、本日は趣向を変えて、ちょっと色で遊んでみましょう~!

・・・って、どっちやねん?!

というツッコッミ・・・ありがとうございます~(滝汗)!

さて・・・

K5_59240

K5_59253

K5_59260

K5_59258

「落日の筒石漁港」

こういうダイナミックな夕景を表現したいときは、やっぱりカラーの方が安易なんでございます~(笑)!

これも、越後ミニオフ会でのお写真ですが、この日は冬の越後らしからぬ好天でございました。朝は晴天、昼間はちょっと雲が広がったのですが、夕方はまた晴れ間が見ておりました。冬の夕景らしく、淡い色合いが寒さを強調しておりますね~。

普段山の稜線に沈む夕日ばかり・・・というか夕日をなかなか見ておりませんでしたので、水平線に沈み行く夕日は、格別に美しく感じました~!


雪面の落し物

"Someone dropped something on the snow"

As you walk on the snow fields looking for photogenic scenes, you will find vriety of things on the snow, such as leaves and branches of trees, foot prints of rabits, foxes, or monkeys and others.  Because the surface of the snow is just like a blank campus, they come streight into your eyes. 

Here I collect things I found on the snow on the other day. 

What would you find on the snow?

越後の雪景色を求めて歩いておりますと、色々な落し物に気付きます。

今日は、その落し物をご紹介いたします~!

Pentax_mx_1384

朝、まだ気温が氷点下の間であれば、雪面の表面が凍って固まり、歩いていけます。凍み渡りといいます。

私、この凍み渡りが大好きで、雪深い田んぼのあぜ道なんかを見つけると、何気なく歩いて行っちゃいます(笑)。

Pentax_mx_1386

お?!既に先客が居たようです。これは~・・・ウサギちゃんですね~。

何匹が、一緒に遊んでいたのでしょうか・・・?

Pentax_mx_1394

こちらにも見つけました。

雪面に落とされた・・・足跡。

Pentax_mx_1398

ここには葉っぱが落ちておりました。

去年の枯れ葉でしょうか・・・?

Pentax_mx_1395

ここにも、落し物が一つ・・・。

ん?なんだこれ?

アハハ、これもウサギさんの落し物ですね~。足跡ではない・・・ま~るい落し物。

Pentax_mx_1393_2

振り返ると、私も足跡を落としておりました。

さて、この場所は?

Pentax_mx_1390

実は、この場所、あの生命力の木がある場所なのです。

バケペンを乗っけたマンフロットを担いでやってきた・・・というわけなのです。

気持ちのよい朝に、雪面を歩きながら、好きな被写体の下へ向かう・・・とても気持ちがよいんでございます~!

フィルム: Kodak T-MAX100

自家現像: T-MAX Developer 7 1/2分@20℃


雪解けのもみじ園

From today…

I have decided to write a short summary of the article in English so that Non-Japanese speakers can read what I am saying here. 

Now what’s today?

"The Sign of Spring"

It is getting warmer and warmer day by day as we are facing to spring.  Here in Echigo, people used to call the region around NIigata so, normaly we do not see ground at this stage due to thick snow.  But this year since we have less amount of snow than the average, I can see snow melting away everywhere now.  It gives me the sign of spring coming. 

Here I show such sceans I found at the place called "Momiji-En", a small garden where you can see beautifully colored Japanese maple trees in autumn, where I visited in about a week ago. 

I took these photos by a DSLR and developed them in B&W with Light Room 4 (LR4).  That day was totally clouded and I could not meet with a bright light, thus I decided to develop these in B&W to give them an image of the end of winter. 

I hope you enjoy them. 

If you have any comments on this article or these photos, please feel free to give me any kinds of comments, advices, or complaining :-). 

Thank you.

またまた雪解けシリーズです~!

さて、本日から、最初に英語でサマリーを書くことに致しました。海外の友人からプレッシャーを貰いまして~・・・(汗)。

あ、日本語の内容と英語の内容があってない!とか・・・ツッコミは無しでお願いいたしますね~(笑)!

いつまで続くかな~・・・(滝汗)。

写真は、あのもみじ園からでございます~!

前回1月にご紹介した時はまだまだ深い雪に覆われていたのですが、

K5_59483

K5_59486

K5_59480

K5_59489

K5_59490

「雪解けのもみじ園」

ナハハハ、最後は説明写真になっちゃいました~(汗)。

雪解けと言いますと、春を迎える明るく楽しいイメージなのですが、たまたま撮った日がどんより曇り空で、まだまだ寒い冬空感満載でございました。そんな光景をそのまま強調してみました~(笑)。

こちらのモノクロは、いつものプリセット モノクロ水墨画調です~。

こういう純和風な景色には、このプリセットが合わせ易いんです~。

・・・あ、バレました(汗)? つまり手抜きってやつですね~(滝汗)!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。