PENTAX 67_4111-2_R

2014年3月10日

魅力溢れるケミカルプラント!

ダイセル新井工場のイントロダクションは、先日バケペンにてお届けいたした。

この時は快晴で、煙突からの真っ白な煙が印象的でした

朝の日差しを浴びる建物は、錆がくっきり浮かび上がり、錆銀侍にとっては涎がこぼれるシーンの連続でした。今日は、そんなダイセル新井工場の魅力的な建物をご紹介いたします!

Kiev88c_14571

Kiev88c_14551

↑上2枚: Kiev88C + Arsat C 80/2.8 on Ilford Pan F Plus 50 (EI25)、現像:Perceptol 9min @20℃

Pentax_mx_1441

Pentax_mx_1439

Pentax_mx_1446

↑上3枚: PENTAX MX + COSINA Carl Zeiss Planar T* 85/1.4 on NEOPAN100Acros、現像: Microfine 11min @20℃

「雪国の強面プラント!」

こうやって見比べてみますと、やはりPan F+50の力強いシャドーと、金属の質感描写は迫力がありますね~。方やアクロスは、なだらかなトーンで、繊細な描写は、どこまでも描き切ってくれるような信頼感がございます。

・・・でも、個人的な好みで言えば、こういう強面な錆系プラントには、Pan F+に軍配を上げてしまいますね~(汗)。このアクの強さ・・・癖になるんでございます~(笑)。

ダイセル新井工場、夢中になってしまう被写体がゴロゴロしております~(笑)!

是非、越後合宿では訪れて頂きたい場所のひとつなんでございます~!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。