PENTAX 67_4111-2_R

2014年3月20日

雪融け間近の農道

先日は、PENTAX MXとPlanar85mmとのコンビでお届けいたしました、長岡市の畑の風景。

はい、ご想像のこととは思いますが・・・(笑)、Kiev88Cでも抑えてございます~。

ロシアンぷらな~こと、Arsat C 80mmでございます。本家、ぷらな~との違いは?!

まずはご覧いただきましょう~!

Kiev88c_1563

Kiev88c_1564

Kiev88c_1564_3

「冬空の下 春を待つ」 T-MAX100 in T-MAX Developer 8 1/2min @ 20℃

Arsat Cは80mmで135判のぷらな~は85mmと、焦点距離は近いです。でも、やはり画角の差は大きいですね~。背景が広くなるので、主役の白菜が引き立ちます。

また、真四角に切れるのもいいですね~。縦に余裕を持った構図を取れるので、奥行感が増すように思います。

この日は、風が強くて空はドンよりの冬空でした。

時折、日が差してくる場面もございましたが、光は冬のそれでした。

それでも、積もった雪がずいぶん溶けて薄くなっている様子を見ますと、待ち焦がれた春も、もう直ぐかな~と感じるのでございます。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。