PENTAX 67_4111-2_R

山本山高原 それから

"The Ford Brothers"

As I mentioned yesterday, I show the Ford brothers in Yamamotoyama-Kogen. 

I brought Rolleiflex T on the last Saturday to Yamamotoyama-Kogen.  I was straight ahead to the shed, where I found two Fords before.  Then, I saw them, standing side by side in front of the shed. 

It was at around 4 o’clock in the afternoon.  The sun was going to set in the west. 

Ford6600 and Ford4600, they are such "Tractor" like field workrs! 

The lens of Rolleiflex T, Tessar 75mm F3.5, describes their presense in the pictures. 

昨日の予告通り、本日はRolleiflex TでのFord兄弟でございます~!

Rolleiflex_t_2194

Rolleiflex_t_2190

Rolleiflex_t_2189

Rolleiflex_t_2193

「Ford兄弟ここにあり!」 NEOPAN100ACROS (EI200) 自家現像:ミクロファイン 13 1/2min@21℃

久々にセレン調を使ってみました。印象的でありながら、ちょっと落ち着いた雰囲気になりますね~。

この日は朝からずっと雨だったのですが、お昼過ぎに晴れ間が見え始め、これを撮影した夕方4~5時には、見事に晴れ渡っておりました~。

明るく印象的な西日を浴びるFord兄弟、カッチョイイですね~。高原の牧場の一角に、並んで佇む姿も、様になっておりました。

ここは越後三山も望めますし(2枚目の背景)、白樺などの高木もまばらに生えております。波板トタンの、この小屋(3~4枚目)もそのシンプルな佇まいと錆びたトタン板がとてもフォトジェニックなんでございます~。

私のRolleflex Tにはテッサー75mmが付いております。このレンズ、「鷹の目」という通称があるようにシャープでハイコントラストな描写を見せてくれます。一方で、ボケは比較的素直なので、絞ってとらなければ自然な立体感と浮きが楽しめますね~。私、このテッサーの自然な立体感が、結構好きなんです。この1枚目の様な感じです。実直な描写と、背伸びしない(笑)控えめな浮き方が、自然な立体感を演出してくれて好印象なんですよね~。

さて、これでようやくここのフォード兄弟を仕留めることが出来ました~。考えてみますと、去年の晩秋にこの虎の存在を確認してから、かれこれ10ヶ月を迎えようとしております。ようやく成就して、大満足なのでございます~!


10件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    山本山高原牧場、ほんとにバタ臭い場所ですねえ♪
    赤錆トタンのバーンや年季の入ったFORD・・・
    セレン調でアンセル・アダムズ風味と言うのもありますが、越後で撮っているとは思えないんであります。
    Tessarって、確かに独特の個性を持っているように思います。
    Planar 80mm/F2.8に比べればボケませんが、絞開放での写りは私も大好きです。
    もちろん絞ったときの剃刀みたいな写りもたまりませんけどね。^^

  2. Pic-7 より:

    越後でしっかりとFord Bros.を撮り上げることができて、良かったです~☆
    このテッサーと云うレンズ、皐月の樹さんの言うとおりコントラストは高いようですが、
    その他の要素はとても素直な印象で、汎用性もありそうですね。
    コントラストが高い分、3-4枚目のようにBWで影とても印象的な画が魅力的です。

  3. film-gasoline より:

    二台並んだFORDの虎、圧巻ですね~(^^)v
    黒顔羊さんも仰ってましたが、欧米か?っていう感じで、和の要素が見当たりません^^;
    さながら洋虎テーマパークであります^^;
    セレン調がドンピシャな風景であります(^^)v

  4. Ricky007 より:

    大願成就!おめでとうございます(笑)
    テッサーの鷹の目…実は私も好きです。
    私も、はじめのRolleiflexは鷹の目から入りましたもん!!
    ってか、あれが壊れてなければ…きっと今でも鷹の目です。
    ぷらな~にな~んの不満もない…どころが大好きですが、こうやってシャープな絵を見ているとちょっとうらやましくもあります(笑)

  5. gucci より:

    並んだFord兄弟、素晴らしい絵ですね~(^^)
    シャープな絵がまた、この虎に似合ってます!
    ずーとチャンスを狙う皐月の樹さんの粘り腰も素晴らしいですね~
    とても私には真似できない・・・
    見習わないといけませんね(^^ゞ

  6. 皐月の樹 より:

    黒顔羊さん
    こんばんは~!
    あははは、ここは、いかにも牧場♪という雰囲気がいいですよね~!
    映画などのロケにも使えそうな、越後らしからぬ光景です^^;
    Fordが居てくれて、本当に良かったです!
    これでクボタやヤンマーが居たら・・・勘弁ですね~^^;;;
    セレン調って、やっぱりアンセルさんの影響か・・・バタ臭い雰囲気を増徴させてくれますよね~v^o^
    テッサー、とてもシンプルな構造なのに、ここまで味のある描写を見せてくれるのは・・・ツァイス恐るべし!と言わざるを得ませんね~^^;
    開けて良し、絞って良し・・・シンプル&コンパクト!
    凄いレンズです!^o^/

  7. 皐月の樹 より:

    Pic-7さん
    こんばんは~!
    ありがとうございます~!
    ここのフォード兄弟・・・去年の秋から存在を知っていたのですが、ようやくまとめて射止めることが出来ました~^^;
    半年待ちました・・・^^;;;
    はい、テッサーは、3群4枚というとてもシンプルな構造であるが故?なのか分かりませんが、素直な描写が素敵なんですよね~。おまけに絞れば、キレのある繊細な描写を見せてくれます。
    ローライ・・・といえば、今では2.8Fのぷらな~やクセノタールが有名ですが、長く広く愛用されてきたのはテッサーでしたしね~。明るさが3.5止まり・・・というところはあるのですが、レンズシャッターの限界が1/500であることを考えると2.8を使えるシチュエーションって、結構暗い場面なんですよね~。3.5で必要十分であったりします。
    シンプル&コンパクト、実用的でリーズナブルなお値段!
    テッサー魅力的ですよ~^o^/

  8. 皐月の樹 より:

    film-gasolineさん
    こんばんは~!
    6600と4600が並ぶと、壮観ですよね~^o^/
    この時を待っておりました~^^;
    はい、欧米か!
    と、頭を叩かれそうな勢いです^^;
    あ、そういうボケです~^^;;;
    洋虎テーマパーク!なるほど!そのとおりですね!
    さすが、フィルガソさん!うまい!
    テーマパーク化・・・ここのオーナーさんにお願いしてみようかな~?^^;;;
    越後で入らなくなった洋虎を、ここに全部集めてくる!
    ん~、壮大な計画ですね~!^o^/
    フォードにファーガソン、IHやジョンも集めて!
    ううう~、やってみたい~^^;;;

  9. 皐月の樹 より:

    ricky007さん
    こんばんは~!
    ナハハハ~、なせばなる~・・・ですね~^^;
    虎好きも・・・ここまで来れば変人を通り越してますね~^^;;;
    テッサー・・・そうですよね~!
    ricky007さん、最初はテッサーでしたよね~。
    おまけに、PENTAX-Kマウントでも、テッサータイプの40mmを使っておられましたしね~!私も、ricky007さんの、あの40mmの画を見て、テッサーの凄さを覚えましたし!^o^/
    絞ってパン・・・では、最高の仕事をしてくれます!
    完全に浮かせたいときは、マミちゃんでガッツリ寄って・・・にすることにしております~^^;

  10. 皐月の樹 より:

    gucciさん
    こんばんは~!
    6600と4600が並ぶと、見栄えしますよね~!
    この時を待っておりました~^^;
    去年の秋に見つけてから・・・イメージばっかり膨らませてたんですよね~^^;
    まだまだ撮りたいのですが~^^;;;
    今度はバケペンに中望遠付けるか?v^o^
    テッサーの画、結構好きなんですよ~!
    開けると、自然なボケがとても実直な描写をしてくれるんですよ~。
    なので、こういう、素直な画を作るときにはぴったりの様な気がします^o^/
    マミヤCとは、そういった意味で私の中では全然趣向が違うんですよ~。だからこそ、両方持っている・・・のかも知れません~^^;
    あ・・・言い訳してます^^;;;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。