PENTAX 67_4111-2_R

2014年7月5日

家族の肖像 ~夢中~

"Family Portraits"

On the other day Mr. Black Face Sheep, one of our members of film-photo club, introduced a photographer, Mr. Araki, on his blog

I was so much affected by the story that Mr. Araki took many photos of his wife while she was struggling against cancer. 

Before then, I had mainly used degital cameras to take photos of my family, because it is more convenient and faster to response to each moment.  Plus, it is much quicker to share the photos on mobiles. 

But I have changed my mind. 

I decided to take more family portraits with films. 

Maybe, it is one of the reasons for this change that I am going to Korea very soon and am staying there for at least 4 years alone. 

Anyway, I have plenty of time to complete this mission.  It must be one of my life works. 

-1st shot: my wife oncentrating on makeup.

-2nd shot: my son crazy about TV prog., Shaun the Sheep.  🙂

Pentax_mx_2217

Pentax_mx_2220

「夢中になる人々」

1枚目・・・妻が化粧に夢中になる様子。

2枚目・・・息子がTVで羊のショーンに夢中になる様子。

そしてそんな二人をカメラで追うことに夢中のオヤジ・・・(爆)!

以前、黒顔羊さんがご紹介されてらっしゃいましたアラーキーこと荒木経惟氏の写真展のご様子を拝見して、感化されました(笑)。

荒木氏が、彼の奥様の闘病の記録を写真に残されていた、と聞いて私の中で考えが変わって来ました。

これまで、家族の写真はデジタルでのみ撮っておりました。たまに、フィルムに1~2枚だけ残っているという状況で使い切るために撮っていた・・・程度でした。デジタルの方が、失敗が効きますし、即写性に優れておりますし、撮影後も端末での共有などが容易です。

でも、もっとフィルムで積極的に撮っていこう、と思ったのです。

先日ご紹介した、親子の絆・・・も、そういった背景で撮ってみました。

私が、この7月の後半から4年の任期で韓国へ行く・・・と言うのも拍車をかけたのかも知れません。

まあ、まだまだ時間はたっぷりございますので、これからゆっくりと、ライフワークの一つとしてフィルムで撮ることを続けて生きたいと思います!

今回のフィルムはエクター100です。彩度をガッツリ落として、ダークは持ち上げながらシャドウを落として見ました。なんともいえない雰囲気になりました~。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。