PENTAX 67_4111-2_R

2014年7月7日

夏山を夏山らしく!

"Mountain Streams in Summer"

About a week ago, I went to Mt. Komagatake in Uonuma region. 

I went into the mountains as far as possible with my light gears for trecking. 

When I face to this beautiful scenery, I naturally take PENTAX67. 

I think 6×7 format is a very powerful weapon to describe all you see infront by panfocus while 6×6 format is useful to concentrate on one particular point. 

And I post-porocessed these photos following the Zone System that Ansel Adams invented in 1941.  I am always surprized and amazed by this perfect system how it is useful to describe the beauty of nature, and I just cannot stop admiring him. 

Pentax_67_2253

Pentax_67_2254

Pentax_67_2255

「夏山の清流」 NEOPAN100ACROS 自家現像:ミクロファイン 10min@20℃

1週間ほど前になりますが、越後駒ケ岳の麓から軽装トレッキングで行けるギリギリまで行ってみました。

これ以上は、重装備の登山グッズが必要になります~(汗)。

こういう風景と対峙いたしますと、67を手にしたくなります。

一点集中の6×6正方形フォーマットに対して、目の前の光景を克明にパンフォーカスで描きたいときは、67フォーマットってしっくり来ると思うんです。

美しい自然を焼き付けた記憶になぞらえて、できるだけ忠実に表現すべく、先人に習ってゾーンシステムとセレン調を適応して見ました。風景写真の大家・・・既にレジェンドと言ってよいあのアンセル・アダムス氏が1941年に考案したといわれるゾーンシステム。70年以上前に、これ程までに単純明快で実用的なシステムを完成させたということに、驚きと尊敬の念を抱くのでございます。

眩しい夏空と、爽やかな清流、強い夏の光を浴びる石や岩、濃い影となる深緑、それぞれを表現してくれるこの技術に感謝、感謝でございます~!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。