PENTAX 67_4111-2_R

未完の生命の樹

”Life ~to be continued~”

I have one big theme to complete. 

This has not been done yet. 

There is my favorite place in Urasa of Minami-Uonuma in Echigo. 

It was more than one and a half years ago when I found this place. Then, I started waching this place.  After waching for a half a year, I went there with my PENTAX67 to take a shot.  The photo I took was the 3rd one (summer) below. 

I was very impressed with the energy described on the photo. 

Then, I decidede to keep waching this place.  I have made several shots through a year, autumn, winter, and spring.  In this spring, I was struggling to take a shot.  Because I was not successful at all.  In order to emphasize the summer, I had the image of just like spring, when everything is coming out after a long winter.  But I could not meet what I imagined. 

Anyway, I will carry on this theme.  It will be my life work. 

But for now, for this year, I would like to make it an end. 

So here are the photos with a title of "The Life".   🙂 

Pentax_67_13802

Mamiya_c330_2022

Pentax_67_998

Pentax_67_1138

「生命の樹」

はい、既出のお写真のオンパレードでございます~(滝汗)。

既に何度かご紹介してまいりました、生命の樹でございます。

最初にご紹介してから、既に1年が経ちました。この樹を最初に撮影しましたのは、夏(3枚目)でございました。その魅力に一気に虜になり、それから一年間この樹を追いかけました。本当は、フィルムもカメラ(&レンズ)も統一して撮りたかったのですが、バラバラになってしまいました~(汗・・・下記参照)。たまたま良い光の時に居合わせた際に、入っていたフィルムがこれだった・・・のです。そして、最後に撮影した春に居たっては、カメラもレンズも違うのでございます。

本当は、今年は没にしようと思っておりました。

それは春の写真が納得できなかったからです。春には、ここを何度か訪れました。バケペンを持っているときもありました。でも、光が印象的でなく、私の中での春のイメージから程遠かったり。あるいは、フレーミングを失敗していたり。

今回ご紹介している春(2枚目)も完全に失敗しております。光はそれなりに良かったのですが、フレーミングを失敗しております。もっと引けばよかった~・・・と後悔です。いえ、それ以前にバケペンを持って来れば良かった~!なのでございます。

それでも、この1年間での結果として一度完結させたかったのです。

ということで、「未完の生命の樹」の完結編でございます。

被写体としての迫力や存在感は、やはり「夏」が一番だと思うのです。私は、その夏の写真を更に引き立てられるような、秋、冬、春を撮りたいと思っておりました。冬の枯木立が、春に芽生えていき、夏に最高潮を迎える。でも、盛者必衰の理、秋には衰退していく・・・。そんな一連の様子を表現しようと思っておりました。

でも、この4枚を組として並べてみますと、やはり組ではなく「夏」の1枚のみを取り出したほうが良いように思うのです。それは、「夏」以外は被写体の特徴が引き出せていないからだと思うのです。そのための環境づくり、条件あわせが整っていないのに撮影している・・・と思うのです。

ん~、まだまだ課題山積ですね!

この生命の樹は、またゆっくりと撮りなおして行きたいと思います。私の、ライフワークですね!そう考えれば、まだまだ時間はありますね~(笑)!

☆Camera&Lens

1,3,4枚目: PENTAX67+45mmF4 

2枚目: MAMIYA C330 Professsional+MAMIYA-SEKOR 55mmF4.5

☆Film

1枚目:冬 Fuji Provia100F (RDPⅢ)

2枚目:春 Ilford PanF Plus50 (EI25)

3枚目:夏 Fuji NEOPAN100ACROS

4枚目:秋 Fuji Velvia100F (RVP-F)


8件のコメント

  1. Ricky007 より:

    なるほどねぇ~
    樹を主題にせずに、生命とか生命力をテーマにしてみてはどうでしょうか?そうすると広がりがあるような気がします。
    私も神域についていろいろ考えてまして…神社とかにこだわりすぎてたなぁ~って。神域っていわゆる臨在感をテーマにした写真なので、神の存在を感じることができればどこでもいいのではないかと思っているのですよ。
    この半端ない生命力が感じられるこの写真の世界を、是非、広げてほしいのだぁ~アハハ

  2. gucci より:

    夏の存在感凄いですよね~
    でも、完結して思いますが、良い組写真だと思いますよ~
    次回に課題は残したとしても、素晴らしい出来だと思います。
    全く同じ条件ではなく、それぞれの季節に、そのときに合った、カメラとフィルムをチョイスされたのだと思います(^^)
    私としては、夏は昼間に存在感をアピールして、秋は夕暮れとか、冬は星空とか、時間を変えてみるってのはどうですかね~
    夏の昼間と夜間でも面白いかもw
    この場所に夜来れればという問題がありますかね・・・

  3. 黒顔羊 より:

    うむ~、こうやって四季それぞれを見てみると、夏の凄さがよくわかりますね。
    真冬は雪に埋まっていたのが、こうまでエネルギッシュに茂ってしまうのか・・・
    命の素晴らしさを感じます。^^
    ただ、春と秋は中途半端になりやすいかもですね。
    それぞれ桜とか紅葉とか絡めれば、季節感は出ると思いますが、B&Wじゃきついかもなあ。^^

  4. film-gasoline より:

    四季それぞれの姿、それぞれ良いところがありますね♪
    そして、こうやって四季を通して定点撮影すること自体すばらしいのであります。
    プロじゃないんだから、なかなか出来ることではありません。
    尊敬しちゃいます(^^)v

  5. 皐月の樹 より:

    ricky007さん
    こんばんは~!
    ひょ~!生命をテーマにですか~^^; 深いですね~。
    底なし沼になる予感・・・^^;;; 既に哲学ですね~^^;;;
    ricky007さんの臨在は、まさに哲学ですからね~!スゴイテーマに取り掛かられたな~と思っておりました・・・^^;
    でも、そうですね~、一生かけるなら、やはりそれくらいのテーマを追いかけた方が良いのかも・・・と思いますね。
    ちょっと、色々とイメージしてみます!^o^
    でも、目下、新しい表現を模索中でございまして・・・^^;
    でも、まだなかなか具体的なイメージが沸いてこないんでございます~^^;;;

  6. 皐月の樹 より:

    gucciさん
    こんばんは~!
    ありがとうございます~^^;
    この夏があればこそ・・・の写真となっておりますよね。なので、夏のみでも言いたいことは伝わるような気がするし・・・^^;
    これ、2枚組みでもいいように思うんです。冬と夏、あるいは秋と夏。いずれも夏基準なんですが・・・^^;
    私の失敗は、夏以外はそれぞれの季節のいいところを引き出せなかった・・・ことかな~と^^;
    お~!そうです!そういうアイデアです!
    秋の夕暮れ、冬の夜・・・フムフム、イメージが沸いてきました~!^o^/
    ありがとうございます!
    今から、またどんどんイメージを膨らませてまいります~^o^/
    ちなみに、この場所に夜来るのは・・・ちょっと勇気が要ります^^;
    クマと遭遇する可能性あり・・・だったり^^;
    実は、一度ここでクマを見かけております。数百メートル離れていて、こちらが警戒したら向こうから立ち去ってくれましたが・・・^^; 夜だったら、知らない間に近づいてしまうかも~^^;;;

  7. 皐月の樹 より:

    黒顔羊さん
    こんばんは~!
    そうなんですよ~、やっぱり夏の凄さが際立つんです^^;
    冬は・・・その対比として面白いのですが、仰るとおり春と秋は中途半端なんですよ~^^;
    やっぱり、色が必要ですかね~^^;
    ここ、桜は無いので、やっぱりこの場所にこだわらない連作にすべきかもですね~^^; 単なる定点撮影で終わってしまうんです。
    A・アダムズも定点撮影を数多くやってますが、それぞれにその良さが引き出されているんですよね~!私には、真似できないんですよね~^^;
    まだまだ、修行が足りませんね~^^;;;
    だからこそ、面白いんですよね~v^o^

  8. 皐月の樹 より:

    film-gasolineさん
    こんばんは~!
    ありがとうございます~^^; 恐縮です^^;;;
    馬鹿の一つ覚えで、追っかけておりました~^^;
    仰るとおり、並べてみるとその差が良く見れますよね~。
    冬と夏なんか・・・まさに雲泥の差といいますか^^;;;
    でも、春と秋の表現が難しいな~とつくづく思いました。
    春は花があれば・・・
    秋は紅葉があれば・・・
    などとも思うのですが、この場所にはいずれも無くて~^^;;;
    あとは、四季の独特の光を捉えなくてはいけないな~と思いました!
    いずれにせよ、とても勉強になったのでございます~^^;;;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。