PENTAX 67_4111-2_R

2014年9月

さらばBlogzine!

"Good-Bye, Blogzine!"

As I infromed yesterday, today is the last article of my blog at this Blogzine by OCN. 

Since Blogzine is going to be closed in this November and I am running out of the free disk space at this blog, I have decided to move my blog from OCN to Briefing-Paper.  However, I have not prepared for the move, I need some time to stop blog life and to prepare to start up at the new place. 

When I get ready for the new blog life to re-start, I will formally infrom it again here. 

I have been working on my blog for about two years. 

I would like to show my deep appreciation to everyone who visits this blog and always drops warm and friendly comments. 

I will, of course, carry on my blog and photo life as I have done.  Please just forgive me to take a break on blog life for a while. 

Bye for now and see you all soon!

※皆様  たくさんの温かいコメント頂き、ありがとうございます!

また、コメントのお返事や皆様のブログへの訪問が滞っており、申し訳ございません~!

どうも、ご無沙汰している間に拉致疑惑が浮上していたようですが(^^;)、無事ですので、ご心配なく。ご心配お掛けして、すみません~^^;;;

韓国の中秋(チュソク=旧暦のお盆)明けに、バタバタしている間に韓国北部(北朝鮮との国境地域)に出張になり・・・そうこうしている内に、日本へ一時帰国とその準備・・・、となんだか慌しい数週間となってしまい、写真やブログに勤しむ時間が避けませんでした~(涙)。

明日、一時帰国いたしますので、日本に帰ったら少し余裕ができるのでは?と思っております。

 

昨日告知致しましたとおり、この度、こちらのブログ人の閉設に伴いまして、皐月の樹のブログを移行しようと考えております。

移行先はBriefing-Paperの方になりますが、私の準備不足のために、移行までにはしばらくお時間頂戴することになります。折角これまで掲載してまいりました記事ですので、これらもまとめて移行したいと思っておりますが、どのような形でできるかも、いまいち分かっておりません(汗)。その間、しばらく一時閉鎖と相成りますこと、誠に申し訳ございません。

移行先での開設が正式に決まりましたら、また別途こちらでご連絡させて頂きます。

しばらくお休みした挙句、突然の移行のご連絡となりましたこと、深くお詫び申し上げます。

さて、折角の最後の回ではあるのですが、ネタの準備をしておりませんでした(滝汗)。

でも、やはり田舎の錆系で参りたいと思います。

こちら韓国で見つけた、廃屋シリーズです♪

K5_632632

田んぼのど真ん中を走る農道の脇に、小さな家を見つけました。

でも、どうやら既に廃墟と化しているようです。

K5_632652

農家のお宅だったのでしょうか・・・脇には小さな納屋がありましたが、草木と同化し始めておりました。

K5_632752

K5_632712

K5_632852

K5_632682

少し中を覗き込んでみました。

当時の生活の跡が、まだ残っておりました。

蔦を始めとする緑が、今の主となっているようです。

まだ強い、晩夏の光を受けて対照的に輝いておりました。

K5_632772

周りの田んぼでは、稲が頭を垂れ始めておりました。

秋も間近となっておりました。

そう思うと、より一層この廃屋に郷愁を感じるのでございます。

==========ご挨拶==========

こちらでブログを始めさせて頂き、まもなく2年が経とうとしております。

これまで、この拙いブログに毎度ご訪問いただき、また温かいコメントの数々を頂戴し、本当にありがとうございます。

これまで長らく続けてくることが出来ましたのも、ひとえに皆様のご声援の賜物です。

改めて、御礼申し上げます。

今後も、場所は変わりますがブログも写真も続けてまいりたいと思います。

引き続き、ご愛顧賜りますと幸いです。

移行作業が完了いたしましたら、またこちらで告知させていただきます。

皆様、本当に、ありがとうございました!

そして、これからもよろしくお願いいたします!

=========================


南欧の青空に誘われて・・・(ウソ)

"Tempted by The Blue Sky in South Europe"

First of all, I appologize that I have been away from this blog for a long time. 

I have beem somewhere in south Europe. 

So I would like to show you some snaps from the south Europe…

Well, I am a big liar…hahaha. 

Actually, this is a small village, called The Blue Crystal Village, built upon the concept of a South European city, in Tangjeong-area in Asan city. 

It looks quite professional. 

But unfortunately, there are a lot of buildings being still without owners.

Anyway, the buildings are quite photogenic to me.  I hope you enjoy them.  🙂

By the way, I am very sorry to tell you this, but tomorrow will be the last article on this blog at Blogzine bu OCN.  Since Blogzine is going to be closed in November, and plus, I am running out of the free disc space on this blog, I have decided to move my blog to another site, Briefing-Paper.  However, I have not prepared to move and to open at the new place yet.  So I will be absent from the blog for a while. 

I applogize this sudden information and inconvenience. 

When I get ready for the new start on blog life, I will inform here again. 

So tomorrow will be the last day for now…

皆様

大変ご無沙汰しておりまして、誠に恐縮です m(_ _)m

実は・・・ふと南欧を訪れたくなりまして、ちょっこっと行ってまいりました~・・・

まずは、そのお写真から~♪

K5_63201

K5_63223

K5_63209

K5_63236

K5_63239

K5_63199

K5_63234

青い空に白壁の建物が映えますね~!

さすが南欧です!

K5_63166

K5_63169

K5_63171

パステルカラーの建物も、おシャレなんでございます♪

・・・でも、どこか違和感がございますね。

南欧って・・・どこだ?

それもそのはず、ここは韓国牙山市湯井(アサン市タンジョン)にあるBlue Crystal Villageという、コンセプトマンション街なのです。

結構本格的に、町の一角を南欧風の建物で統一してあります。

殆どの建物が、1階は店舗が入り、2階以上が戸建てやアパートの居住スペースになっているようです。居住スペースにはそれなりに人が入っているようでしたが、1階はまだまだ空きになっているところが多かったです。

それでは後半は、現実的な街並みのご紹介です~!

前半とは、明瞭度の振り方を真逆にしております~(笑)。

K5_63211

K5_63174_2

K5_63175

K5_63178

K5_63242

K5_63189

K5_63203

これも、いわゆるひとつのパラレルワールド・・・でしょうかね(笑)?

さて、大変長らくご無沙汰してしまい、申し訳ございません。

韓国内出張や突貫工事的作業が重なり、バタバタしてしまい、Blog&写真活動が殆ど出来ませんでした。

そして、もう一つ!

このブログも、あと1回で最終回を迎えてしまいます(涙)。

実は、こちらOCNブログ(ブログ人)が、11月で閉鎖されます。その為、他のブログサイトへの移行が必要になります。

色々考えたのですが、ricky007さんgucciさんがされているBriefing-Paperへ移行するつもりです。そのために、少し時間が掛かってしまうと思われます。また、再開の際にはこちらでも告知させて頂きます。

本当は、完全に移行するまではこちらで続けるつもりだったのですが、実は、こちらの容量もあと僅かとなってしまいまして、続けてもあと数回分でいっぱいになってしまいます。

キリが良いので、次を最後に・・・と考えております。

突然のクライマックスで、申し訳ございません。

明日、最終回・・・困ったな~。ネタを考えておりませんでした~(汗)!


晩夏残照

2014年9月12日FA77mmF1.8 Limited,K-5,写真

”The Afterglow in the Late Summer”

It is almost in the middle of September. 

If we have sunshine in day time, it gets hot, but in the morning and night, it already gets quite cold.  I feel the autumn is getting very closer. 

So the light of the sun set seems to me already different from the one in the summer. 

I collected the afterglow light with that I feel the autumn with the lens of PENTAX FA77mm limited.  It is quite narrow angle of view with this lens with APS-C cameras.  But I like the images looking thourgh this lens. 

早、9月も半ばに差掛り、すっかり秋めいてまいりました。

日中は、日差しがあればまだ汗ばむ陽気となりますが、朝夕は一気に冷え込んでまいります。光も、にわかに秋の郷愁を帯び始めているように見えます。

そんな晩夏の、少し寂しげな西日の光景を写しとめてみました。

K5_62948

K5_62950

K5_62972

K5_62959

K5_62968

K5_62982

K5_62986

K5_62990

男らしく、FA77mm Limited1本勝負で逝ってみました~(笑)!

APS-Cで、この焦点距離はかなり狭いので、切り取りは限られてしまうのですが、このレンズの光の捉え方が好きなので、コレで逝っちゃいました。

夕景も真夏とは違い、どこか郷愁に溢れる色合いなんでございます。


ビッグバン

”Big-Bang”

I found a big cloud. 

It was holding the sun in its core and crepuscular rays were radiated from the cloud. 

It looked as if it was about to explode like Big-Bang. 

When I noticed this scene riding on my bike, I tried to reach the place where I can see a river flow with this cloud in the back ground.  Then I stopped my bike at this place. 

Well, It was just the same day as I took the photos of "The Applauded Land in Asan".  It was such a luck day for me to meet these beautiful scenes! 

皐月の樹的牙山風景第二弾でございます~。

先日お届けしました、大地礼賛のお写真を撮影した際に、こんなにフォトジェニックな雲と太陽の組み合わせは、なかなかお目にかかれないぞ~!と思いまして、急いで場所を変えて違うテーマで撮影することに致しました。

自転車に飛び乗り、川沿いをひたすら走り、緩やかな支流の流れを望める場所に到着しました。ここなら、この雲と太陽の下流れる川をワンフレームに入れることが出来るのでございます。

この辺りは、大きな川の河川敷の湿地帯でして、水鳥の生息地となっております。白鷺、アオ鷺、川鵜、真鴨などなど、越後の魚野側や信濃川を思わせる、水鳥のコロニーとなっております。私にとっての癒しの場所の一つですね~。

実は、このシーンの中にも、白鷺や真鴨がおります。小さすぎて良く見えませんが・・・(汗)。

K5_63115

K5_63112

K5_63120_2

K5_63123

「ビッグバン」

太陽を抱いたこの雲、まさに爆発寸前でございました。

こういうシーン、なかなか拝むことが出来ないのでございます。

貴重なシーンですので、きっちりと撮らされてまいりました~(笑)!

こうやって見ますと、越後とは趣向こそ違え、牙山もなかなか自然豊かな場所なのでございます~!

これまでは、こういう風景はとにかく何も考えずに、アンセル・アダムズ流のセレン調な仕上げにしてまいりましたが、今回はちと趣向を変えてみました。

とは言うものの、モノクロのワイドレンジで豊かなトーンで描きたいな~と想うのは山々でございます。実は、この時、マミヤC330にアクロス詰めて撮っておりました。モノクロは、そちらに取っておこうと思いました。現像は・・・まだちょっと先になりますが(汗)、乞うご期待???


韓の国の田園風景

”A Rural Landscape in  Korea”

At around this time, from the end of summer to the begining of autumn, I always started wondering how rice fields look like. 

In Echigo, where my home is, we have a huge area of rice fields.  Now I guess it is nearly the time when rice plants started bowing due to their ears getting heavier and heavier. 

Well, since I am in Korea now, but still I want to see rice fields. 

Rice fields here look quite similar… but there is certainly slight differences.  Trees standing beside rice fields are different.  There are super-high buildings in the background of the fields, which is also different from Echigo.  It is also the fact of the parallel universe between the two contries

越後人・・・どこに行っても田んぼの様子が気になるのでございます。

K5_62726

K5_62893

K5_62897

K5_62896

1枚目:FA31mm Limited

2~4枚目:SIGMA AF20/1.8 EX DG

こちら、撮影してから既に2週間経ちました(汗)。

この頃は、丁度稲の花が咲いておりました。花が咲くこの時期は、晴天続きでカラカラに晴れて欲しいのでございます。が、この頃の韓国は雨続きでした。ちゃんと受粉できたか・・・心配なのでございます。

こういう風景を見ていると、どこか越後の里山に似ております・・・が、でもやっぱり違うんですよね~(汗)。田んぼの脇に立っている、大きな木が西洋楓だったり・・・。遠くに高層アパート群が見えたり・・・。これもやっぱり、パラレルワールドなのだ~♪

まあ、それでもやっぱり、田んぼが好きです!

郷愁誘う田園風景・・・ということで、久々のノスラス(Nostalgic Rust)適応なんでございます。ちょっと味付けを変えまして、明瞭度を下げてソフトフォーカス調にしております。

それにしても驚きました!

先日の黒顔羊さんの「実る田」のエントリーでのコメントのお返事にて、今日のこちらのエントリーの予言をされちゃいました・・・(汗)。黒顔羊さん・・・凄すぎます!

まさに図星なのでございました~!


Korean Hibicus

"Korean Hibiscus"

The flower, Hibiscus Syriacus, or well known as Rose of Sharon, is the national flower of Korea. 

When you walk around a small town at country side, you will quite often find this flower along a street. 

When I heard of the name of Hibicus, I always imagine the typical tropical flower in the colors of red or yellow.  But that is Hibiscus Rosa-sinensis, which I did not know. 

So Hibiscus is the name of a genus of some kinds of flowers. 

I learned it!  🙂

Anyway, this rose of sharon looks more fascinating under sunshine with blue sky, giving me an imagination of a tropical scene. 

こちら韓国は先週末からチュソクに入りました。

中秋のことです。旧暦のお盆に当たります。

多くの店は閉まり、高速道路は自動車が溢れております(汗)。

とは言うものの、24時間365日稼動の生産工場に貼り付いております我々には、関係も無く通常通りのシフトなんでございます~(涙)。

さて、今日のお写真はそんなチュソクとは関係なく(汗)、2週間ほど前に撮った物でございます。

K5_62814

いわゆる韓国風な、お屋敷の並ぶ小さな通りを歩いておりますと、夏のこの時期、よくこの花と出くわします。

K5_62799

K5_62803

こちら、ムクゲです。実はこの花、韓国の国花です。

ムクゲはアオイ科フヨウ属の花です。同じ仲間に芙蓉もございます。

このフヨウ属のことをHibiscusと呼ぶらしいです(Wikipedia参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9)。

そして、所謂熱帯に咲く花のイメージであるハイビスカスは、このアオイ科フヨウ属のなかのブッソウゲという種類だそうです(私、知りませんでした~・・・汗)。

これらはいずれも低木です。つまり木です。

K5_62806

K5_62813

さて、もう一つここで疑問が生まれます。

アオイ・・・と聞くと、アオイの花を思い浮かべます。あるいは、徳川の家紋である葵の御紋を思い浮かべます。あの、「この紋所が~!」・・・ってやつですね(汗)。

代表的な花は、タチアオイでしょうか。

花の形は、ムクゲなどと良く似ておりますね。

でも、葵は多年草です。つまり草ですね。

この差は・・・牡丹と芍薬の差と同じくらいかな~?と思っております(汗)。

K5_62804

ムクゲ・・・やはりハイビスカス(ブッソウゲ)と同じ仲間だからでしょうか・・・青空の下に見ると、一段と映えるのでございます。

こんな韓国を代表する花の正面を見ますと・・・

K5_62809

これまた韓国を代表する高層マンションが林立しておりました(笑)。

こちらもやはり、青空の下に見るのが・・・映えますかね~(汗)。

普通に撮ったら面白くなかったので、本文とは全く関係のない、既にトウモロコシの収穫を終えた枯れかけたとうきびを主役に抜擢してみました~(爆)!

なんで枯れたトウモロコシ?!・・・って?

だって、錆銀だから~(爆)!

ということにしておきましょう~(笑)!


晩夏に吼える夏空

”Summer Sky in the Late Summer”

I guess this was the first time for me to see summer-like sky this year. 

This August was far cooler than the average in Korea.  I am not sure how many days we had when the temperature got more than 30 degrees-C. 

But after we have got into September, we have had sunny days continuously.  And the temp. got quite high, somtimes it gets more than 30 degrees-C. 

So I enjoyed very much to see the summer-like sky at that time, taking snaps of the sky with a ruined shed that I found in Asan area. 

K5_63064

K5_63068

K5_63066

K5_63071

K5_63073

「晩夏に吼える夏空」

今年の韓国の8月は、例年に無く涼しかったようです。

日中でも30℃を越える日は、何日あっただろうか?というほどです。

それが、9月に入り、晴れの日が続いて日中の気温も上がっております。長梅雨にかき消されてしまった夏空が、夏が終わる前に、その存在感を鼓舞するかのように吼えております。

よく考えてみれば、今年の夏はこういう夏らしい写真を撮っておりませんでした。

いつものように、牙山の片田舎で見つけた農機具小屋らしき佇まいの崩れかかった建物をおかずに夏のイメージを切り取ってみました。

ちなみにこの空、越後の夏空にちょっと似ておりまして・・・懐かしく見ておりました~(笑)!


輝く緑に包まれて

2014年9月7日FA31mmF1.8 AL Limited,K-5,写真

"Surrounded by Shiny Green"

Here in Asan, there are a lot of old fashioned buildings and houses.  I can find them in every block. 

This building was seemed to me used as a shed.  It was made of bricks and surrounded by greens.  There is a big willow tree and weeds and ivies were all over the shed. 

The sunshine was reaching to the bottom, and weeds were shining with the sun light. 

I love such beautiful scenes!  I just cannot stop myself taking snaps. 

K5_62844

K5_62846

K5_62853

K5_62847

またしても心揺さぶられる古き建物発見でございます。

大きな柳の木を従えておりました。

周囲は夏草に覆われて、その草が木漏れ日を浴びて美しく輝いておりました。

K5_62863

K5_62865

K5_62850

こういう建物には、蔦は必須のようにありますね~。

それがまた、良く似合います(笑)。

当地、韓国は牙山、錆銀好みの古き廃れつつある建物と蔦の宝庫でございます~(汗)!

石を投げれば当たる・・・そんな環境なのでございます(笑)。錆銀侍には、この上ない町なのでございます~!


やっぱり暑苦しいのだ~!

”The Hot Summer Flower Under Sunshine”

I mentioned that Chinese Trumpet Creeper gave an impression of not that hot with red bricks on the other day…  Well, I guess I have to change my quatation…hahaha. 

I found Chinese Trumpet creepers with red bricks again.  It is almost tha same situation as before.  But they gave me an impression of very hot summer.

What is the difference? 

This time, there was the strong sunshine! 

And I had been bicycling feeling very hot at that time. 

I guess that was the reason… 🙂

Thus, as a result, I found out that Chinees Trumpet Creepers are like a simbol of hot summer.  It does not matter where or with what they are.  I feel hot when I see them under summer sunshine anyway! 

早速前言撤回しようとしております~・・・ダハハハ(汗)。

K5_62777_2

K5_62779_2

K5_62781

K5_62778

先日、赤煉瓦塀に見るノウゼンカズラは涼しげ・・・などと申しておりましたが、そんなことはございませんね・・・(汗)。

今回の自転車散歩で、また赤レンガに咲くノウゼンカズラを見つけました。

燦々と照り付ける太陽の下見るこの花は、やっぱりどこか暑苦しく、見ていると額に汗が滲み出てくるのでございます。

まあ、この時の私がそう感じただけのこと・・・なのですが~(爆)!

折角なので、より暑苦しくコッテリとした描写にしてあげました~(笑)。


大地礼賛 

”The Applauded Land in Asan”

I have shown rusty scenes such as ruined houses for this week, so here let’s take a break. 

I would like to change the preference of photos here today. 

In the last Monday, there were clouds in the sky as usual, but we had soetimes sunshines between clouds.  Thus, I went out with my bike heading to Asan. 

I visited several places and took a plenty of photos in the country side of Asan. 

On the way back, I was riding the bike along  a river.  Then, I noticed a beautiful scene.

I stopped the bike immediately, and started taking photos of  the scene. 

In the begining, the sun was hiding in a cloud and crepuscular rays were radiated through clouds.  After a while, the sun appeared and gave me an photogenic scene.

しばらく錆物件ばかりが続いておりましたので、ちょっとお腹いっぱいになり始めていた頃でした・・・(笑)。

ここらでちょっと食休みいたしましょう。

本日は、ちょっと趣向を変えたお写真で参りたいと思います。

K5_63091

K5_63095

K5_63094

K5_63098

「大地礼賛」

皐月の樹的牙山風景でございます~。

先週の月曜日も、空に雲は浮いておりましたが、青い空から強い晩夏の日差しが時折覗いておりました。いつものように、愛車(・・・自転車です~汗)を走らせ牙山散策に出かけておりました。

一通り撮影を終えて、帰路に着き始めました。川沿いの土手を快調に飛ばしておりましたところ、チラッと見かけた光景におお~!と感動。すぐさまキキーッと自転車を停めて、撮影に入りました。

最初は太陽は完全に雲に隠れておりました。レンブラント光が、下界の高層アパート群に降りかかっておりました。その手前には、河川敷のススキの原や蔦で覆われた草むらがございました。その後、太陽が蜘蛛から顔を出して、手前の蔦の原が光を浴び始めました。よりフォトジェニックになっておりました。

さて、このお写真ですが、本当は手前のススキや蔦の原はここまで光を受けておりませんでした。背景の高層アパート群も、デジタルで撮りますと、殆どシルエットです。それではまるで大地礼賛っぽくなかったので(汗)、段階フィルターを使って、写真下側3分の1くらいを持ち上げました。ちなみにこの色味は、LR4のモノクロプリセット、明暗別色補正1を適応しております。

カラーでも良かったのですが、モノクロームの方がよりドラマティックなんでございます~(笑)!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。