PENTAX 67_4111-2_R

2014年12月

今年一年の感謝の気持ちをこめて

皆様、今年一年、この拙いブログにご来訪いただきまして、またいつも温かいコメントを頂戴しまして、本当にありがとうございます。

この1年を無事に続けて来れましたのも、皆様の温かい励ましがあったからこそでございます。

来年もまた、質は向上しないかも知れませんが^^;  常に何か面白いことを掲載できればな~と思っております。

何卒、よろしくお願いいたします!

 

いよいよ2014年も、今日を残すのみとなりました。

焦る気持ちを抑えつつ(汗)・・・今年も一年を振り返って見ましょう~♪

☆まずはMy Photo Lifeから♪

今年は、私にとって自家現像元年でした。

自家現像を始めてからというもの、一気にB&Wフィルムの消費が激増し、今ではポジもネガもカラーフィルムは殆ど使わなくなってしまいました~!更には、直ぐに現像すれば即日アップも可能となったため、こちらのブログでも圧倒的にB&Wフィルムのエントリーが増えました。今ではデジタル写真でのエントリーよりも増えてしまい、銀塩写真ブログのようになってしまいました~^^;

私のフィルム写真の枚数も、累計で2500枚(スキャン数です)を超えました。2013年から始めその年に1200枚弱を撮りましたので、今年は1300枚以上撮ったことになります。少し、増えましたv^^ Blogのエントリー数で見ますと、フィルム写真のエントリーが今年は174(総エントリー319)となりました。平均で5枚程度の写真を掲載していると仮定して、870枚ほどの写真が使われたことになります。打率6割6部9厘^^; 去年のフィルム写真エントリーが100弱でしたので、打率4割1部7厘・・・。打率は上がりましたね~♪v^^ まあ、でも、エントリーに写真を上げているのは私の主観的選択ですので、写真の質が向上したことには直結しないのでございます・・・トホホ^^;;;

一昨年の1月に、黒顔羊さんの「こっちへおいで~♪」というお誘いに引き寄せられて、バケペンを導入しまして中判銀塩の荒波に飛び込みました(笑)。そして1年経ってフィルムに完全に魅了され・・・昨年1月に自家現像を恐る恐る始めてどっぷりと嵌り(笑)、今ではB&Wフィルムなしでは生きていけない体に・・・^^;;;

一昨年11月の愛知合宿にて、錆銀メンバーである風つかいさんに自家現像の手ほどきを受けて、更には道具や薬液までプレゼントして頂き、最初はなかなか手が出なかったのに、いざ始めて見ると止まらなくなっている自分がいます。やはり、写真仲間の影響は大きいな~と思うのでございます。

 改めて見直してみますと、被写体や写真の撮り方も少しづつ変わってきたように思います。これまで、色を見ていたのが、光と影を追いかけるように意識するようになりました。

また、写真を撮る際に、組写真を強く意識するようになりました。昨年11月の愛知合宿にて、黒顔羊さんのお取り計らいで写真塾に参加させて頂きました。その際に、塾長が組まれる組写真に魅了され、始めたのがきっかけでした。特に今年は、こちらのBlogの殆どのエントリーでも組写真でご紹介することを意識いたしました。もちろん、撮影現場においても被写体に対して組で撮ることを強く意識するように致しました。

機材への関心も変わっていきました。

デジタルの機材は、殆ど増えませんでした。唯一が、SIGMA AF20/1.8 EX DG ASPH RFの導入でした。しかしながら、実はこれも、PENTAX MXで超広角として使うことが前提で購入したのです。実際はK-5に付けて使うことの方が多かったのですが・・・^^;

一方で、中判銀塩機は、今年に入ってMAMIYA C330と55、80、105、180mmレンズ、Rolleiflex Tと、2台の二眼レフを導入しました。この二眼レフの導入によって、撮り方もまた少し変化がございました。ローアングルが増えましたし、人物スナップをするようになりました。

もうひとつ変わったことがございます。

本格的な三脚の導入です。マンフロットの055CXPRO4JPと、ギヤ付ジュニア雲台410を購入しました。

これによって、ガッツリ絞って撮る事が増えてきました。その為、ランドスケープ写真も増えていったように思います。同時に、構図に対する厳密な追い込みを、より強く意識するようになったように思います。構図取りとフレーミングへの時間のかけ方も、これまでの倍以上になりました。

しかしながら!!!

残念なことに、撮った写真への満足度は益々下がる一方です^^;

なんで、あーしなっかったのか?!どうして、こーしなかったのか?!

シャッター切っている瞬間は、納得していたはずなのに!どうして仕上がった写真を見ると愕然としてしまうのか?!

うううう~、もっともっと勉強と修行が必要でございますね~^^;

私はあくまで、アマチュア写真家を目指しておりますので、とにかく自己満足度を上げることが目標なのです。

自分が納得できる写真・・・いつ撮れるのかな~?^^;;;

来年は、1枚くらいは撮れるだろうか~?^^;;;

 

気を取り直しまして^^;

☆次に写真同好会活動につきまして~♪

錆銀活動は、越後の錆銀メンバーとの交流(ミニオフ会)から始まりました。しかしながら、その後の活動は殆どできませんでした。11月の愛知合宿でも、2泊3日の予定の内、初日のみの参加となってしまいました。ううう~・・・(反省)。

更には越後オフ会を企画しておったにもかかわらず、実行できず・・・ううううう~~(激反省)。

来年は、少なくとも年次総会(笑)には、フル参加!!!そして、越後ミニオフをできればやりたいです!^^;

一方で、錆銀メンバーはかなり増えました。8名→13名となりました!しかも、皆さん兵(ツワモノ)揃い~♪

そして、なんと!全日本味噌煮込写真家協会の末席に加えて頂きました!

素晴らしい写真家の皆様のお仲間に加えて頂き、大変光栄なのでございます。

益々、活動を活発にして、皆さんとの交流を深めて行きたいと思っております!

 

☆そして、Blog活動につきまして~♪

Blogの方では、一番大きなイベントとしましては、OCNのBlogzineから、ricky007さん主催のBriefing Paperに移籍いたしました~♪

こちらBriefing Paperは、インターフェースがとても使いやすく、エントリーの作成や編集が格段にやりやすくなりました。画像のアップも、とても使いやすくなりました~!益々、Blog活動が楽しくなりました!^o^/

Ricky007さんには、大変お世話になりました!そして、これからも末永く、よろしくお願いいたします~^^;

さて、Blogをするに当たりまして、私の個人的な目標がありました。それは毎日アップデートです。

しかしながら、去年に引き続き、今年も達成できませんでした~ToT。今年の総エントリー数は319でした。46日もお休みしてしまいました。去年のエントリー数は361でしたので、激減となってしまいました。来年は、是が非とも365エントリーを達成したいと思っております!

その対策の試みを、この10月から始めてみました。急な出張や業務の多忙化、あるいは一時帰国などでblog活動が出来なくなることがありますので、そうなってもBlog更新だけは進むようにしたのです。つまり、エントリーの前倒し予約を1週間以上貯めておく・・・というものです。順調に溜まり始めまして、既に1.5ヶ月前倒しでエントリーを作成してしまいました^^;  すると困ったことに、今度はタイムリー感がなくなってしまいました・・・トホホ^^;  ん~、バランスって難しい~^^;;;

 

☆最後は、私の人生について・・・少しだけ^^;

私にとって大きな転機となるであろう出来事がございました。

皆様もご存知の通り、7月終わりごろ(正式には8月1日)に韓国赴任となりました。

海外滞在経験はそれなりにございましたが、4年という長期滞在は初めてとなります。色々な意味で、勉強したいと思っております。

写真のフィールドも、これまでの越後の里山とは大きく異なりますので、色々と新たに刺激を受ける被写体にあふれております。

これからもどんどん、色々な被写体に向き合って自分の可能性を広げられればな~・・・とおぼろげに思っております^^;

 

それでは、今年を締めくくるお写真を~♪

・・・の前に。

例年、「一年の締めくくり」と題しまして、一年の反省を目的としてその年に撮影したお写真の中から抜粋してご紹介してまいりました。

今年もその準備はして、エントリーも作成しておりましたが年内にご紹介する記事がいっぱいとなりまして、ご紹介することが出来ませんでした。ただ既に記事も作成してしまっており、お蔵入りするのも勿体無いし・・・。そもそも反省のためのエントリーですので、将来的に見直す時のために出しておきたいし・・・。と言うことで、年明けにご紹介することに致しました。

よって、今年最後のお写真は次の1枚とさせて頂きます~。

PENTAX 67_2485_R

今年1年の感謝を込めて (105mmF2.4)

やはり、最後は越後駒ケ岳で♪

11月半ばの愛知合宿の際に帰国した折に、撮影してまいりました~。

とは言うものの、去年の年末のご挨拶の際にも似たような写真を出しておりました(滝汗)。

本当に今年撮ったのか?!と突っ込まれそうですね(笑)。ひとつだけ変わったことがあります!フィルムです。

今年のはADOX CMS20 Ⅱで逝きました~♪ 本当はこのフィルムで雪景色~・・・と思っていましたが、ちょっと早かったです。でも駒ケ岳は冠雪していてくれました。

やはりこの山は、雪が積もっているのが一番です!

それでは、皆様!

良いお年をお迎えくださいませ~m(_ _)m

来年も、何卒よろしくお願いいたします!


煩悩との戦い

いよいよ年の瀬も迫ってまいりました。

晦日でございます。

明日の大晦日の夜には、日本の各地のお寺で除夜の鐘がつかれることでしょう~。

この除夜の鐘、108つ打たれるところが多いのですが、108というのは煩悩の数に由来しているという説がございますね。

私も、子供の頃そう習いました。

ただ私の場合、108では足りないくらいの煩悩があるように思います^^;

除夜の鐘も、16ビートくらいで打ち鳴らさないと間に合わないかも知れません~^^;;;

そこで、1日早いのですが、私の中の煩悩を打ち払うべく、鐘を鳴らしてみようと思っております^^;

煩悩との戦い

105mmF2.4

こちら、小千谷市山本山高原から望む越後三山です。

ADOX CMS20Ⅱの試写の際に訪れました。

見事な失敗写真です^^;

ただ!・・・露出は結構いい感じです~v^^ この時は、若干逆光気味でしたがトップライトに近かったのが良かったかもです。

実は、試写1本目のADOX CMS20 Ⅱの現像上がりを見まして、シャドーがかなり潰れているところから、現像の失敗もあったのかも?!と思っておりました。でも、今日のこの1枚を見て、現像ではなくやっぱり露出だったんだな~と思った次第です。

脱線してしまいました。本題に参りましょう~!

ススキ越しに三山を見てみたところなのですが、前景のススキがちと煩いですね~^^;

ファインダー越しに見ていたときは、もうちょっとボケてくれるかな~・・・と思っていたのですが、予想以上にボケませんでした。

もっと寄るべきでした^^;

シャッター切る前に、もう少し考えるべし!煩悩のひとつでございますね^^; ”ご~ん♪”

更に、ADOX CMS20Ⅱというフィルムを知って、直ぐに購入・・・もうひとつの煩悩。 ”ご~ん♪”

なんだかんだと、越後三山を直ぐに入れてしまう・・・はあ~、またひとつの煩悩。 ”ご~ん♪”

ススキを見ると自分を止められない・・・ううう~、煩悩。 ”ご~ん・・・♪”

この1枚で4つの煩悩・・・言葉がありませんね~^^;

今年私が撮影した写真の枚数は、フィルムだけで1300枚以上でした(デジタルを入れると1万枚以上か?!)。上の例に倣って、1枚平均4つの煩悩があったと仮定しますと5200にも及ぶ煩悩の数!!!

仮に、多めに見て1枚平均1つの煩悩と考えても、1300以上・・・。 ”ご~ん、ご~ん、ご~ん、ご~ん、ごん、ごん、ごん、ごん・・・♪”

ははは・・・目も当てられません(滝汗)。

やっぱり、今から16ビートで除夜の鐘を打ち鳴らさなければ間に合わないのでございます~!

普段は煩悩など、全く意識していない罪深き者ですので・・・せめて年末くらいは、反省しておこうかと・・・^^;;;


青虎佇む秋の田園

もう一つだけ、9月末の一時帰国の際のエントリーが残っておりました^^;

今年も終わろうとしており・・・このままでは、没エントリーとなってしまいかねないのです。

既に時期はずれも甚だしいのですが、せっかく作っていたので忍びなく思いまして~^^;

 

この一時帰国の際の撮影での、私の獲物はコシヒカリとススキ・・・だったのですが、里山をうろうろしておりますと、稲刈りの終わった田んぼでは当然の如く虎が活動を始めます。

実は、多くの虎を見かけたのですが、限られた時間であったことと、黄金色のコシヒカリとススキを追うので精一杯・・・ということで、虎を見つけても泣く泣く素通りをしておりました。

まあ、ジョン君は撮影しましたが^^;

実は、もう一台だけ撮っておりました。

本日は、それをご紹介いたします。

K5_64080

K5_64102

K5_64103

稲刈りを終えた越後の田んぼに、ポツンと佇んでおりました。

青い・・・ぞ。

でも、小ぶりだな~。イセキ君かな?

と思いながらも、車を右折して農道に入っていきました。

お?もしかして、Ford?でも、見たこと無いタイプだな~・・・。

866???トラクターデータを探しても見当たりません。

K5_64095

K5_64087

脇では、蕎麦の葉っぱが色付き始めておりました。

花はまだ残っておりましたが、既に実がつき始めておりました。

秋の色でございますね~。

青虎佇む田園

青虎佇む秋の田園

 今、こうやって見てみますと、季節はずれの感がハンパありませんね~^^;

もう今頃は、この辺りは深い雪に覆われていることと思います。

来年の5月の雪解けまで・・・しばし(?)の冬眠でございます~!


西日差し込む癒しの林

いよいよ年末も差し迫ってまいりました。

今年ももう終わりか~・・・と思うと、ちょっとさびしく、かなり焦りを感じるのでございます~^^;

さて、もう12月も終わろうというのに、例によってプチタイムカプセルに入っておりました・・・。ちなみに撮影は・・・8月でございます~^^;

私の韓国での事務所への通勤途中に、癒してくれる林でございます。

以前、一度デジタルでもご紹介しておりましたが、MXでのスナップもありました~♪

PENTAX MX_2385-2

西日差し込む癒しの林

西日差し込む癒しの林

デジタルで、色鮮やかな緑を描写するのもいいのですが、B&Wフィルムで優しい西日を表現するのも、またいいですね~。

この時は、8月の強い日差しでしたが、フィルムにすると今の晩秋~冬の日差しにも・・・見えなくも無い?ですかね~^^;;;

いや~、無理がありすぎる~!!!^^;;;


雪に閉ざされる・・・その前に

雪深い越後では、冬季雪に閉ざされて通行止めになる山道が多くあります。

農免道路などは、ほぼ確実に通行止めになってしまいます。

ここ、小千谷市の山本山高原に通じる道もやはり農免道路でして、例外なく冬季は閉鎖となります。

その期間は、12月~翌年の4月末、時には5月末に及びます。やく半年間閉鎖となるわけでございます。

その為、この高原牧場に生息する虎達を撮影するためには、その半年間の勝負となってしまいます。

今年は、越後も例年に無く積雪が早く進んでいるようですので、今頃は通行止めになっていると思います。

晩秋に訪れた、今年最後の様子をご紹介したいと思います。

45mmF4.0

45mmF4.0

牧場らしい、広々とした牧草地が広がっております。

写真中央にいくつかの建物が見えます。あの場所が、虎の棲家でございます(笑)。

PENTAX 67_2484_R

雪に閉ざされる・・・その前に (105mmF2.4)

おりました~♪

Ford6600!デカイ車体で、存在感抜群でございました~!

バケペンの105mmF2.4を開放で放って、浮かせて上げました(笑)。

ここには、他にもFord4600や3000などがおります。先日、Rolleiflex Tで撮影したお写真をご紹介しました

実はこれ、ADOX CMS20 Ⅱの試写の時に訪れておりました。

このフィルムの露出感覚、この時にはまだ慣れておりませんでした。

1枚目の両側の杉の大木ですが、黒潰れしております。あと1段くらい露出を高めに設定するべきでした~。

しかしながら、このフィルムのダークやシャドーの描写、ガツンときます!

更にこの精細感、フィルムとは思えないのでございます。空のトーンも美しい~!

このフィルム、値段は少し高めではあるのですが、唯一無二のこの描写はリーズナブルなのでございます~!


雨上がりの朝

12月26日・・・クリスマスの翌日ですね。

とは言うものの、また今日もまったく関係の無いお写真だったりするのですが・・・^^;

欧米・・・特にキリスト教圏ではこの日をBoxing Dayと呼ぶんですね~。

私が、NZに滞在していたとき、皆に教えてもらいました。

最初、なんで?みんなでボクシングでもするの???

と、聞いたところ爆笑されました^^;

このBoxingのBoxは、箱ですね。つまり、クリスマスプレゼントの箱のことを指すそうです。元来は、教会が貧しい人々の為に寄付を募って、そのクリスマスプレゼントの箱を開ける日だったそうです。

 

さて!秋の長雨と申しますが。

あ?!もう冬でしたね~^^;

でも、本日ご紹介するお写真も、11月の半ばに撮影したものでして・・・^^;

越後の秋の雨上がりには、よく霧が発生いたします。

特に、朝方、信濃川や魚野川沿いではほぼ100%深い霧が発生いたします。早朝にはその深い霧が立ちこみ雲海となります。

こちら小千谷市の塩殿は、その雲海を眺めるのに丁度良いです。

信濃川と越後三山が望めるこの場所は、密かな有名スポットだったりします。

ただ、それほど標高が高くないので、晴れる寸前の雲海を望むことができます。つまり、霧が立ち込めている間は、この場所も霧に包まれてしまうのです。

日が昇りますと、霧は一瞬で消えていきます。その為、撮影のタイミングは、ほんの一瞬しかございません。

この時、私はタイミングを逸してしまいました(汗)。到着が遅すぎたんですね~^^;

でも、お陰で信濃川から越後三山まで望むことができました~♪

Rolleiflex T_2426_R

Rolleiflex T_2428_R

雨上がりの朝

雨上がりの朝

さて、このシーンですが、以前ご紹介いたしましたが、バケペンにADOX CMS20 Ⅱを詰めて撮影しておりました。

今日ご紹介したのは、Rolleiflex TにT-MAX100を詰めて撮影したものです。

2枚目のねこ車は、To 仙台の猛者~♪・・・と言うことでv^^

1枚目と3枚目・・・似たような写真を撮ってしまいましたので^^; 明瞭度を変えて見ました。1枚目の方が、いいな~♪

T-MAXはハイコントラストでパンチのある描写をしますが、ADOX CMS20と比べてしまうと、とても大人しく素直な描写に見えてきますね~^^;


闇夜に浮かぶ綿帽子

 クリスマス・・・皆様いかがお過ごしでしょうか?

今年もやっぱり、クリスマスとはあまり関係の無いお写真のご紹介と相成りました・・・^^;

 

この12月は、殆ど夜勤シフトで勤務しておりました。

当然、休みの日も昼夜逆転の生活となりまして・・・。

その為、休日の撮影も夜~早朝に掛けてばかりとなりました。

ただ、いつもとは違う時間帯に撮影に出てみますと、普段目に止まらない物が気になり出したりします。

これが、なかなか面白いですね~♪

この日も、足元に面白いものを発見です~v^^

K5_65088_R

K5_65089_R

K5_65083_R

K5_65079_R

K5_65096_R

闇夜に浮かぶ綿帽子

闇夜に浮かぶ綿帽子

この花(と呼ぶのは適切でないかも知れませんが)は・・・なんでしょうかね?

よく見る花なので、ちょっと調べてみました。

ノゲシ・・・の類のような気がします。

キク科の花で、春にはタンポポに似た花を咲かせるそうです。

この綿毛が、とても柔らかそうで、フワフワと浮いているようでした。

街明かりを受けて、白く浮かび上がってきまして、なにやら撮ってくれ~と、私に訴えかけてくるのです~^^;

私・・・こういう枯れモノにとても弱いのです~^^;

なんとなく、ススキに対する印象と同じような気がします。

絞り開放にして、ガッツリ浮かせてあげました~v^^

この時は、さすがに三脚を持って出ておりました。実際は、かなり暗かったので、ISO400~800、絞りF1.8開放で、SSは1秒前後でした。少し風があったので、あまりSSを伸ばしたくなかったのです。一方で、ISOを1600以上にしてしまうと、この綿毛の繊細さが損なわれてしまうような気がして、こんな条件にしてみました。

気温は-5℃と、とても寒かったのですが、気分だけでも秋っぽく寒くなり過ぎないように・・・と思いまして、若干暖色系の色を着色してみました。

 ん~・・・でも、なんだか余計に寂しい雰囲気になってしまいましたね~^^;

ま、海外単身赴任でシングルベルを鳴らしている中年にはぴったりの雰囲気なのでございます~(爆)!


冬枯れの季節???

いよいよ明日はクリスマス!

とは言うものの、毎年この時期にクリスマスらしいお写真をご紹介したことがございません^^;

因みに去年がこんな感じ→リンク

一昨年は・・・韓国におりましたね~^^; これまたクリスマスとは無関係→リンク

そして、今年のクリスマスイブにも・・・やはりクリスマスとは無縁なお写真をご紹介することとなりました~^^;

枯れモノふぇちですので・・・お許しを~♪v^^

PENTAX MX_2376-4

冬枯れの季節???

冬枯れの季節???

こちらのお写真を見れば・・・見紛うことなく冬のお便りのように見えます。

・・・実は、これ、7月末に撮影したものです^^;;;

これらも36枚撮りのフィルムに入っていたものです。しっかりとプチタイムカプセルに入っておりました~。

FA77mm Limitedの妖しいボケと、枯れた薔薇に蜘蛛の巣という妖しい被写体のなせる技でございました~^^;;;


秋の日差しを楽しんで

12月の韓国はとにかく寒いです!

風が吹くと、一瞬でカチ~ンとなりそうになります^^;

11月の日差しが恋しいのでございます。

11月の始め、秋晴れの日に定点撮影ポイント巡りを致しました。

こちらの赤錆鉄扉さんも、秋の日差しを楽しんでらっしゃいました~♪

MAMIYA C330_2399_R

MAMIYA-SEKOR 105m F3.5 DS

MAMIYA C330_2394_R

MAMIYA-SEKOR 105m F3.5 DS

MAMIYA C330_2393_R

MAMIYA-SEKOR 55m F4.5

秋の日差しを楽しんで

秋の日差しを楽しんで (MAMIYA-SEKOR 105m F3.5 DS)

鉄扉: おい、そこのニッポン人!

ススキの樹: え?私ですか?^^;

鉄扉: 当たり前だろ!ここにニッポン人は、おめーさんしかいねーだろ!

ススキの樹: あはは、そうでした・・・^^;;;

鉄扉: おめーさん、韓国の冬は始めてかい?

ススキの樹: ええ~、まあ~。前に2週間ほど年末~年始にかけていたことがあります・・・。

鉄扉: おお~、そうか。なら知ってるかもしれんが、韓国の冬は寒いぞ~!

ススキの樹: ええ~、そうですよね~^^; 今から恐いです~^^;;;

鉄扉: 何を甘えた事をいっとるんじゃ!これだから、甘ちゃんは困る!

ススキの樹: はあ~、すみません~^^;

葦: そうだぞ~!寒いんだぞ~!俺なんか、立ったまま凍っちゃって、風が吹いてもたなびけなくなるんだぞ~!

ススキの樹: え?そんなにですかー?!

葦: ああ、そうさ!なんなら、冬に見に来いさ!

鉄扉: おいおい、葦。大げさなことは言っちゃいかんよ(笑)。あいつ、もう冬には外に出なくなるぞ~。

ススキの樹: あはは~・・・そうしようかな~^^;;;

鉄扉: おい、お前!ちゃんと冬も、ここに撮りに来いよ!約束だぞ! もし来なかったら、とっ捕まえてこの扉の中に閉じ込めてやるからな!!!

ススキの樹: ヒエ~・・・あ、はい!分かりました~。がんばります~!^^;;;

 

な~んていう、会話をしたとかしなかったとか・・・。

でも、来なかったら閉じ込めるって・・・どうやってやるんだろう~?^^;;;

さあ、ススキの樹は冬にまたここにやってくることはできるのでしょうか~?!

(どうしてススキの樹なんだって?それは・・・皐月の樹が行くかどうかは分からないからなのでございます~^^;;;

行かなかったら、ススキの樹のせいにしてしまえ~!・・・だははは~^^;;;)

 

※この鉄扉さんと葦さんのしゃべり方が若干越後なまりなのは、通訳者のせいでございます~^^;


冬枯れ進む公園

既にどっぷり冬でございますが・・・

今日ご紹介するお写真を撮ったのは、11月の半ば過ぎで、まだ晩秋という言葉が当てはまる季節でございました~(汗)。

 

ということで、気を取り直しまして・・・^^;

晩秋ともなりますと、午後3時過ぎにはどんどん気温が下がってまいりますね~。

日差しが合っても、風が出てきて、身震いしてしまいます。

Rolleiflex T_2413_R

Rolleiflex T_2412_R

冬枯れ進む公園

冬枯れ進む公園

こちら、私の住んでいるアパートの直ぐ目の前にある小さな公園でございます。

ベンチが並んでいるのですが、誰も座っておりませんでした。寒すぎて、座っていられないのでございます~^^;

因みに、今はもう雪で覆われて白い景色となっております~!

この日は、午前中からRolleiflex Tを持って街の方にスナップに行っておりました。帰ってきて、まだ3カット分残っておりましたので、こちらで消費しました。

西日を浴びて、大きな西洋楓(?)の葉っぱとススキが輝いていて、フォトジェニックだったのでございます。

この時は・・・がんばってススキを主役にしないよう努めました~^^;

皐月の樹・・・必死でススキの樹を抑制しておったのでございます~!

あ~苦しかったぁ~^^;;;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。