PENTAX 67_4111-2_R

2015年1月

The Power of the Sunshine

2015年1月31日DA★55mmF1.4 SDM,K-5

ビルの谷間に届く朝日はスリットを通されたかの如く細くなるのですが・・・

それでも太陽の力は偉大ですね。

氷点下の朝であっても、前夜に降り積もったばかりの雪も、徐々に溶かされて行くのでございます。

日向と日陰の差、日の出から1~2時間後には顕著になりますね~。雪の解け方がまるで違うんです。気温は氷点下のまま、変わりは無いはずなのに・・・。

実に興味深いのでございます。

K5_65243_R

K5_65244_R

K5_65241_R

朝日の力

朝日の力

太陽の光を受ける雪や氷は、実にフォトジェニックでございます。

しかしながら、露出は迷いますね~。

私の場合・・・

☆一面雪景色: この時は、標準露出から1.5~2段上げます。フィルムの場合、+2段で無問題と思います。

☆建物と雪が混在: 今日のお写真のような場合ですが、標準露出から0.5段下げでした。フィルムの場合、標準で無問題と思います。

という感じです。

でも、デジタルで一度撮影して白飛び確認は欠かせません^^;

太陽の角度によって、雪面への光の反射具合が変わるからですね~。

降りたての雪は、比較的光が平均的に散乱してますので、マイルドな感じで。一度解けて固まった雪は厄介です。ある角度で、全反射に近い形で太陽光を反射させます。

雪の状態も考慮に入れながら、露出を決めると尚適正露出を得られると思います~♪


ゆっくり目覚める冬の朝

2015年1月30日DA★55mmF1.4 SDM,K-5

寒い冬の朝、布団から出るのがつらい時期でございます・・・

私は、出来るだけあったかい布団の中にいたい派です^^;

ゆっくりと目覚めて、意を決して布団を飛び出しヒーターを付けて、またすぐさまあったかい布団に潜り込む・・・

そして、部屋が暖まるのを待つ、至極の10分間♪

枕元にリモコン置いておけば?という声は、聞かなかったことにして・・・^^;;;

こちらのショップの小物さん達も、冬の朝はゆっくりしたいようです。

K5_65257_R

K5_65255_R

K5_65263_R

ゆっくり目覚める冬の朝

ゆっくり目覚める冬の朝

向かいの通りは、真っ白い雪に覆われております。

寒い冬の朝です。

反射した光が、徐々にこちらの店にも届き始めました。

開店前の子供洋品店の店先で、あくびをしながら徐々に目覚めていく小物さんたちを眺めておりました。

こういうお洒落な小物類・・・未だにどうやって切り取ればいいのか良く分からないんでございます^^;

あ~でもない、こ~でもない、と頭を傾げながらファインダーを覗くのでありました~^^;;;


寒がり屋のSnow man♪

「まったく、こんな寒い朝に 外で遊んでいるやつの気が知れない!」

「お家の中は、ぽかぽか、あったかでいいな~♪」

おやおや、こんなところに寒がり屋さんが・・・。

ん?でも、君は~・・・寒がりなのかい?

 

寒がり屋のSnow Man♪

寒がり屋のSnow Man♪

冬の日差しが差し込む、大きな窓ガラスの向こう側に、あったかそうな格好をしている雪だるまを発見です。

窓の外の低木には、花のように見えますが、僅かに雪が積もっておりました。

 実はここ、あるカフェなんです。

そのカフェの看板に惹かれてやって来た・・・というわけなのです。

Rolleiflex T_2573_R

Cafe 魔女の庭

それが、こちらの看板です。

箒に乗った魔女さんと黒い猫・・・

ん~、どこかで見たような~^^;;;

この看板に書かれているハングルを読みますと・・・マニョゥエ ジョンウォン、直訳しますと「魔女の庭」となります。

「・・・宅急便」じゃなくて、良かった~^^;;;

あ、ちなみにこの文字は、左右反対になっております。看板の裏側から眺めていることになります。

遠くに霞んで見えますのは、ペンタポートです。

はい、ここも私のアパートから徒歩10分圏内です^^;

丁度、この雪だるまさんを撮影している最中に、このお店のオーナーさんと思しき女性に声を掛けられました。

最初は、「何を撮っているの?」と、少し怪訝そうなお顔をされていて・・・。

で、私が「あ、あのSnow Manを・・・」と、ローライを見せながら言いました。すかさず「写真はだめですか?」と聞くと・・・。

「あ~、雪だるま~♪」と言って、ニコッと微笑んで下さいました。

ローライを見て、カメラマンですか?と聞かれました。いえいえ、趣味です。などと会話をしておりました。

私が日本人だと言うことが分かると、更に・・・「家には美味しい日本のコーヒーも置いているから、是非来てください」と。

おお~、ラッキー♪

まだ、さすがに開店前の早朝でしたので、今度時間を見て、ゆっくりコーヒーでも飲みに来ようと思います。その時は、店内も撮らせてもらおうかな~。

やはり、ローライフレックスの力、絶大なり~♪


凍る店先

Rolleiflex T_2565_R

凍る店先

凍る店先

氷点下の朝日を浴びるCafeの入口です。

 とても天気の良い朝でした。

空に雲は無く、太陽の光が眩しかったです。

でも、とても寒かったのです。

店先の足元には、うっすらと雪が残り、庇には小さなツララがぶら下がっておりました。

キーンと冷えた空気が、辺りを包んでおりました。

そんな冬の朝の空気を写してみたくなりました。

ポストプロセスは、この冬何かとお世話になっております、「藍影雪影」でございます~。

雪は殆ど入ってませんが・・・^^;

寒さを表現するには、丁度良い色合いだと思うのでございます~♪


大人の時間♪

しばらく12月のお写真が続いておりますので、今日は一昨晩撮影したものをお届けしたいと思います~♪
例によりまして、先週から夜勤週間に入っております。

その為、Vampireの生活なのでございます~^^;

12月はとても寒い日が続いていたのですが、どういうわけか1月に入ってから気温が上がってきております。

一昨日は、季節はずれの雨が降りました。

冬将軍・・・12月にがんばり過ぎてちょっと疲れが出てしまっておりますかね~?^^;

 

さて、夜の撮影は、光を探す事から始まりますが、雨の日は意外に光が多いことに気付きます。

路面が濡れて、街の明かりを反射するからですね~♪

夜は雨の方が、気分が明るくなり、楽しくなって来るのでございますv^^

そんな季節はずれの雨が降った、冬の夜に・・・ちょっと大人なシーンを見つけて、スナップしてみました~♪

K5_65841_R

K5_65862_R

K5_65832_R

K5_65785_R

大人の時間♪

私がこちらで滞在しておりますアパートの近くに、欧風な建物が並ぶ街角があります。こちらのブログでもちょくちょくご紹介している場所ですね~。作為的に、ドイツ車を選んで、無国籍な雰囲気を出してみました~^^;

この時は、ぷらな~1.4/85の1本勝負で参りました。

DSLRで人物スナップをするつもりでしたので、長めのレンズを選択です。

1、2枚目のカップルは同じ人たちです。入る店を探して、一周しておられました。私にとっては、とてもありがたいんでございます♪

最後の女性は、彼氏待ちでした。

実は、この彼女、ここを行ったり来たりしてらっしゃったんです。つまり、シャッターチャンスは何度もございました♪

お陰で、彼氏入りなど含めて40カット以上撮らせて頂きました~^^;

これは、その中の一番お気に入りです~♪

この日は、神様が少しご褒美を下さったようです~。ラッキーでした~!


雪のふしぎ

なんだか小学校の理科の教科書に出てくるようなタイトルになってしまいました・・・^^;

雪っていうのは・・・

もちろん、そんな話をするつもりではないのでございます~。

私・・・何を隠そう!雪景色が大好きなのです(って、もうご存知ですよね^^;)!

普段は目も向けないようなシーンでも、雪が積もっただけで、妙にフォトジェニックに見えてしまうのです。

これは越後にいる時も、韓国でも変わらないのだな~と、今回実感いたしました。

PENTAX MX_2536_R

普段だったら目もくれない、ただの植木・・・なぜだか撮ってしまうの図1.^^;

PENTAX MX_2537_R

普段だったら目もくれない、ただの植木・・・なぜだか撮ってしまうの図2.^^;

PENTAX MX_2538_R

普段だったら目もくれない、ただの植木・・・なぜだか撮ってしまうの図3.^^;

PENTAX MX_2539_R

普段だったら目もくれない、ただの植木&ビル・・・なぜだか撮ってしまうの図4.^^;;;

う~ん、こんなに撮らされてしまいました。

雪って、ふしぎです・・・^^;;;

そしてポストプロセスは、今シーズン嵌りつつある、「藍影雪景」です♪

この色味、デジタルでもご紹介したのですが、やっぱりモノクロフィルムが一番合うように思います~v^^


霞む湖面に映る影

2015年1月25日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

つい先日、Rolleiflex Tで撮影しました早朝の池のお写真ですが、ここに改めてレポートしたいと思います!

その前日は夜まで雪が降っていたのですが、午前3時過ぎには空に星が出ていることに気付きました。

おっ、晴れた♪

スマートフォンで天気予報をチェックしてみますと、晴れとなっております。

最低気温は~・・・-9℃!@o@

実際は、-7℃くらいだったと思います。

その日は夜勤で、朝6時ごろアパートに戻りました。

しばらくあったかいコーヒーを飲みながら休憩した後、上着の下にもう一枚服を着込んで、カメラを準備して、出かけました。

K5_65172_R

現場到着は7時頃だったと思います。

東の空が明らんでまいりました。

K5_65171_R

K5_65175_R

池には靄が立ち、明るくなってきた空の光を受けて、実に幻想的でございました。

K-5で撮影しては、その条件を確認しながらローライの撮影に反映していく・・・。そんなことを繰り返しておりました。

私のローライには、セレン式の露出計が付いておりますが、さすがに夜明け前の暗さでは役にたちません。

しかしながら、この時間帯、刻一刻と明るさが変わっていきます。数十秒前とでは1段くらい変わってしまいます。

大慌て~^^;

K5_65177_R

明るくなってきた~・・・と思ったら、靄もどんどん流されて、消えていきそうな感じでした。

本当にフォトジェニックな瞬間は、一瞬なのですよね~。

今回は、露出やら絞り具合やら試しながらやっておりましたが、まともに撮れたのは殆どありませんでした。

これは、リベンジをしなければ~!

 

さて、この場所ですが・・・

K5_65182_R

ん?・・・なにやら見覚えのある建設中の高層アパート群。

見上げてみますと・・・

K5_65187_R

おお~、ペンタポート!

この建設中のビル・・・実は以前も登場したことがございます。モノクロの、ハードボイルドなススキの時です~^^;

ここは、私のアパートから徒歩で7分ほどの場所にある、池でございます。KTX天安牙山駅の西側になります。

池と言っても、元々は小さな川だったのかな~?と思います。それを堰き止めて貯水池にしたようです。

この池・・・やはり街のど真ん中にあるだけあって、それほど綺麗ではございません^^;

日中、明るいときにカメラを持って参りましたが、一枚も撮影することはございませんでした~^^;;;

でも、日の出前の薄暗い時間帯であれば、撮ろうかな~?という気持ちにさせてくれるのでございます。

池の水も、それほど綺麗ではないんです。若干、妙な匂いがするところもございますし・・・^^;

ただ!

驚くべきことに、カワセミがおりました!

鴨も数羽、おりました。

つまり、魚がいるのでしょうね~。

今度、また条件が整いましたら、早朝に訪れてみようと思います。


憂鬱なクリスマスツリー

ビルの谷間に訪れる朝は、遅いです。

真冬ともなりますと尚更ですね。

こちらの通りにも、ようやく光が差し込み始めておりました。12月の半ば過ぎのある日、朝9時をまわった頃でした。

Rolleiflex T_2568_R

こちらは、私のアパートから徒歩5分くらいで来れる、欧風な建物が並ぶ無国籍な雰囲気の通りです。以前も何度かご紹介しておりました

ここにある、子供服専門店らしきお店の前で、目に止まるものがありました。

Rolleiflex T_2567_R

クリスマスツリーです。

普段は、あまりこういうものを撮らないのですが・・・^^;

なにやらこのツリーさんが気落ちしているようなので、立ち止まってみました。

「おじさん、僕を撮っているの?」

「うん、そうだよ♪」

「ふ~ん、そっか~・・・はぁ~」

「ん?どうしたんだい、ため息なんかついて」

「なかなか日が差してこないな~と思って。それに、あんなのが建つと、もっと遅くなるよ~・・・」

憂鬱なクリスマスツリー

憂鬱なクリスマスツリー

なるほど、このツリーが眺めながらため息をついていたのは、あの建設中のビルですね。

「そうだね~、あれが完成すると、また少し影が増えるね。」

「はぁ~・・・」

「まあ、まあ、元気出しなよ!」

 

季節はずれのクリスマスツリーですが、実はこれを撮影したのは12月の半ばなのでございます~^^;

だったら、もっと早く出せ!

確信犯的に去年のクリスマスイブの1ヵ月後に出す辺り・・・皐月の樹、天邪鬼でございます~^^;

まあ、このタイトル、この内容ですので、世間が幸せ気分真っ只中の時に出すのも、どうかな~?と思った次第でございます~^^;;;


冷えるほど沸き立つ水面

グッと冷え込んだ夜明け前、池や湖に行きますと湖面から水蒸気がどんどん沸き立っている様子を眺めることが出来ます。

空気中の気温が下がり、湖面の温度の方が高くなるために見られる現象ですね~。

この日の朝も寒くて、気温は-7℃・・・。空には星が見えます。おまけに前日の昼間は良く晴れて、比較的暖かかったので、空気中の湿度も高めとみました。

よし!行こう!

ということで、近くの小さな池に行ってまいりました。

Rolleiflex T_2562_R

Rolleiflex T_2563_R

冷えるほど沸き立つ水面

冷えるほど沸き立つ水面

夜明け前からスタンバイして、撮り始めました。

とにかく寒かったです~^^;

そんな中でも、完全メカニカルのRolleiflex Tは無問題♪

仕上がったネガを見る限り、シャッターの粘りなどもなさそうです。良かった~v^^

レンズシャッターの場合、グリスなどが回り込んでいると、特に極低音下で動作が鈍くなります。普段は確認できません。こういう時にようやく確認できるんですよね~。

水面に沸き立つ靄が、風に流されて美しかったんです。

太陽が出てきますと、その光景は、実にフォトジェニックです。

しかしながら、1、2枚目はちょっと条件を見誤りました。F11で撮ったのですが、もっと絞ればよかったです。靄の流れがいまいち表現出来ておりません~^^;

1枚目の露出は、ネオパン・アクロスをISO100で撮っておりました。F11でSSは8秒でした。F22まで絞れば、SSは32秒。これは面白いのが撮れたかも~^^; 更に、ADOX CMS20 Ⅱを詰めれば、170秒以上の露光ができるかも~♪

次への課題でございます。

この場所につきましては、また後日改めてデジタルの方でレポートしたいと思います!

 

さて、ポストプロセスですが、今年に入って既にデジタルでは何度かご紹介いたしました、「冬の光」でございます。

もともとこのプリセットは、B&Wフィルム用に調合したものでした。

ですので、今日は本来のB&Wフィルムへの適応でございます。

なんとなく、冬の情景を表現してくれるような気がするので、ございます~♪


迫る冬・・・逃げる秋

え~・・・チラッ

まだ、秋のお写真・・・出してもよろしかったでしょうか~?^^;

ず~っと、寒々しい雪景色ばかりが続いておりましたので、ここらで気分転換にちょっと暖かな秋のお写真をご紹介しようと思います~^^;

あ・・・蔵出し、とも言いますかね?^^;;;

PENTAX MX_2524_R

Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

PENTAX MX_2527_R

Carl Zeiss Planar T* 1.4/85

迫る冬・・・逃げる秋

迫る冬・・・逃げる秋 (FA31mm Limited)

韓国の景色ばかり見ておりますと、時折越後の雪山を見たくなるのでございます~^^;

ということで、ボツ山から探し出してきました~♪

11月の半ばに一時帰国した際に、越後駒ケ岳を訪れた際のお写真です。

36枚撮りフィルムで撮ったのですが、フィルム詰めて最初の3枚がこれでした・・・例によってプチタイムカプセルに入っておったのでございます~。それで、ご紹介する機会を逸してしまい、ボツ山に紛れ込んでおりました。

私の気まぐれで、なんとか敗者復活してまいりました~^^;

2枚目の木、楓のようなのですが、とても綺麗に色付いておりました。背景の冠雪した駒ケ岳の白と相まって、とても美しかったのでございます~・・・って、モノクロフィルムでまったくその色が再現できておりませんが^^;

なんだか、今日のエントリーは汗ばかりかいております^^;;;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。