PENTAX 67_4111-2_R

Kiev88C & PENTAX67 REVIEW2014♪

ス: 昨日、一昨日と、2014年新規導入の機材でのお写真をご紹介してまいりました。

  その年一年間に撮影した写真を振り返って、反省しよう~!というこの企画、今年は4つのテーマに分けてお届けしております。

  本日も、私 ススキの樹と、お馴染み皐月の樹さんでお届けしてまいります♪

  さて第3回目となります、本日の一年の締めくくりシリーズは、古株・・・と言っても一昨年2013年に導入の機材でのお写真を一挙ご紹介いたします。

  その2台のカメラとは?!

  はい、Kiev88CとPENTAX67でございますね~!

  皐月さん、この2台にはどういった思い入れがございますか?

さ: はい、まずPENTAX 67は、私にとって一番重要と言って良いカメラです。最初に手にした中判銀塩機であり、中判カメラの楽しさとフィルムの面白さを教えてくれた1台です。

ス: なるほど~!で、Kiev88Cのほうは?

さ: はい、こちらも、同様にとても大切なカメラです。尊敬する、巨匠 黒顔羊さんから譲り受けました、大切なカメラです。そして、6×6の独特な世界観を教えてくれたカメラでもあります。実を言いますと、PENTAX 67も黒顔羊さんから勧められて購入したんです。本当に感謝しております~♪

(天の声: おお~、意外に普通に入ったね~。お互い、昨日のいざこざは水に流したのかね~?まあ、ゆっくり見てみるとしよう~♪)

ス: そうですか~。どちらも黒顔羊さんの影響を多分に受けてらっしゃると言うことですね~!

さ: はい!その通りです~!

ス: それでは、まずはこちらの方から参りたいと思います~!Kiev88C レヴュー2014~!

 Kiev88C_1221-2_R

Kiev88C_1220-2_R

Kiev88C_1563-2_R

Kiev88C_1201-2_R

Kiev88C_1463-2_R

Kiev88C_1462-2_R

Kiev88C_1461-2_R

Kiev88C_1465-2_R

 

ス: いずれも厳しい越後の冬の景色ですね~。

さ: そうですね~。実は、昨日ご紹介しましたMAMIYA Cを入手してから、めっきりKiev88Cの出番が減ってしまったのです。しかも、韓国赴任に当たりまして、日本に置いて来ましたので・・・。

ス: そうなんですね~。で、いかがですか、皐月さん?

さ: 今日ご紹介したお写真は全て、Arsat C 80mmF2.8というレンズで撮影したものです。

  改めて見返してみますと、このレンズの魅力を再確認いたしますね。とても臨場感のある、いい描写をしてくれます。

ス: なるほど~。

さ: このレンズの、光の捉え方、独特ですね~。引き込まれます。ロシアン・ぷらな~と呼ばれるのがとても良く分かるんでございます。

  もっとこのカメラとレンズを使いたいな~、と改めて実感いたしました!

ス: ほ~・・・。では、それは2015年の課題ですね~♪

  はい、続きましては、「バケペン」ことPENTAX 67で撮影したお写真に参りたいと思います!

 

PENTAX67_1232-2_R

PENTAX 67_1552-2_R

PENTAX67_1662-2_R

PENTAX67_2055-2_R

PENTAX 67_2253-2_R

PENTAX67_2342-2_R

PENTAX67_2348-2_R

PENTAX 67_2479-2_R

 ス: おお~、こちらは冬から晩秋にかけての、約1年を通してのお写真ですね~。

さ: はい、そうですね~。バケペンは、1年を通して、コンスタントに使っております。まず、6×7というフォーマットは私の機材の中ではこのカメラだけと言うのがひとつの理由でしょうね~。そして、45mmの広角と、105mm/2.4というボケを楽しめるレンズが、それぞれ唯一無二といった感じですので、使いたくなったのだと思います。

  実は、韓国への赴任に際しまして、このカメラは日本に置いてきました。ただ、何度か一時帰国という形で日本に帰っておりましたので、その際にこれを持ち出しては、越後の風景を撮っておりました。その為、1年を通しての写真が揃いましたね。

ス: なるほど~、そういうことなんですね~。

  やはり、このカメラが一番お気に入りということですね~♪

さ: ははは~、はい!そうですね~^^;

ス: さて、これまでKiev88Cとバケペンと見返してみて、いかがですか?反省点などございますか?

さ: はい、沢山ありますね~!数え上げたらキリが無いくらいです(汗)!

  Kiev88Cの方は、とにかくもっと使いたいと思いますね~。そして、6×6のフォーマットをもっと生かした写真を撮りたいと思います。

  バケペンの方は、レンズの力に任せた写真ばかりで、いわゆる「撮らされた」写真ばかりですので、もっと撮るんだ!という画作りを心がけたいですね~。

ス: なるほど~!ではそれは、2015年への課題ですね。

さ: はい、そうです。この2台のカメラは、日本に置いて来ましたので、使用する頻度は限られてしまいますが、一時帰国の際には必ずこの2台を持ち出して、遊びたいと思います♪

ス: いや~、今日もありがとうございました。

  私は、とにかく、今日は最後に2枚もススキのお写真を拝見できたので、とても良かったです~(もっとススキ出せよ!)!

さ: は・・・ははは。そうですか~、ススキ・・・ね~(おめーは、ススキしか見てねーのか?!)。

(天の声: おやおや、やっぱり、心の中では穏やかじゃありませんね~(笑))

ス: それでは、皆さん。いよいよ明日が最後となります。

  いよいよ、皆さんお待ちかねの・・・アレが来ますよ~!ね、皐月さん?!

さ: ははは・・・あ~、アレね。そうですね。

ス: それでは皆さん、ごきげんよう~。さようなら~。

さ: ・・・(やっぱり今日も挨拶なしかよ!)

 

・・・^^;;;


8件のコメント

  1. gucci より:

    やはり皐月の樹さんの写す雪景色は、とても魅力的ですね(^^)
    そしてまたもや日本庭園と和服が来ていますが、こちらの広角でも立体感のある描写、痺れます(^^)p
    しかし、ホント、同じ場所を色々なカメラで撮影しますね~
    ズボラな私なんぞには真似出来ない芸当です^^;

    • 皐月の樹 より:

      gucciさん
      おはようございます!
      雪景色・・・ありがとうございます~^^;
      冬はこれしか見れない・・・というのもあるのですが、私も雪景色が一番好きでございます^o^
      雪で余計なものが覆われてくれるので、自然と引き算になるのでしょうね~。被写体としてはもってこいかとv^^
      バケペンの45mm、やっぱり凄いんですよね~。
      換算22mmくらいの広角ですが、歪が少なく標準の様な印象を与えてくれます。その上で視野角が広いのでびっくりですね!この時、確か絞り開放で撮ってます。遠め(門辺り)を焦点位置にしておりますので、全体的にシャープなイメージは残るんですよね~。凄いレンズです^^;
      毎度カメラは、APS-Cデジと135、6×6か6×7は必ず持っていっておりますね^^;
      基本、貧乏性なのでございます^^; もし、とんでもないシーンに出会ったら、あの時何でカメラを持ってなかったんだ~!と後悔するのが嫌で、とりあえず持っていく感じですね^^;;;

  2. 黒顔羊 より:

    わはは、ばけぺん♪(^^)
    思えばここから始まったんだよねえ。
    デジタルのK5IIとどちらにしようか悩んでいた時に、ささやいてしまいましたよ。
    フィルムでとるのは今が最後のチャンス、とね。(^_^;)
    将来、孫に尊敬されるぞ、ともささやいたかも。
    でも、今となれば、よくぞその悪魔のささやきに乗ってくれた、と思っております。(^o^)v
    キエフ88、これも良いカメラですよねえ、ちーと重いけど。
    帰国した時には、使い倒してやりましょうー。(^o^)/

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      おはようございます~!
      はい、しっかりその囁きに乗ってしまった私ですv^^
      そして、あっという間にどっぷりです^^;
      でも、仰るとおりで、フィルムは今しかない!・・・んですよね~。
      ある意味悲しいのですが、延命はできたとしても去り行く運命は変わりないと思うんです。
      ですので、今フィルムを手にできる幸せをひしひしと感じております。
      それゆえ、黒顔羊さんには、とても感謝しております!^o^/
      孫に尊敬されるか?・・・はたまたバカにされるか?^^;・・・分かりませんが、フィルムの供給が続く限り使い続けたいと思います!
      Kiev88C、いいカメラです♪
      本家のハッセルは使ったことが無いので分かりませんが、お作法もそれほど複雑ではないですし、SS1/1000が稼げるのもとてもありがたいですv^^ Arsat C80mmはとっても艶のある描写をするいいレンズですし~!
      もっと使ってあげなきゃ~^^;
      実は、そろそろフレクトゴンに触手を伸ばそうか・・・?とも思い始めております~^^;;;

  3. yamaboushi53 より:

    越後の冬の景色、心を打たれました。新潟県は雪が多いとは聞いていましたが、本当に
    凄いですね。樹木に積もった雪、唄の題名ではありませんが、まさしく「雪の華」のよ
    うです。また、浜辺・日本海の海・陸にあげられた小舟の写真を見ていると、冬の厳し
    さが直に伝わってきます。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      越後の冬景色、お気に召して頂けましたでしょうか?^^;
      はい、雪だけはたくさんありますね~^^;
      でも、お陰で一年を通して水があり、お米も美味しく育ってくれるので、感謝感謝です♪
      逆に雪が少ない年は、農家の方も心配そうに山を見ておられますよ。
      雪の華・・・そうです、そうなんです!雪が降った直後の晴れた早朝なんかは、あまりの美しさに写真を撮るのも忘れてしまいます^^;
      厳しいが故に美しさを強く感じるのかも知れませんね~^^;

  4. film-gasoline より:

    あはは~、今日もワロタ(^^)v
    これぞ日本の風景、昔見たNHKの「新日本紀行」を思い出すような風情あるお写真の数々、あらためて感心させられました~(^^)v
    そういえば最近キエフのお写真を見なくなりましたね~^^;
    カメラが増えると、どうしてもそうなるんですよね^^;
    わたしの135カメラなんかフィルムが入ったままで、またもタイムカプセル化してます^^;

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      あはは~♪ お楽しみいただけました?^^;
      ありがとうございます^^;
      新日本紀行・・・私も好きな番組でしたv^^ 
      同じことを韓国でもやろうと思っているのですが、まだなかなかイメージどおりのロケーションを探しきれて降りません^^; まあ、まだ先は長いので、じっくり参ります~。
      キエフ・・・そうなんですよ~^^;
      今度帰国したら、目いっぱい使ってこようと思いますv^^
      タイムカプセル・・・135判ってそういう運命にありますよね~^^;;;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。