PENTAX 67_4111-2_R

2015年1月14日

藍色の世界

晴天下の雪景色では、空の青さを反映してか、雪面に落ちる影は深い青色・・・どちらかと言いますと、藍色のように見えます。

そう致しますと、見るもの全てが青っぽく見えてくるのでございます。

私、その藍色に染まる雪景色が大好きなんでございます。

この日は、生憎の曇り空でしたが、持って出たカメラはPENTAX MX・・・。そして詰めたフィルムはNEOPAN 100 ACROS・・・。

B&Wフィルムですので、どっちにしろ藍色の世界は写らないのでございます~(笑)!

そこで、ポストプロセスで、好き勝手に仕上げてみました~!

PENTAX MX_2544_R

PENTAX MX_2545_R

PENTAX MX_2540_R

PENTAX MX_2541_R

PENTAX MX_2546_R

藍色の世界

LR4で、擬似藍色の世界を作ってみました~^^;

露出高めのコントラスト高め、明瞭度は若干(20)右寄せにしまして、ビネットはガッツリ♪

そして、ハイライトに薄く水色を入れ、シャドーには濃く青を入れております。

「藍影雪景」と名付けてプリセットを作りました。

この冬の雪景色は、このプリセットで遊んでみよう~♪

 

因みに、これらのお写真を撮影したのは12月の前半でして・・・(汗)。

今は見る影も無く・・・雪がまったくございません~トホホ。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。