PENTAX 67_4111-2_R

2015年1月15日

雪山トレッキングのススメ

今シーズンも、12月に越後では大雪だったようです。

山間部では軽く3mを超えたそうです・・・。

越後の山では、あまりに雪が深くてトレッキングどころではないのですが・・・^^;

下手をすると、遭難します^^;;;

一方、今私がおります韓国 牙山市では、雪は確かに降るのですが、その量は少なくて積雪も5cm程度です。これくらいであれば、トレッキングに行こうか♪ という気分になります。私は、こちらにローカットのトレッキングシューズを持ってきておりますが、これでも十分歩けるのです。

ということで、12月のある日、雪が降った翌朝に近くの小高い山に向かってみました。

PENTAX MX_2552_R

 

 

PENTAX MX_2553_R

PENTAX MX_2554_R

PENTAX MX_2561_R

PENTAX MX_2560_R

雪山トレッキングのススメ

この小高い山は、私のアパートから歩いて5分程のところにございます。とっても近いんです♪

近付いて行って気付いたのですが、遊歩道がございました。

これは行かねば!

と言うことで、写真を撮りながらえっちらおっちら登って行きました。

前夜に降った雪が周囲を白に変えておりました。

ススキも、ベンチも、遊歩道も・・・全部真っ白♪ とても気持ちが良いのでございます。

そのまま歩いていきますと、最高地点に達したと思われ、だんだん下り始めました。

ん~、そろそろ戻るかな~♪ と言うことで、来た道をまたゆっくり戻って行こうとしたのですが、下りになったとたん、足元すくわれるすくわれる!つるんつるんなので、ございます。上るときにはそれほど気付かなかったのですが・・・。

実はこの遊歩道、近くの方が早朝散歩を楽しまれておりました。結構年配の方が多かったように思います。

でも、その方々の足取りは、上りも下りも変わらず軽快なのです。

ん~、なぜ滑らないんだろう~?と思って、その方々の足元を拝見。すると・・・

なるほど~!アイゼンを履いてらっしゃったのです!

韓国の山ではこれが必須なのか~!と思った次第です。

越後の雪山は、雪が深いため長靴が必須です。私はスパイクの入った長靴を愛用しております。

残念ながら、こちらにはそれは持ってきておりませんでした。まあ、必要ないだろうと思っておりました。

ん~、これはアイゼンを調達しなければ!・・・と言うことで、早速その日のうちに最寄のアウトドアショップに行ってきたのでございます~v^^

K5_65118_R

K5_65121_R

K5_65288_R

 

こちらがそのアイゼンです。

韓国のメーカーのもので、5000円ほどでした。

ステンレス製のスパイクが、同じくステンレス製のチェーンで繋がれております。それがゴム製のバンドに取り付けられています。

愛用のMERRELLのトレッキングシューズに装着してみました。全体的に少し拘束感がありますが、痛いところなどはなさそうです。

K5_65289_R

アイゼン入手~♪

アイゼン入手~♪

そしてこちらは、12月半ばに新たに入手したブーツと共に。トレッキングシューズと同じくMERRELLです♪

型落ち(おそらく2年くらい?)ですが、その分格安だったので~^^;

歩くだけなら、トレッキングシューズでも良かったのですが、防寒と雪が深くなった時の事を想定して、導入しました。

これで、ツルツルの雪山の遊歩道も安心ですv^^

万全の体制~!

・・・と思ったら、その後雪が降らず・・・^^;

おまけに、雨が降って雪は解け、その後急激に冷えて氷と化し、今では氷の世界になってしまいました。

はて、次に雪が降るのはいつになることやら・・・^^; (12月19日現在)


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。