PENTAX 67_4111-2_R

2015年3月17日

春光溢れる小川の辺

3月に入りまして、日差しは益々暖かくなってきております。

ある晴れた日曜日、久々に自転車に乗って撮影に出かけました。

最近は、朝夕の撮影が多かったのですが、この日は昼前の出発でした。

苦手なトップライトでの撮影です~^^;

いつもの通り、定点撮影ポイントでも見に行くかな~♪ と自転車を走らせておりました。

いつもの川沿いをのんびりと走っておりますと、妙に気になるシーンが目に飛び込んでまいりました。

ちょっと行き過ぎて・・・思い直して戻りました。

今日ご紹介しますのは、そんな光景です。

K5_67031-2_R

K5_67033-2_R

K5_67045-2_R

春光溢れる小川の辺

春光溢れる小川の辺

 

 

 

今回のシリーズの核は、「転」のお写真となる3枚目です。

そして、これが私が妙に気になった光景です。

この小川が増水すると、ここまで水かさが増すのだと思います。

草やら小枝やら、ゴミやら・・・あらゆるものが引っかかっておりました。

恐らく去年の秋ごろからこの状態なのだと思います。冬の間は、増水することはございませんから・・・。

それにしても、タイトルとは掛け離れた光景・・・お写真で恐縮です^^;

こんなシーンが写欲をそそると言う時点で、私の頭の回路がおかしいのは言うまでもございませんね~^^;

しかしこの「転」のお写真、悩みました~^^;

春光を浴びる姿に、妙な美しさを感じたのですが、どうやったらそれが表現できるかな~?と悩みまくりました。

まあ結局、あるがまま・・・という切り取りに落ち着きました^^;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。