PENTAX 67_4111-2_R

魅惑の扉

さて、ようやくこの日の目的地・・・定点撮影ポイントに到着いたしました。

この日の自転車お写ん歩は、実に寄り道が多かったです^^;

さて、その定点撮影ポイントとは・・・?

K5_67154_R

はい、こちらです♪

未だ葦が踏ん張っている、あの赤鉄扉でございます。

K5_67161_R

こちらには、この実に魅力的な赤い錆びた鉄扉がございます。

この扉、そそりますね~♪

これまで、何度か訪れておりますが・・・この中に入ったことは無いのでございます。

でも・・・

K5_67163_R

出来れば、この扉を開けて中に入ってみたいのでございます。

いったい、どんな光景が待っているのか?!

興味津々でございます!

K5_67165_R

もう、あける寸前まで行きました・・・

が、ふと考えて見ますと、この建物・・・如何にボロボロであろうが、人ん家に変わりはございません。

家主さんにお断りしなければ、不法侵入ですね・・・^^;

ん~、寸でのところで思いとどまりました。^^;

K5_67166_R

でも、やっぱり魅力的ですね~♪

この抜けた屋根。

崩れた壁。

この建物の内側から空を見上げたら、どんな光景が見えるのだろう~?

興味は尽きないんでございます。

そんなことを思いながら、周囲をぐるっと一周してみました。

夏場、猛々しい草や蔦が生い茂っている時は、なかなか周りを詳しく見ることも出来なかったのですが・・・

壁の下のほうに、面白いもの発見です♪

壁に穴が開いておりましたv^^

ん~・・・ちょっと覗いてみようかな~?^^;

これは覗き罪で訴えられるかな?

いや、女風呂でもないので、ちょっと覗くくらいならいいかな~?^^;;;

K5_67168_R

興味心に負けて、覗いてしまいました^^;

だははは~^^;

中はこんな感じでした。なにやら錆モノが転がっておりました。

枯れ草や枯れ蔦も横たわっておりました。

ん~、思ったほど恐ろしい状態では無いようです^^;

やっぱり、入ってみたいな~♪

いつか、ここのオーナーさんとこの場所で出くわした時には、是非、頼み込んでみよう~!

魅惑の扉

魅惑の扉

 春の芽吹きの前に、随分とすっきりとした印象に変わったこの場所の全貌は、こんな感じでございます。

この風景も、好きなんでございます~♪ v^^

 

因みに今回のポストプロセスも、赤色抽出でございます~。

最近、この赤鉄扉はこのプリセットばかりになっております。

赤・・・と言っても、オレンジと黄色も少し入れております。錆色が際立つように♪ と思いまして。

赤色・・・と言うよりは、赤錆抽出と呼んだほうが良いかも知れませんね^^;

先日お届けした、同定不明物件も、実はこのプリセットでございました~。


6件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    うんうん、これは興味を惹きつけられてしまう扉ですね~♪
    確かに、開けても良いかどうか、悩むでしょうねえ。
    数cmでも開いてたら、悩むことなく、少し広げてみるんですが、まるで締まってると・・・^^;
    でも、割れ目からある程度中野陽がわかるってのが楽しいです。^^v
    赤錆色抽出、面白いアイデアです~、うしろに錆など無縁な新しいビルが見えるのがミソですねえ♪

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      おはようございます~!
      ですよね?!弾きつけられますよね?!^^;
      こちらに行く前までは、もう、絶対に開けて中を覗くつもりだったんです^^;
      でも、いざ、明けようとした時に・・・ちょっと罪悪感が^^;
      と言うことで、今回は断念いたしました~^^;
      でも、中は少し覗いちゃいました^^;
      恐ろしいものが中に無くて、良かったです^^;
      赤錆を強調したくて・・・赤だけだとしっくり来なくて、ちょっとオレンジと黄色を入れてみました。
      お陰で、枯れ草にもほんのり色が付いております^^;

  2. gucci より:

    赤錆抽出、良い味出してますね(^^)
    自分だったら開いていたという頃にしちゃうかもですがw
    この自分の手を入れての撮影、面白いですね(^^)

    • 皐月の樹 より:

      gucciさん
      おはようございます~!
      赤だけではないので、赤錆抽出が正しい表現ですよね~^^;
      錆フェチ専用のプリセットです^^;
      開いていた・・・あ!その手が合った~!
      ううう~・・・思いつきませんでした^^;
      でも、まだまだ韓国語がまともではないので、ビビッてしまいました^^;
      手を入れて・・・だははは~^^;
      ちょ~っと、臨場感を・・・と思いましてv^^
      今度から、もっと使ってみますかね~、これ?^^;

  3. film-gasoline より:

    赤鉄扉,来ましたね~♪
    今回は随分踏み込んだんですね~。
    逸る気持ち、皐月の樹さんの左手がリアルです(^^)v
    覗き込んだお写真もイイですね~、ワクワクしました~。
    最後のお写真、たまらなくシュールですね^^

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      おはようございます~!
      はい~♪ 毎度の赤鉄扉でございます~^^;
      今回は、これまでとちょっと趣向を変えてみましたv^^
      この建物の周りの草も、すっかり綺麗になっておりましたので、べったり近づけました~v^^
      左手・・・ちと臨場感を出したくて^^;
      いや~、本気で開ける気でいましたが、寸前で思いとどまりました^^;
      今度、ここのオーナーさんを捕まえて、無理やり交渉してみようかね~?とv^^
      最後のお写真、ありがとうございます~^^;
      そうなんです、背景とのギャップがいいな~と思いましたv^^

黒顔羊 へのコメント

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。