PENTAX 67_4111-2_R

2015年3月

とっておきのTea Room

こちらは先日ご紹介いたしました、カフェ 魔女の庭さんです。

窓から差し込むたっぷりの光が印象的な、明るくお洒落な店内でございました。

そして店長さんのセンスの良い小物やオーナメントは、写欲をそそるのでございました。

お陰で、しっかりとガチ撮りさせていただきました~^o^

MAMIYA C330_2640_R

私が店内を撮影させて頂いていおりますと、店長さんからまたまたお声掛けいただきました。

取って置きの場所があるそうで、見せてくださいました。 それは、とっても素敵なティールームでした。

MAMIYA C330_2637_R

MAMIYA C330_2639_R

とっておきのTea Room

とっておきのTea Room

英国風に統一されたティールームでした。

クリスマスツリーを模したようなキャンドルスタンドが出迎えてくれます。

奥にはティーセットが飾ってある棚が備え付けてありました。

シンプルな木製の長テーブルに、八脚の椅子。チェック模様のフロアー。

とても居心地の良い空間がそこにございました。

店長さんのとっておき・・・というのが分かる、実にセンスの良い雰囲気でございました。

 

これはデジタルで逝ってる場合ではないぞ~!中判真四角の出番でございます♪

と言うことで、確信犯的にマミちゃんwith 80/2.8と三脚を持ってきていた私は、詰めたてのT-MAX100をEI200の設定で撮影に望みました。

屋内でも、6×6の80mm/F2.8を開放で放てば、しっかりと浮いてくれますね~。

 

むむむ~、こうなってきますと、俄然ここでポトレを撮ってみたくなるのでございます~♪

今度、ここを訪れる時は、マミちゃんに105mmを付けて、店長さんのポトレをお願いするのだ~!v^^

フィルムはどうしようかな~?

アクロスで、諧調豊かに逝くか・・・?

T-MAX100をまた増感して逝ってみるか・・・?

ん~、楽しい悩みなんでございます~^^;

異国の地で、こんなに身近なところで素敵なお店を発見できて、とても幸せなのでございます~♪


春遠からじ?!の川辺

2015年3月20日FA77mmF1.8 Limited,K-5,monochrom

この光景を見ますと・・・本当に春は来るのかな~?と疑問に思ってしまいます。

そんな3月の川辺の光景です。

長く厳しかった冬の風雪に、崩れつつある葦などの枯れ草に目が行ってしまいました^^;

良く考えて見ますと、春の芽吹き前が最も冬枯れの寂しさが伝わるシーンに映るのかも知れません。

越後でも、3月と4月で大きく様相を変えます。

K5_67221_R

K5_67227_R

K5_67218_R

K5_67179_R

春遠からじ?!の川辺

春遠からじ?!の川辺

まあ、そういうシーンを意図的に切り取ってはいるのですが・・・^^;

 川辺の葦を中心に、枯れ切った草木を見ておりました。

この時期のいいところは、特に苦も無く歩いて川辺に近づける・・・と言うところかもしれません。

夏になりますと、葦やら夏草やらが何者の侵入も阻みますしね~^^;

おまけに、羽虫の親衛隊が待ち構えておりますので、容易に藪の中に突っ込むことも出来ませんし・・・^^;

この辺りも、あと1ヶ月もすれば若い新芽が出てくることと思います。

その頃に、もう一度足を踏み入れてみようかな~?と思います。


子泣きジジイに苦しむリヤカー

昨日ご紹介いたしました、同定不明の虎さんの直ぐ傍に発見いたしました、面白物件。

昨日、背景ボケで少しご紹介いたしましたが・・・。

本日は、主役です♪

子泣きジジイに苦しむリヤカー

子泣きジジイに苦しむリヤカー

この丸いものは・・・タンクのようでした。

白いペイントが所々剥がれて、錆が侵食しておりました。

おまけにその錆箇所から、放射状に伸びる錆跡がまたいい~!

ん~、実に美味しそう~♪・・・って^^;

このタンク、結構大きかったんです。乗せられているリヤカーから転がり落ちそうな勢いです^^;

このリヤカーくん、その重みに耐え切れなくて、傾いておりました。

「お~い、爺さん・・・いい加減、そろそろ降りてくれんかのう~・・・。もう、ワシ・・・絶えられそうにないんじゃが」

「ひょっひょっひょっひょっ~。次に乗っかる宿主が現れるまで、おぬしの背中から離れんぞ~!」

「えええ~・・・」

リヤカーくん、がんばれ!

春はもう直ぐそこだ!

・・・春になったら、次の宿主が現れるかどうか・・・それは神のみぞ知るのでございます~^^;


同定不明物件との出会い

昨日ご紹介したシーンを撮り終えまして、再び小川沿いを自転車で進んで参りました。

こちらの道、結構狭い場所がございまして、自動車がすれ違う時は自転車ははじき出されそうになります。

その為、一時停止して自動車が行き過ぎるのを待ちます。

丁度、そんな風にして止まった場所で、ふと見るとなにやら心躍らせる物件が・・・♪

これは、神様がここで止まれと言って下さったのだ~!と思い込みました^^;

撮らねば♪ 撮らねば~♪ と、カメラを手にしてその物件に近づいていきました。

K5_67046_R

3月の始めと言えど、こちら韓国の木々はまだその芽を小さく固く閉ざしておりました。

そんな小枝の向こう側に、なにやら赤い物体が~♪

近づいてみましょう~!

K5_67062_R

足元の草も、まだまだ冬枯れそのものですね~^^;

暖かな春はいつ訪れるのか?

・・・と、この赤い物件さんも待っているかのようでした。

さて?この物件とは?

はい・・・もう、こちらを普段訪れてくださる皆様であれば、お分かりですよね~♪

K5_67047_R

で~ん♪

はい、トラクター・・・通称 虎さんでございます~!

久々の虎狩りで、心ワクワク、ウキウキでございます!

張り切って参りましょう~!もう、なめるように見てしまいました^^;

K5_67050_R

K5_67051_R

K5_67053_R

K5_67056_R

 

K5_67048_R

同定不明物件との出会い

こちらの赤虎さん、どうも韓国産のようです。

う~ん・・・どこのメーカーなんだろう?

前にはバケットが付いておりました。こちら韓国で見かける虎の殆どに、このバケットが付いております。

韓国では必須のようです^^;

この虎さんは、既に現役を引退されているそうです。

実は、この直ぐ脇では現役の虎さんが働いておりました。

K5_67065_R

向こう側に見える虎さんは現役でして、運転してらっしゃる方がこの虎さんのオーナーさんでございます。

撮影前に、断って撮影させて頂きました。

「トラクターが好きなので、写真撮っていいですか?」

と聞いたら、ちょっと不思議そうな顔をされながら、ニコッと笑って快諾くださいました。

いいオーナーさんなのだ~♪

撮影後、少しお話させて頂きました・・・が。

このオーナーさん、気を良くして頂いたらしく、色々と話してくださいました。恐らくこの虎のことも話してらっしゃったと思います。

でも・・・私は殆ど理解できず・・・首をかしげながら聞いておりました^^;

多分・・・この虎を直すにしてもお金が掛かるから・・・とか、そういったお話だったと思います^^;

ん~、最近少しは聞き取りが出来るようになって来たかな~?と思っていたのですが、田舎の農家の方のお話は、ちと勝手が違うようです^^;

まあ、これは韓国に限ったことではなく・・・越後でも同じでございます。

越後のじーちゃん、ばーちゃんの話し言葉は、正直わからないことが沢山あるのでございます~^^;

だはは~^^;

さて、この虎さんがいた場所、他にも錆好きにはたまらない物件の宝庫でございました。

こんな↓感じでございます~♪

 

K5_67069_R

 

錆錆のコンテナに、これまた錆錆タンクを乗っけたリヤカー・・・ううう~、これは楽しそう~♪

ここは、また遊びに来なければいけないのです~!

その時には、ここのオーナーさんと、もう少しまともな会話が出来るよう、精進せねば~・・・と思う次第でございます^^;


春光溢れる小川の辺

3月に入りまして、日差しは益々暖かくなってきております。

ある晴れた日曜日、久々に自転車に乗って撮影に出かけました。

最近は、朝夕の撮影が多かったのですが、この日は昼前の出発でした。

苦手なトップライトでの撮影です~^^;

いつもの通り、定点撮影ポイントでも見に行くかな~♪ と自転車を走らせておりました。

いつもの川沿いをのんびりと走っておりますと、妙に気になるシーンが目に飛び込んでまいりました。

ちょっと行き過ぎて・・・思い直して戻りました。

今日ご紹介しますのは、そんな光景です。

K5_67031-2_R

K5_67033-2_R

K5_67045-2_R

春光溢れる小川の辺

春光溢れる小川の辺

 

 

 

今回のシリーズの核は、「転」のお写真となる3枚目です。

そして、これが私が妙に気になった光景です。

この小川が増水すると、ここまで水かさが増すのだと思います。

草やら小枝やら、ゴミやら・・・あらゆるものが引っかかっておりました。

恐らく去年の秋ごろからこの状態なのだと思います。冬の間は、増水することはございませんから・・・。

それにしても、タイトルとは掛け離れた光景・・・お写真で恐縮です^^;

こんなシーンが写欲をそそると言う時点で、私の頭の回路がおかしいのは言うまでもございませんね~^^;

しかしこの「転」のお写真、悩みました~^^;

春光を浴びる姿に、妙な美しさを感じたのですが、どうやったらそれが表現できるかな~?と悩みまくりました。

まあ結局、あるがまま・・・という切り取りに落ち着きました^^;


冬に別れを告げた如月の光

既に3月も半ばに差し掛かりましたが・・・今日のお写真は2月の終わりに撮影したものです~^^;

36枚撮りフィルムの消費には、例によって時間が掛かりますね~^^;

 このフィルムは、昨年12月の終わりごろから使い始めまして・・・結局2月末まで掛かりました。

こういう冬のお写真は、早く出さないと機を逃してしまいますので、慌てての投稿です~(汗)。

 

2月の終わりには、まだまだ冬の厳しい寒さが残っておりましたが、それでも日差しは冬のそれとは確実に違うのでございます。

待ち遠しい春の到来を、今か今かと楽しみにしている冬枯れの植物達と共にお届けいたします♪

PENTAX MX_2617_R

PENTAX MX_2619_R

冬に別れを告げた如月の光

冬に別れを告げた如月の光

柔らかい春の日差しを意識して、ライトとハイライトを表現してみました^^;

本当は、かなり寒かったのですが・・・ポストプロセスで無理やり春の光にしております^^;

今は、日差しも気温も、とても春めいて参りました。

花が咲くのも、もう直ぐかな~?

春本番が、待ち遠しいのでございます。


宴の前の静けさ

先日、デジタルでもご紹介いたしましたが、2月の中旬に、妻の伯父の75歳の誕生日を祝う宴が催されましたので、お邪魔して参りました。

少し早めに会場に到着いたしましたので、準備運動を兼ねてFilmで拾い撮りさせていただきました。

デジタルAPS-CであるK-5の他に、PENTAX MXも持参しておりました。

さすがに本番は、デジタルで通したのですが、会の前・・・というゆったりとした状況であれば、Filmで逝きたくなるんでございます。

PENTAX MX_2622_R

PENTAX MX_2621_R

PENTAX MX_2620_R

宴の前の静けさ

宴の前の静けさ

宴会の前の緊張感、なかなかに写欲をそそります。

会場を準備する、スタッフの方々、来客を迎える主催者・・・皆様緊張の面持ちで準備を進めてらっしゃいました。

最後のお写真が主役の伯父さんです。

この伯父さん、とても気さくで面倒見が良くて、日本人の私にもいつも声を掛けて下さいます。

「韓国で、不自由は無いか?」

「何かあったら、いつでも言えよ!」

と。

私の答えはいつも、「ケンチャナヨ(大丈夫ですよ)~♪」・・・なのですが^^;

せっかくのチョゴリ姿ですので、Filmで逝かせていただきました~♪

日本に帰ったら、この会で撮影した写真は印刷して、データと共にお渡ししたいと思っております。

この伯父が、いつまでもお元気でらっしゃることを、願うばかりでございます。


癒しのカフェ

2015年3月14日FA31mmF1.8 AL Limited,K-5

3月14日、今日はホワイトデーですね♪

と言うことで、少しファンシーなお写真で参りたいと思います~。

 

ようやくカフェ巡り、行ってまいりました~^^;

あ・・・巡りというのは言い過ぎました。一軒のみでした^^;

ここは、以前ご紹介いたしました、魔女の庭さんです。

昨年の12月半ば過ぎに、こちらの店先で写真を撮らせて頂いていた時に、店長さんらしき女性に声を掛けて頂きました。その時は、まだ早朝で開店前でしたので、また今度いらっしゃいと仰ってくださいました。

あれから、早3ヶ月弱・・・^^;

ようやく訪れることが出来ました。

では、店内をご紹介したいと思います♪

K5_67342_R

K5_67351_R

お店の片側は、大きな窓があしらえてありまして、やさしい光がたっぷりと入ってきておりました。

それが店内を明るくしております。

席や机は、様々な形のものが置かれていて、楽しいです。どこに座ろうか迷ってしまいます。

K5_67341_R

私が選んだ席にも、朝の光が差し込んで来ておりました。

一通りメニューを拝見致しまして、注文を済ませて、店内を拝見させて頂きました。

店長さんにお断りすると、二つ返事で撮影OKとのこと♪

ありがたや~!

K5_67352_R

K5_67349_R

K5_67353_R

こちら、コーヒーよりも紅茶に力を入れてらっしゃるようです。

私・・・詳しくないので良く分からないのですが・・・^^;

そうこうしている内に、コーヒーが出来上がったようです。

 

注文いたしましたのは・・・

K5_67357_R

 はい♪ こちら、カフェモカです。

普段はエスプレッソかカプチーノくらいしか頼まないのですが・・・この時は少し冒険してみました^^;

そして、お昼前でございましたが、ケーキも頼んでしまいました^^;

実は・・・

ケーキは、最初ポテトケーキを頼んだのですが、切らしているとの事。

では、チーズケーキを・・・こちらも切らしていると・・・^^;

では、お勧めは・・・?

と言うことで、イチゴのショートを頂きました^^;

K5_67358_R

久々の左手一本撮り~♪

ケーキを平らげ、コーヒーも飲み干して・・・さて、もうひと遊びしてみるかな~・・・と言うことで、再度撮らせて頂きました。

お客さんもまだまばらだった為、実に撮りやすかったです。

K5_67362_R

K5_67365_R

 お洒落なディスプレイが沢山あり、撮影し甲斐がございました。

店長さんのセンスの良さが光りますね~。

K5_67354_R

K5_67359_R

 ティーセットや花、様々な小物が飾ってありまして、楽しませてくれます。

照明も趣向が凝らしてありまして、暗くなってからも楽しめそうなんでございます。

店内でぼちぼち撮影させて頂いておりますと、また店長さんがお声掛けくださいました・・・

K5_67360_R

 なんと、玉露を出してくださったのです~!

なんと嬉しいサプライズ♪

実は、こちらの店長さんは、今、日本語をお勉強中だとか。何でも、日本の緑茶を輸入したいんだそうです。

直接取引したいから、日本語を勉強しているんだそうです。

おお~♪ こういうお話を伺いますと、とても嬉しいですね~!

ちなみにこの玉露は、お土産で買ってこられたそうです。

K5_67366_R

その店長さん、どんなお方か・・・?是非、お写真でご紹介したいところだったのですが、とても恥ずかしがられたので、今回は控えました^^;

その代わり・・・では無いのですが、こちらのお店のマスコット、空飛ぶ魔女さんでご勘弁ください~^^;

ここには、また来ようと思います。

気さくでやさしい店長さんと、とても居心地の良い雰囲気の店内が、とても気に入りました~♪

今度は、ランチを頂こうかな~と思っておりますv^^


空と葦の融合?

今年の初めに可変NDフィルターを導入いたしまして、こちらでもご紹介させて頂きました。

この導入によって、やりたかったのが長時間露光での肉眼では見れない世界を写し取ることでした。

特にフィルムでの試みをしたかったのでございます。

ようやく本来のフィルムでの長時間露光にチャレンジ致しました。

PENTAX MX_2594_R

PENTAX MX_2593_R

空と葦の融合?

 が!

ん~・・・なんだか良く分からない写真になってしまいました・・・ToT

大失敗なのでございます~。

この失敗、シンボルとなるべき静止物をきちんと配置しなかったのが大きいかな~・・・と思いました。

更には、今回風に揺れる葦をメインで持ってきたのですが、この葦がススキよりも穂がしっかりしすぎておりまして、中途半端に目立ってしまいました・・・トホホ ^^;

流れる雲のラインと、風に揺れる葦が喧嘩しちゃっております^^;

かくして、実に中途半端で不明瞭なテーマのお写真の出来上がり~・・・と相成りました^^;

これは、絶対にリベンジするのだぁ~!


行き交う人を見守って

またまた、KTX天安牙山駅からお届けいたします~。

3回連続となってしまいました・・・^^;

こちらは駅の西口でございます。

夕方16時頃参りました。西日が差し込む駅の構内で、行き交う人々のシルエットは、なかなか写欲をそそるのでございます♪

こちらの入り口、ドーム型の大きな窓が西洋的ですね~。中央の時計も、存在感がございます。

でも、その脇の仮設店舗は・・・極めてアジアチックですね~^^;

これが実に楽しいのでございます~♪

K5_66666_R

K5_66659_R

K5_66841_R

K5_66811_R

K5_66803_R

 最初はシグマの20mmで撮影しておりましたが、もっと人のシルエットに寄りたくて、後半43mmに切り替えました。

午後5時半頃、丁度太陽が時計の辺りに降りて参りまして、光条が出てくれました。

gucciさんに習って、8枚絞りの光条で遊んで見ました~♪

でも・・・ん~、イマイチ派手さに欠けました^^;

色ガラス越しの太陽光線でしたので、少し強さに欠けたのかもしれませんね~。

 

さて、しばらく駅舎シリーズ、撮鉄とお届けして参りました。

今回、初めて駅でガチ撮りしてみましたが、いずれも楽しく撮影させて頂きました。

おまけに、撮影をとがめられることはなさそうですので、これから機会があればまた来ようと思います。

定点撮影ポイントにしても・・・いいかも~♪ と思いましたv^^

 

1、2枚目: SIGMA AF20/1.8 EX DG ASPH

3~5枚目: PENTAX FA43mm Limited


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。