PENTAX 67_4111-2_R

2015年4月24日

チヨちゃんと見つめる春の日差し

それでは、昨日お披露目致しました今年の新規導入機材No.3 ミノルタ・オートコードの試写結果をご紹介したいと思います。

昨日ご説明いたしましたが、私のオートコードはL型というものでして、ミノルタが社名変更する前の千代田光学時代の製品です。

その為、このカメラの愛称はチヨちゃんです♪

(全味協&錆銀メンバーのS.Hさんの真似でございます~^^;)

4月始めの一時帰国を終えて、韓国に戻って最初の撮影が、このチヨちゃんとのデートでした。

快晴で、春の暖かい日差しが眩しいほどでした。

Minolta AUTOCORD_2690_R

 

一枚目、冬も似たようなシーンをローライで撮影しておりましたが、全く印象が変わりますね~♪

町を歩く人々の足取りも軽やかです♪

日差しが力強く、建物のレンガの起伏もしっかりと描き出しているように思います。

まあ、ポストプロセスの味付けも・・・あるんですが~^^;

この一枚目は、絞りはF8.0程度でした。それでもしっかりとコントラストが出て十分に解像感のある描写です。やはり同じテッサー系ということもありまして、Rolleiflex Tの描写に共通する切れのよさを感じます。ただ、少しだけそれよりは線が細い印象を受けました。

チヨちゃんと見つめる春の日差し

チヨちゃんと見つめる春の日差し

こちら二枚目ですが、露出を失敗してしまいました~^^;

かなりオーバー目に撮影してしまいました。完全ど逆光で、白飛び覚悟で撮影しましたが、それでも高すぎたようです^^;

(絞りをF8から3.5に変更したのに、SSをその分変えてませんでした・・・どひょひょ~^^; つまり、適正から2.5段くらい高めに撮ったことになります~^^;;;)

なんたる失態、くう~っ^^;

お陰で、現像終わってこのコマを見たら真っ黒でした^^;

スキャンで拾い上げ、ポストプロセスで持ち上げましたが、その分粒状感が際立っております^^;

EI25で撮影したとは思えないのでございます~^^;

このシーン、絞りは開放F3.5で撮影しております。ピント位置は中央の白木蓮ですが、しっかりシャープに出ておりました♪

このレンズ、逆光性能もなかなかのものです♪

チヨちゃんのロッコールレンズ、やはりうわさに違わず、楽しいレンズです♪

Rolleiflex Tとも、性格が違いますので、使い勝手がございます~!

しばらくは、チヨちゃんとのデートを楽しみたいと思います!

・・・あ、するとマミちゃんが嫉妬するかもですね~^^;

おまけに、カエルちゃんも仲間入りしましたので・・・

ううう~、デートに忙しくなるかもですね~^^;;;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。