PENTAX 67_4111-2_R

2015年5月

目覚め近い越後の虎

昨日に引き続きまして、越後の定点撮影ポイント巡りからお届けいたします♪

越後の定点撮影ポイントで、ここを忘れてはいけません!

・・・と、力を入れてしまいましたが^^;

しばらく虎狩をして居なかった私には、最重要ポイントでございました^^;

Kiev88C_2754_R

目覚め近い越後の虎

目覚め近い越後の虎

はい、お馴染み越後の虎こと、ジョン・ディアーくんです。

私が訪れた4月初旬には、まだこの様子でございました^^;

まだすっぽりと雪にはまるその姿は、なんだかちょっと可愛らしくさえありますね^^;

いつものように、越後三山をじっと見つめながら、春の訪れを待っているのでありました。

越後の雪は、まだあともう少し、溶けるのに時間が掛かりそうでした。


越後に春の訪れ

さて、本日からまた4月の越後に巻き戻しでございます~^^;

 

4月になりますと、雪深い越後の里にもいよいよ春の訪れです。

定点撮影ポイントの一つ、雷土新田にも確実に春が訪れておりました。

足元を見ますと、水仙が咲き始め、シンボルである欅の木の苔も、春の日差しを浴びて明るい緑を発しておりました。

周りはまだ雪に覆われておりましたが、その雪も徐々に解け始め、水溜りが出来ておりました。

Kiev88C_2732_R

Kiev88C_2733_R

越後に春の訪れ

越後に春の訪れ

先日、一時帰国の際の定点撮影ポイント巡りとしてバケペンでのお写真をお届けいたしましたが、Kiev88Cも持って行っておりました。

同じ中判でも6×6で描く風景は、一味違って楽しいのでございます♪

6×7で切取りますと、私の場合はなんとなくガチガチの風景写真となるのですが、6×6の真四角となるともっと遊び心が出てまいります^^;

それでいて、日の丸構図を基準に描きますので、安定した構図取りになります。

これが、なんだかとても楽しいのです。

先日Kiev88Cのお写真をご紹介した際に、ムラのお話を致しましたが、こういうシーンでは殆ど分かりませんね~♪

ラッキー・・・って、違うか^^;

 


僕らはみんな生きている

2015年5月29日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

※御注意

虫が苦手な方は、不快なお写真となっているかも知れません。

くれぐれもお気をつけ下さいませ~^^;

=====

本日も、マクロ押しでございます~^^;

連日のマクロ連発で・・・そろそろ飽きてらっしゃる頃かと^^;

大丈夫です、本日がひとまずの最後です~^^;

まだまだ沢山在庫はあるのですが、日を改めてご紹介したいと思います。

さて、タイトルは・・・はい、皆さんもよく御存知のあの曲です♪

昆虫なども、マクロでは人気のある被写体かと思いまして・・・タイトルでごまかしております^^;

 

初夏の日差しに、草花が元気欲咲き始めますと、虫たちの活動も活発になってまいります。

韓国も、冬はとても寒く長いので、短い夏の時間に一生懸命生きる虫の姿は、健気で可愛らしくさえ見えます。

場所は、またまたあの森です~。

K5_68226_R

K5_68234_R

K5_68325_R

僕らはみんな生きている

僕らはみんな生きている

初夏の日差しを受けて、緑が輝く森には、沢山の昆虫が飛び交っておりました。

もちろん、蚊や虻といった厄介なものもいるのですが・・・^^;

この森の住人、実は虫だけではございません。

沢山の小鳥たちも見かけました。美しい鳥のさえずりもまた、トレッキングを楽しませてくれました。

更に、鹿やシマリスまで見かけました。

これには・・・驚きました!@o@

高層アパート群に囲まれた、小さな森なのですが、今だ豊かな自然を残す貴重な場所なのでございます。


輝く絹の糸!

2015年5月28日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

この3日間ほど、珍しく綺麗系のお写真を続けてしまいました^^;

こういうものばかり撮っておりますと、直ぐに飽きてしまうのでございます^^;

で、気付いたらへんなものばかり撮っております^^;

この日、目に止まりましたのは・・・蜘蛛の巣でした^^;

逆光で見ますと、なかなかにフォトジェニックなのでございます!

K5_68212_R

K5_68263_R

 

K5_68336_R

K5_68252_R

輝く絹の糸!

白飛び、ゴースト、なんでもござれ!

何が何でも逆光なんでございます^^;

100mmF2.8くらいの望遠大口径レンズで、かつマクロでガッツリ寄れますと、細い蜘蛛の巣もそれなりに存在感が出てきます。おまけに、逆光で光を受ける蜘蛛の巣を玉ボケで飾ることも可能になります。

そう致しますと、俄然華やかさが増し、フォトジェニックになりますね~♪

とは言うものの、蜘蛛の巣もやっぱりマクロ撮影ではポピュラーな被写体のひとつなんですよね~^^;

誰もマクロで撮ったことのない被写体・・・とか?

どこかにないかな~?

・・・なんちゃって~^^;


Kami-Shimo ~T&B~

2015年5月27日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

本日も、マクロ1本勝負に出た時のお写真です。

通勤途中に薔薇が咲き始めているのを見かけました。これは撮りに行かねば!と思い、その週末の午後に寄ってみた・・・というわけなんです。

白、ピンク、赤の薔薇が咲いておりました。

品種は~・・・よく分かりません^^;

今日は、真っ赤な薔薇から御紹介しようと思います♪

K5_68687_R

K5_68689_R

K5_68662_R

Kami-Shimo

Kami-Shimo

このタイトルですが、上下です。

裃ではございません~^^;

英語で表現すると・・・Top and Bottomでしょうか?

昨日も申し上げたのですが、私の場合、マクロで花を切取ると、どうにもオリジナリティに欠けた絵作りになってしまいます^^;

とは言うものの、一朝一夕に自分らしさを出せるのか?・・・と言われると、私のような未熟者には厳しく^^;

ま、ひとつのアプローチとして「組み写真で逝って見よう~♪」と、試行してみました^^;

ひとつの薔薇を上からと下から、背景を明るめと暗め・・・に分けてみました。

でも・・・やっぱりどこかで見たような写真には変わりませんね^^;;;

まだまだ修行が足りませぬ~^^;

 

さて、今回のポストプロセスは、またもやジャイアンさんの真似でございます~^^;

以前、ジャイアンさんが赤い薔薇で表現されたシックな表現に嵌りましたv^^

実は他にも、白やピンクの薔薇でも試してみたのですが、どうもしっくり来ません。

やっぱり真紅の薔薇にこそ、この表現は合うように思います♪

ジャイアンさん、いつもインスピレーションを頂いております!

ありがとうございます!^o^/

=====

さてさて、最後はおまけです♪

どうにも、色を抜きたくてうずうずしてしまうのです^^;

K5_68660-2_R

K5_68661-2_R

Uzu-Uzu

と言うことで、まずは”うずうず”と掛けて薔薇の渦巻きをモノクロで~^^;

この日は天気がよくって、真っ赤な薔薇の赤がやっかいでした。

色飽和してしまうのです。カラーで出そうとすると、赤の輝度を選択的に下げなければいけませんでした。

でも、モノクロにすると関係ないですねv^^

 

K5_68663_R

T&B

T&B

ついでに上下もモノクロで~♪

やっぱりモノクロがいいな~v^^


皐月の森でブラ皐月

2015年5月26日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

昨日に引き続き、近所の森をぶらっと散歩した際に拾い集めたお写真を御紹介したいと思います♪

そして、またまたマクロ一本勝負です~^^;

ただ今日は、マクロ的な使い方というよりは、中望遠的な切り取りになっております^^;

 

ここは、私のアパートから徒歩5分程のところにありまして、以前、冬の頃に何度か御紹介いたしました

今では、どんどん緑が濃くなり始めております。

この時期の木漏れ日は、実に清々しく気持ちが良いです。

この日は、朝から快晴の空が拡がっておりました。眩しい初夏の日差しが、木の葉を通して入ってきておりました。実に美しかったです♪

 K5_68248_R

K5_68318_R

K5_68282_R

K5_68256_R

K5_68310_R

K5_68296_R

K5_68457_R

皐月の森でブラ皐月

皐月の森でブラ皐月

 ここの森は、近くのアパートに住んでらっしゃる方々の、憩いの森となっております。

今の時期はもちろんの事、冬の間もアイゼンを履いて、トレッキングを楽しむ人でいっぱいです。

この日も、多くの方々が木漏れ日の中、新緑散歩を楽しんでらっしゃいました。

高層アパート群が建ち並ぶ、この地域の人々にとって、大切な憩いの場所となっているようでございます。

私にとって、日ごろの運動不足を解消する、貴重な森でございます♪


印象派のごとく

2015年5月25日D FA Macro100mmF2.8WR,K-5

しばらく、4月のお写真が続いておりました。

横浜オフ会でのお写真は、ひとまず昨日で完了致しました。

まだ、越後のお写真は沢山残っておりますが・・・^^;

おまけに、今月始めの釜山のお写真も、一度も出しておらず・・・^^;

で、時は既に5月も終わりに近付いておりますが、さすがに季節はずれも甚だしく・・・^^;

ということで、今日から3日間ほど、近況報告を兼ねて先日の金曜日に撮ったお写真を御紹介したいと思います。

あ・・・私の韓国での休日は金曜日と土曜日でした(今週からカレンダー通りになります)ので、金曜日は休みだったのです。決して、仕事をサボっていたわけではございませんので~^^;

さて、しばらくぶりにまたマクロを持ち出してみました。

と申しますのも、全味協&錆銀メンバーでらっしゃるOさん(ジャイアンさん^^;)のマクロ写真を拝見しまして、感化されました~^^;

近くの森に、トレッキングに行き、マクロ1本勝負で行ってみました~♪

ただ・・・なんだか、如何にもマクロで撮りました~、の写真になってしまいました^^;

う~む、どうも個性がないですね~^^;

もっと、オリジナリティを出さなければ!と反省です^^;

K5_68420_R

 

K5_68430_R

K5_68427_R

K5_68436_R

K5_68387_R

印象派の如く

印象派の如く

このマクロレンズ、ペンタックスのD FA Macro 100mm WRですが、ペンタらしく色のりこってりでコントラストの高い描写を描き出します。ボケも、トロトロなのですが艶のある描写を見せてくれます。

この時は、森の木陰の中で、手持ちで等倍に近い焦点位置でしたので、手ブレ防止と露出を稼ぐために、ISOも400~800にしておりました。多少の粒状感も相まり増して、面白いボケの描写を見せてくれました。まるで、印象派の油彩画のようなイメージでした。

ところでこの花は野薔薇でしょうかね~?

全体的に見ますと・・・こんな↓感じでした。

K5_68371_R

辺りは、かぐわしい香りが漂っておりました。

葉っぱの形も、薔薇のそれらしく・・・。枝にはトゲもありました。

全体的に小ぶりな印象でした。

森の中に、自生しているようにも見えたので、もしかして野薔薇かな~と思いました^^;

因みに野薔薇の花言葉は、「素朴な愛」 「孤独」 「才能」 「詩」 だそうです。

うん、なんとなくイメージにぴったりです♪

 

ところで野薔薇って、日本や韓国に元々自生したのでしょうか・・・?

それとも、どなたかが植えられたのでしょうか?

あるいは、鳥に乗ってやってきたのか?

とにかく、この森の、あちらこちらで見かけました。

 

それにしても・・・随分久しぶりに、カラー写真らしいカラー写真を出したような気がします^^;


オーバーヘッドの産物

さて、横浜オフ会シリーズ、第二幕もいよいよこれで最後となります。

最後は、またまたKowaのケロちゃんからです。

場所は、横浜山手の外交官の家でございます。

先日も、デジタルでのお写真を御紹介いたしましたが、こちらの外交官の家はその素晴らしい外観と、情緒溢れる窓に惹かれまして、中には入らず外からばかり撮影しておりました。

とは言うものの・・・実は、内装も素敵で窓の外から眺めておりました。

もう、時間も夕方に差し迫っておりましたので、改めて中に入る時間もないな~・・・と言うことで、外から中を撮影してやれ!と、チャレンジしてみました。

オーバーヘッドの産物

オーバーヘッドの産物

でも、実はこの窓、外からですと結構高い位置にあるんです。

私が背伸びして、ようやく窓枠の下の部分に届くくらいです。

アイレベルの一眼レフ機でも・・・ちと厳しいかな~と言う感じでした。

一方、私が持っておりましたケロちゃんは、ウェストレベルファインダー機・・・。

はて、どうしたものか・・・。

と言うことで、必殺オーバーヘッドレベルでの撮影に望みました^^;

オーバーヘッドレベル・・・つまり、カメラを上下逆さまに持ちまして、頭の上に掲げて、見上げるようにしながらファインダーを覗き込む・・・分けです^^;

以前、マミヤCで試みたことがありますが・・・^^;

ウェストレベルの一眼レフ機を持ち上げますと、ファインダー像は左右のみならず上下も反転致します。

なので、フォーカシングやフレーミングには七転八倒してしまいます^^;

なんとか格闘の末、得たのがこの1枚でした。

微妙にフレーミングや傾きがズレております・・・ドワッハハハ~^^;

ま、コレもまた良し、ということでそのまま上げちゃいます。

Kowaのケロちゃんを頭の上に掲げながら、格闘していた様子を・・・恐らく何人かの人に目撃されていたと思うんですよね~。人影は感じておりましたので・・・^^;

でも・・・多分、アブナイ人に見えたのでしょう・・・何も声を掛けられずに通り過ぎて行かれました^^;;;

この技、アイレベルファインダーの一眼レフ機では不可能なのですが、ウェストレベルファインダーの一眼や二眼レフ機では可能になります。

特に、パララックスのない一眼レフ機の方がやりやすいと思いました。

以前、二眼レフ機のマミちゃんでトライした時は、パララックスにやられました^^;

左右上下反転のファインダー像を見上げながら・・・更にパララックスまで補正する・・・という高度な技は私には難易度が高すぎました^^;

まあ、めったに遭遇しないシーンではあるのですが・・・^^;

ところで、こうやって見てみますと、この85mmは結構歪曲収差がございますね~^^;

まあ、絞り開放で、かなり寄ってますので致し方ないところはあるのですが・・・。

しかも、ウネウネと曲がった古い窓ガラス越しですので、その味も一緒に映りこんでおります。

いずれにせよ、建物などを撮る時には、気を付けなければいけないな~と思いました。

あ、因みに周辺減光は任意で盛ってます♪ 悪しからず~v^^


触れ合い

昨日に引き続きまして、4月の横浜オフ会でのひとコマです。

中華街でランチを終えて、しばらく自由行動となりました。

そこで、中華街を妻と息子と散策しておりました。

ある一画の公園に来たところ、鳩がたくさん集まっておりました。

それにつられて、息子が寄っていきました。

息子は、鳩を捕まえようと後を追いますが・・・もちろん出来るはずもなく^^;

見ると、おばさんが鳩にパンを与えてらっしゃいました。

聞くと、週に何度もここに来ては、そうしてらっしゃるようです。

やっぱりどこにでもいらっしゃるんですね~、ハトおばさんやハトおじさん♪

そのおばさんは、息子にパンを手渡して下さり、上げてみな・・・と。

Kowa Six_2879_R

触れ合い

触れ合い

鳩を介して、息子はこのおばさんとの触れ合いを楽しんでおりました♪

そんな時、オヤジはここぞとばかりに、シャッターを切るのでございました^^;

こういう時、小さな子供を連れていると、シャッターチャンスに恵まれますね。

堂々と、撮影をお願い出来ちゃいます・・・って^^;

う~ん、我ながら、なんと不純な!^^;

純粋なる触れ合いのシーンを前に、シャッターチャンスを喜ぶとは。ダメオヤジなのでございます~^^;

 

しかも・・・こちらの二枚、いずれも微妙にシャッターのタイミングを外しております^^;

表情がいかんせん・・・^^;

ううう~、我ながら情けない^^;;;


中華街を切らず!

なんとか間に合いました~♪

え?何が?

はい^^;

Kowaのケロちゃんで撮った、横浜オフ会でのお写真が届きました~。

4月11日の横浜オフ会では、K-5とケロちゃんを持って行っておったのですが、フィルムはRDPⅢを詰めておりました。そのフィルムの現像を、日本で出して受け取りを待たずして私は韓国に戻ってきました。

そのフィルムが、昨日、手元に届きました♪

ケロちゃんでは、主に家族の写真を撮っておりましたが、何枚か興味に任せて撮った写真がございますので、ご紹介させて頂きたいと思います。

まずは、横浜中華街からです。

雨上がりの路地裏

雨上がりの路地裏

だはは~^^;

とは言うものの、これは横浜中華街なのか?というお写真ですね。

このお写真での主役は、枯れ始めた乙女椿と自転車なのでございます~^^;

かろうじて「栗」のマークが、中華街を主張しているのかな?

横浜中華街を歩いておりますと、天津甘栗の露店が沢山ありました。

その露店には、「栗」と書かれたこの写真のようなワゴンが使われておりました。

前を通りがかりますと、お店の人が声を掛けてきてらっしゃって、焼きたての栗を手渡し試食を促します。

うちの息子も、ある露店の前で食べておりました。

===

さて、うちの妻が先日話しておりました。

何かの話のきっかけで、妻が息子に、「お母さんは、ちゃんと約束守るでしょう?!」と言ったそうです。

すると息子は、「ううん、お母さん、1回約束守らなかったじゃん!」と。

妻は、「え?いつ?」と聞くと。

息子は、「横浜に行ったとき、栗屋さんに、後から来て買いますので~、と言ったけど結局買いに行かなかったよ。」と。

だははは~^^;

この露店で栗を試食した際の、お店の方と妻とのやりとりの事だったのです。

子供って、見ているんですね~^^;

思わず妻と二人で苦笑いをしてしまいました。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。