PENTAX 67_4111-2_R

2015年8月13日

補給を絶たれた葛蔦

夏の蔦の中で、私の中で最強かつ最狂な蔦が葛蔦なのでございます。

真夏の草むらで、ひときわ強い臭いを発しながら、何にでも絡みつき、切られても切られても生えて来る・・・異常なまでの生命力を誇っているのでございます^^;

こちら韓国にも、葛蔦は沢山生えております。

そして、この開発地にも・・・

K5_69604_R

K5_69606_R

K5_69601_R

K5_69616_R

しかし、この時見つけた完全に生気を失っておりました。

暑さにやられたのでしょうか?

いや、梅雨の真っ只中で、しかもこの日は朝から雨でしたから、こんな萎びた状態になるはずも無く・・・。

よく見ると、根元が切られておりました。

なるほど~、さすがの葛蔦も補給路が経たれれば、たまりませんね^^;

普段ならふてぶてしいまでの獰猛さに、げんなりしてしまうのですが、この姿を見ると少しかわいそうに思えました^^;

ここも整備されるでしょうから、葛蔦達も排除されてしまうのでしょうね~・・・。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。