PENTAX 67_4111-2_R

2015年8月20日

霞に目覚める青虎兄弟

真夏の朝の、小千谷市の山本山高原は霞掛かっておりました。

自宅のある長岡市では、夜明けから快晴の日でも、小千谷市やさらに山側を眺めてみますと雲が掛かったように見えることが多いです。

この日は、今回の一時帰国で唯一ガチ撮りに出た日でございました。

朝の5時半に山本山に到着しましたが、一帯は霞がかっておりました。

ん~、これはイイ~♪

早速撮影に取り掛かったのでございます^o^/

K5_69893_R

K5_69894_R

霞がかった高原牧場の朝は、実に幻想的でございました。

夏の高原のイメージを強調するために、今回のポストプロセスは、LR4のカラープリセットであるクロスプロセス3を使用しました。あ・・・任意で周辺減光を加えております~^^;

 

ここ山本山高原牧場には、私の大好きな舶来虎の兄弟がおります。

これまで何度もご紹介してまいりましたが、毎回楽しませてくれます。今回のシチュエーションも初めてでしたので、実に楽しく撮影させて頂きました。

閉じられたゲートから望むこの農機具小屋と虎さん達も、既に実にフォトジェニックなのでございます。

「ゲートが閉じられているのに入っていったのか~?!」

「不法侵入じゃないかー!」

というお声が聞こえてきそうですね^^;

実は、以前ここのオーナーさんにお会いさせて頂いたときに、一応了承を取っておりました。

ゲート閉まってても、いつでも撮っていいぞ~♪

と仰ってくださいました v^^

そのお言葉に甘えて、入らせて頂きました~^^;

K5_69899_R

K5_69902_R

K5_69901_R

K5_69897_R

K5_69918_R

まずは、弟のFORD4600からご紹介します~♪

既にエンブレムのFORDが抜け落ちて、FRとなっております^^;

霞む高原の朝の情景を見つめるその姿は、風格が漂っておりますね~。

K5_69908_R

K5_69905_R

K5_69910_R

K5_69909_R

 

そしてこちらが兄貴のFORD6600です♪

 弟の4600よりさらに一回り大きく、存在感抜群です!

マッチョなリヤタイヤからは、力強さを感じます。

それでいて、愛嬌のあるこの丸目です♪

気は優しくて、力持ち!

金太郎さんでございますね~v^^

K5_69889_R

霞に目覚める青虎兄弟

朝靄に包まれる、山本山高原牧場は、実にフォトジェニックで楽しませて頂きました。

この場所は、12月頃から5月までのほぼ半年間、雪のため閉鎖されてしまいます。

普段韓国に滞在している私は、年に1~2度しか訪れる機会がないのですが、毎回楽しいシチュエーションを提供してくれて、とても楽しませてくれます。

越後の錆銀虎ハンターの聖地でございます~♪

あ・・・越後の錆銀虎ハンターって・・・私だけ?^^;;;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。