PENTAX 67_4111-2_R

2015年8月21日

短い高原の夏

昨日に引き続きまして、小千谷市山本山高原からお届けいたします。

ここは、1年の半分近くを深い雪の下で過ごします。

春から夏に掛けては、駆け足で過ぎて行きます。

夏草も、短い夏の日を目いっぱい過ごそうと背伸びしておりました。

K5_69920-2_R

K5_69922-2_R

K5_69925-2_R

K5_69915-2_R

K5_69926-2_R

K5_69928-2_R

K5_69929-2_R

K5_69919-2_R

山本山高原の短い夏

FORD兄弟が生息する赤い屋根の農機小屋の周りを散策してみました。

ススキなどの夏草で覆われておりました。

蔦は、この小屋の中からも外からも絡み付いておりました。

この小屋の中・・・一体どんな風になっているのでしょうかね~?

一度見てみたいな~と思いました^^;

ここには、FORD兄弟以外にも面玉つながりの芝浦くんやヤンマーの赤虎くんもおりました(4枚目)。今回は、背景ボケになって頂きましたが・・・(汗)。

1年の長い間を雪に覆われて過ごしますので、この小屋の各部の錆びもとても熟成された深い錆でございます。

錆び銀侍にとっては、涎モノでございますね~♪

普通の人が聞くと、猛暑で頭がヤラレてしまったか・・・?と思われるかも知れませんが~^^;

夏草や蔦と、錆とのコラボは鉄板でございますね~。どれだけ撮っても飽きることがございません。

この山本山高原牧場は、錆と虎の両方を提供してくれますから、一石二鳥なのでございます!


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。