PENTAX 67_4111-2_R

小さな祠に響き渡る蝉時雨

2015年8月24日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

一時帰国での撮影日、もちろんここにも訪れました~♪

小千谷市の山本山高原牧場と塩殿での撮影を終えて、一路南魚沼に向かいました。

早速、定番である雷土新田のこの祠に寄りました。

K5_60003_R

K5_60005_R

K5_60013_R

K5_60018_R

小さな祠に響き渡る蝉時雨

小さな祠に響き渡る蝉時雨

丁度コシヒカリの開花が終わりを迎えておりました。

これから実をつけ、頭を垂れることと思います。

今年はしっかりと気温の上がった夏ですから、きっとおいしいお米が出来ることでしょう。

今年の収穫も楽しみでございます~♪

さて、この雷土新田の祠のシンボルツリーである大欅ですが、無数の油蝉の鳴き声が響き渡っておりました。まさに時雨状態です^^;

おそらく、近くで話してもその声が聞こえないのではないかな~?というほどです。

木に近づいてみてみますと、数百もの蝉の抜け殻がへばりついておりました。

地面には、落ちた抜け殻も無数に・・・^^;

今年の夏、一体何匹の蝉がここで生まれたのかな~?

眺めておりますと、一匹、白っぽい薄緑色の個体も発見!幼虫から脱皮したばかりのようです。

慌ててレンズを向けましたが、飛び立ってしまいました^^;

更に眺めておりますと、なんと脱皮途中の個体も発見!

幼虫の背中が割れて、中から薄緑色の白っぽい背中が飛び出しておりました。観察していると、時折モゾモゾ動いておりました。数十分ほど待っていたのですが、なかなか出てこないので、諦めました^^;

残念ながら、この時もって行っていたのは標準ズーム1本でした。

1枚だけ撮りましたが、全然寄れませんでした。トリミングした写真↓を貼っておきます。

K5_60014_R

う~ん、ピンも外してますね~^^;

驚いたのは、この時既に午前10時を回った頃でした。

蝉の脱皮って、夜明け前・・・というイメージだったのですが、日が昇ってからもあるんですね~^^;

もしかしたら、ちょっ寝坊助な蝉だったのかも・・・^^;


8件のコメント

  1. gucci より:

    この小さな祠も夏模様ですね(^^)
    蝉の抜け殻、来ましたねw
    蝉は開発しちゃうと、数十年出てこないので、こういう場所は貴重ですよね(^^ゞ
    私の実家の庭は、蝉の大繁殖地帯でして、朝方というか夜中にも結構脱皮シーンが観察出来るのですよね~
    しかも、外だと蚊に噛まれますが、網戸で観察出来るんです(^^)
    後、ヤモリの卵とかも観察可能です(^^ゞ
    今年は、脱皮シーンはありませんが、蝉の抜け殻は私も撮影しております、その内登場すると思います(^^)p

    • 皐月の樹 より:

      gucciさん
      こんばんは~!
      はい、この祠も定点撮影ポイントとして外せないんですよね~^^;
      必ず寄ってしまいます^^;
      この大檜には、蝉の抜け殻が至るところに・・・^^;
      足元にもバラバラと・・・そして蝉の幼虫が出てきた穴がいっぱい・・・^^;
      当然の如く大合唱でした^^;
      おお~、そうなんですか~。開発したら数十年ですか~。そう考えると貴重ですね♪
      なんと~!ご自宅は、蝉の一大生息地ですか~^^;
      家の中から脱皮シーンを観察できるとは!
      夏休みの研究には持って来いですねv^^
      ヤモリの卵?!・・・これまたレアもの、スゴイですね~^^;
      見てみたいですv^^
      gucciさんの蝉、楽しみにしております!
      めっちゃシュールなのですかね?
      それとも、アーティスティック?
      ん~、楽しみです♪

  2. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん おはようございます。
    定点撮影場所の祠ですね。私、この情景大好きです。山梨の社と似ている部分があります。
    こんな情景を見ていると、頭の中に井上陽水さんの「少年時代」が流れてきます。
    蝉の抜け殻をみると、少年の日、虫取りに夢中になって野山を走り回ったあの頃を
    思い出します。照りつける太陽、額から流れる汗、草の匂い、心に残る懐かしい夏の日です。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      はい、いつもの祠でございます~♪
      おお~、ありがたいお言葉、嬉しいです!
      私もここは、とっても気に入っております!
      だははは~^^;
      いや~、見抜かれましたね~^^;
      少年時代・・・流石です!
      ここの写真、実は中判フィルムでも撮影しておりました。そのフィルム写真のエントリーも作成してあるのですが、そのタイトルがまさに少年時代です^^; ズバリ言い当てられてしまいました~^^;
      実は私も撮影中に、少年時代が自然に頭に浮かんできまして、口ずさみながらシャッターを切っておりました。
      私にとっても、ここの景色は少年時代の思い出が浮かんできます~^o^/

  3. 黒顔羊 より:

    セミの鳴きまくる夏、日本ならではですね。^^
    日本の夏を初めて迎えるアメリカ人、みんな面食らってますよ。
    「あのうるさいのは何?」ってね。^^;
    しかし、セミの脱皮に遭遇しましたか、それは幸運かも~♪
    私も夜明け前、と聞いたような記憶があります・・・寝坊したのかな、そのセミ。^^;
    魚沼産コシヒカリ、豊作ですか・・・楽しみなんであります。^^v

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      仰るとおりですね~。あの大合唱を聞くと、夏ーっ!という感じがしますね^^;
      そして、実際以上に体感温度が上がりますね^^;
      なるほど~!アメリカの人にとっては、異様な音なのでしょうね~^^;
      まさかあんな小さな昆虫が鳴いているとは思えないかもですね^^;
      アメリカって、蝉はいないんですかね?^^;
      はい、久々に蝉の脱皮を見つけました♪
      ここは、数百もの抜け殻がありました。1ヶ月くらいでこれくらが羽化したと考えると、1日10匹は出てきていると言うことになります。それだけ上がれば、脱皮に出会うチャンスも多くなるかもですね^^;
      多分この蝉・・・寝坊ですね^^;
      はい、今のところ稲の生育は順調だそうです♪
      収穫が楽しみですね~!
      しっかり120kg確保済みでございます~v^^

  4. film-gasoline より:

    やはりここは外せませんよね~^^;
    皐月の樹さんと言えば、この祠(^^)v
    今日は蝉にスポットライトが来ましたか!
    蝉の脱皮は今まで見たことありませんね~。
    向かい合う抜け殻がとても印象的ですね(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      だははは~^^; 毎度毎度の祠でございます~^^;
      はい、ここは必ず寄ってしまいます^^;
      いつも見ているのですが、なぜだか寄りたくなるんですよね~^^;
      今回は、仰るとおり蝉にスポットライトですv^^
      この大欅にびっしりと付いた蝉の抜け殻を見ると・・・もう、今回の主役はこれしかないよね~・・・そんな感じでございました^^;
      向い合う・・・そうなんです♪
      抜け殻なのに・・・話し合っているように見えたんですよね~v^^
      ありがとうございます!

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。