PENTAX 67_4111-2_R

2015年9月

滑車と猫車のお仕事

9月の始めに、フィルム消費のためにお散歩していたところ・・・

面白いものを発見しました。

手摺に滑車?・・・です^^;

彼の仕事はなんだろう~?

と思って、近づいてみました。

PENTAX MX_3010_R

PENTAX MX_3013_R

滑車と猫車のお仕事

滑車と猫車のお仕事

と言うことなんです!

・・・って、何のこと?^^;

はい、ここは病院の裏口になりまして、長い階段が設けられておりました。

その下には、通用口のような出入り口があり、その周辺には、空き箱やらごみやらが置いておりました。

おそらく、この滑車でその荷物を吊り上げて、この猫車に乗せて、所定の場所まで運ぶ・・・というのが彼らのお仕事と推察いたしました。

あ・・・見たわけではございません。あくまで推察です^^;

 

さて、最後のお写真で、猫車ちゃんの右側が見事に切られております^^;

フレーミング中に、突然フレームインしてきた女の子に引っ張られてしまいました・・・

だははは~^^;

修行が足りん!雑念の塊じゃ!

もう少し離れて、広めにフレーミングしておけばよかった~!

と後悔の嵐です^^;


月光を探して

昨晩はスーパームーンだったそうです・・・

月が地球に最も接近して、普段より大きく明るい満月となって見ることが出来る・・・

私、ハンドルネームに月が入っているくらいでございますので、月は大好きです♪

(あ、その月じゃないだろう~!って?^^;)

おまけに中秋の名月とあっては、ススキの樹も黙っちゃおりません^^;

満月とススキを撮るのだ~!

・・・と張り切っておりました、昨日の午後までは。

夕方近くになって、雲行きが怪しくなってきました。う~ん・・・^^;

でも、我慢できなくて、日没頃にカメラを持ってお散歩へ~。相変わらず空は雲に覆われたままでした。

とりあえず、被写体を探しながら最寄り駅である牙山駅周辺をぶらぶらと。

小川に差し掛かり、何気なく見つめた川面でハッとしましった。これだ・・・!

K5_70738_R

K5_70714_R

K5_70727_R

K5_70722_R

K5_70742_R

月光を探して

 

この光は、もちろん月光ではございません^^;

川沿いの遊歩道に設置された街灯の光です。

でも、見ようによっては月明かりにも見えるぞ~!ということで、川面に反射する光を撮ってみました。

三脚も携えておりましたので、じっくり長秒露光してみました。

流れる小川の表面が滑らかに表現されました。

ここは、丁度電車の高架下を流れる小川でして、柱や様々な人口光が差し込んできておりました。

複雑な光の交差が、なかなかに面白い情景を描き出してくれました。

月光は見つけられませんでしたが、楽しい光を発見できて良かったです♪

スーパームーンのお写真は、おそらく他の皆様が様々なところでアップされることと思いますので、そちらで楽しませて頂こうと思いますv^^


秋空に輝いて

秋の空は、澄み切って実に青いですね~!

こちらでも、そんな秋空が広がる日が増えてまいりました。

私がこちらに来て、1年と2ヶ月が過ぎました。

一年を通して、深い青空が見れる日がそれほど無いことに、最近気付きました。

この時期だけかも知れません。

そんな青空に、太陽の光を受けて輝くススキは、絶品です♪

ほとんど逆光で撮ってしまいます^^;

K5_70301-2_R

K5_70298_R

K5_70324_R

K5_70299-2_R

秋空に輝いて

まだまだ若いススキの穂は、綿毛がほとんど無くて、光をたっぷりと抱く姿を見るには、ちと早いようです。

それでも、若々しい線を持ったこの姿もまた美しい~♪

ま、ススキフェチですので、ススキであれば何でも良いのでございます~^^;

 

去年から、ススキを撮る際にこのシグマの20mmを使うことが多くなりました。

APS-Cで使っておりますので、換算30mmの広角レンズとなります。

前玉に触るほど近寄れますし、開放絞りもF1.8と明るいですので、ガッツリ寄ればかなり背景ボケを生かせます。

それでいて背景は広く写せる♪

ススキの茂みでは、葉っぱや穂が交錯しておりますので、小さなフォーマットのカメラでは、なかなか主役を浮かび上がらせるのが難しいですね^^;

なので、寄れるこのレンズは、私にとって、重宝しております。

ススキレンズかもしれませんv^^

 


投影される秋影

PENTAX MX_3004_R

PENTAX MX_3005_R

投影される秋影

投影される秋影

秋になりますと、太陽の南中高度が下がってきますので、日中でもだんだんと影が長くなってまいります。

写真をする者にとっては嬉しい季節なのでございますv^^

アパートの壁面に描かれた楓の影が美しく、目を引きました。

その壁に近づいて、あーでもない、こーでもない、とカメラをぐるぐる回しながら、天を見上げて撮影しておりました。

傍を通行する人にとっては、実に奇妙な光景だったに違いありません^^;

五月病・・・というのはございますが、九月病も・・・あるのかな~?

なんて、思われていたりして^^;

まあ、皐月の樹ですから・・・年がら年中皐月病なのでございます~^^;


秋色に染まり始めた散歩道

K5_70286_R

K5_70283_R

K5_70291_R

秋色に染まり始めた散歩道

秋色に染まり始めた散歩道

こちらは、KTX天安牙山駅の西側にございます、池沿いの散歩道です。

私のアパートから徒歩5分少々でこれますので、お写ん歩には絶好の場所でございます♪

これまでも、幾度となく登場しております^^;

9月の半ばに散歩した時には、草木も徐々に秋色に染まり始めておりました。

気付けばもう、こんなに色づいているのか~、と少し驚きました。

あ・・・でも、このカエデの類は、おそらく夏でも赤い葉っぱをつける品種かと・・・^^;

名前は良く分かりませんが~^^;


暮れなずむ街を見つめて

昨日の宣言どおり!

本日は、フツーのコスモスです^^;

夕日に柔らかく照らされる、やさしい秋桜・・・のイメージです♪

K5_70509_R

K5_70519_R

K5_70528_R

K5_70537_R

K5_70535_R

K5_70531_R

K5_70551_R

 

K5_70561_R

暮れなずむ街を見つめて

 またしても、ぷらな~の力に頼りっきりでございます^^;

この日の夕空は、薄く霞が掛かったような状態で、それほど焼けませんでした。

でも、逆に淡い色合いで、コスモスの色を引き立ててくれたように思います。

夕日の入るこういうシーンでは、口径の大きなぷらな~1.4/85はとても助かります。

やはり、夕日の存在感を出したいので、出来るだけ大きな日の丸を描きたいと思うんです。

絞ると、この日の丸は小さくなってしまいます。

そうすると、コスモスとのバランスが悪くなるんですよね~。

こういう時は、口径を大きくするしか手が無いわけですが・・・。つまり、焦点距離が長く、開放F値が小さなレンズを使うという方向になりますね。そこで、このぷらな~に白羽の矢が立ったわけでございます。

あ、もう一つは、焦点位置も関係しますね^^;

焦点位置を出来るだけ手前に持ってくれば、背景の夕日は大きくなりますね。ただ、その分ボケますが^^;

今回私が、夕方にコスモスを撮りに出た、もうひとつの理由がこれでした~♪

 

ん~・・・やっぱり錆色の方が好みですね~^^;

あるいは、モノクロか?!v^^

実は・・・モノクロも用意していたり・・・^^;

それはまた後日ということで~♪


秋寂(錆?)色の秋桜

先日の日曜日の夕方、ふと思い立ちまして、コスモスを探して彷徨ってみました・・・^^;

コスモスも、どっぴーかんの秋空の下ですと、色飽和や白飛びが激しいので、夕方がいいよね♪

とか言いながら^^;

コスモスは、秋桜・・・というほどですから、郷愁と侘び寂を強烈に感じる花なのでございます。

そんなイメージを作るのには、曇天や夕方くらいが私には丁度良いかな~・・・と思っております。

久々に、ぷらな~を持ち出しまして、妖艶なほどの浮遊感で撮ってやるぞ~!

という意気込みで・・・いえ、正確に申しますと、ぷらな~の力に頼りきってしまおう~という魂胆ですね・・・^^;

 

アパートから、徒歩20分圏内くらいで、小さな畑を発見!

その脇に、少しコスモスが植えられておりました♪

K5_70558_R

K5_70556_R

K5_70550_R

K5_70542_R

K5_70562_R

秋寂色の秋桜

だははは~^^;

枯れかけのコスモスをメインにするあたりが錆的なのでございます^^;

美しく咲いている花より、枯れモノに惹かれる・・・ビョーキですね^^;

ぷらな~の強烈な浮遊感、実に楽しいのでございます。

こういう被写体には、持って来いのレンズですねv^^

色味もガッツリ秋錆色に致しました♪

これ、実は先日ご紹介したススキのお写真と同じポストプロセスです。

題して、「秋の光」。

今年の秋用に作ってみました。

あ・・・でも、一応普通のコスモス写真も撮っております^^;

明日は、普通の写真をご紹介したいと思います~^^;

 

 


秋色に染まる初夏の光

PENTAX MX_2991_R

PENTAX MX_2986_R

PENTAX MX_2982_R

秋色に染まる初夏の光

秋色に染まる初夏の光

秋の柔らかい光が注ぎ込む林で、お散歩する女性・・・

はい^^; 真っ赤な嘘です^^;;;

これは、5月の健康診断でソウルを訪れた際に見つけた、お昼休みのお散歩をされている女性・・・

・・・が正解です^^;

初夏の光と、初秋の光・・・似ておりますね~♪

でも、この女性の服装や道端のすっきりとした雑草の様子は、見事に違和感がございます。

秋ではございませんね~^^;

こうしたお写真が・・・

タイムカプセルから、まだまだ飛び出てくるのでございます~^^;


主待つ健気な力持ち

先日から、135判のお写真をご紹介しておりますが、実はこのフィルム、またしても見事にタイムカプセル入りしておりました^^;

5月に詰めてから、早4ヶ月・・・^^;

9月に入って、これはまずい!と言うことで、PENTAX MXのみを持ち歩き、なんとか消化いたしました^^;

今日ご紹介しますのは、その9月の始めに撮ったお写真ですので、それほど違和感は無いのですが・・・

まだまだ初夏のお写真も残っております^^;

ボチボチ、放出していこうと思っております。

初夏と初秋・・・光は似通っているのでバレないのだ~!

・・・って、それは無理ですね^^;

PENTAX MX_3006_R

PENTAX MX_3008_R

主待つ健気な力持ち

主待つ健気な力持ち

フィルム消化に励もうとお散歩をしておりますと、交差点に小さな自転車を発見です♪

なにやら、額に汗しております・・・^^;

「ん? どうしたんだい?」

「・・・。」

よく見ると、段ボール箱がてんこ盛りに・・・^^;

こりゃ、大変だ^^;

「あ、お仕事中でございましたか。お疲れ様です!」

そう一言、伝えました。

それにしても・・・この状態でこの自転車には・・・

どうやって乗るのでしょうか?

その疑問だけが頭を巡るのでございました~^^;

 

そんな彼には、この歌がぴったりかな?

ユニコーン 働く男

また、Youtubeリンク貼っておきます♪


Longing for…

K5_70342_R

K5_70344_R

K5_70332_R

Longing for...

Longing for…

本格的なススキの季節がやってまいりました。

ススキの樹が待ち望んでいた季節でございます^^;

先日は、色づく葉っぱのお写真をご紹介致しましたが、もちろん穂も撮っておりましたv^^

まだまだ若い穂で、綿毛には程遠いですが・・・。

ススキも葦も、これからどんどん美しい綿毛をつけることでしょう~♪

先日は、秋色の光を演出してみましたが、今日はガラリとイメージを変えてみました。

郷愁を誘う秋のイメージです。

秋というと、

秋色、秋声、愁思、悲愁・・・などなど、少しおセンチになる季節のように思います。

そんな時は、ゆっくりと音楽でも聴きながら、美味しいコーヒーを入れて、物思いに耽ってみるのも良いかな~と^^;

BGMは~・・・私は、ピアノが好きなので…

George Winston Longing Love

秋の夜長に聴きますと、涙がこぼれそうになるくらい、切ない調べでございます^^;

でも、実に美しいのでございます。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。