女子カメ風ススキスナップ・・・崩れ(涙) « 皐月の樹|写真を愛する田舎人の のんびりブログ

PENTAX 67_4111-2_R

女子カメ風ススキスナップ・・・崩れ(涙)

2016年2月24日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

今日もススキのお写真なのですが・・・

ちょっと趣向を変えてみました^^;

ススキーノ、新境地開拓なるか?!

・・・ま、タイトルから結果は見えてしまっているのですが~ToT

K5_72371-2_R

K5_72373-2_R

K5_72368-2_R

女子カメ風ススキスナップ・・・崩れ

女子カメ風ススキスナップ・・・崩れ

いつになく、ハイキーでローコン、明るい雰囲気にしてみました。

と、言いますのは・・・実は、先日、ジャイアンさんご自身のブログで女子カメ写真の話題を取り上げてらっしゃいました。その時のコメントのやり取りで、素敵な女子カメ写真を撮って、この写真を撮ったのはこんなおじさんでした~♪ みたいなのって、楽しいよね・・・という話が合ったのです。

おお~、それは楽しそう~!

と、食いついたのが私でございます^^;

ジャイアンさんは、同じ写真同好会の全味協&錆銀のメンバーでらっしゃいまして、とてもアーティスティックで、素敵なお写真を撮られます。

さて、しかしながら、今日ご紹介しましたお写真はその話題の前に撮ったものでして。

撮影中は全く女子カメの意識などしておりませんでした^^;

当然、後からポストプロセスのみで、それらしく仕上げようとしたところで、視点がそもそも違っておりますので、詫び侘びのイメージは抜けないのでございます^^;

付け焼き刃の女子カメ・・・撃沈でございます~^^;

今度は、ちゃんと、現場で仕上げるつもりで、頑張ってみるのだ~!

まともな写真が撮れるまで、しばらく隠練致します~v^^


10件のコメント

  1. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん おはようございます。
    雪とススキ、結構すてきな世界ができあがりますね。昨日のiwamotoさんの
    ブログも雪とススキでしたよ。さて、ススキの穂は降り積もった雪の重みで
    首を垂れていますが、茎は強いんですね。折れずに堪えている姿にエネルギ
    ーを頂きました。3枚目の写真、雪原の中で必死に倒れまいとする情景に感
    動しました。思わず「負けないで!」と、叫びたくなりました。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      お返事、遅くなってしまいましてすみません~^^;
      雪とススキって合いますよね~!
      雪とススキ・・・実は私にとっても新鮮な光景なんです♪
      韓国に来てから撮り始めたような感じです。
      越後では、初雪の降り方が尋常ではなかったりするんです。なので、ススキはあっという間に雪に埋もれてしまうんです^^; このお写真のような光景は、なかなか見ることが出来ません。
      韓国の雪は、粉雪で、それほど量も降らないので、こういう光景が見れるんですよね~♪
      「負けないで!」・・・分かります~^^;
      私も、そんな気持ちで、撮り止めておりました~♪
      yamaboushiさんの優しいお気持ちはきっと届いたかとv^^

  2. film-gasoline より:

    ススキーノさん、こんにちは
    「わたしはススキーノさんがと撮りになるススキが大好きなんですぅ〜♪」・・・
    みたいなカメラ女子からのコメを待ってません? ^^;
    それは冗談ですが、しっかり女子カメ風に仕上がってますよ〜^^
    確かに詫び侘びの出汁が効いてますが・・・^^;

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      お返事、遅くなってしまいましてすみません~^^;
      カメラ女子からのコメント・・・いいですね~♪
      願わくば!・・・って、悪ノリりしすぎですね^^;
      いやいや、私は、マイナー系、錆系、ハードボイルド系、時々ランドスケープ・・・と女子カメからは程遠いので、まず寄ってこないと思います^^;
      オヤジは、オヤジで行くのだ~!^^;
      だははは~^^;
      やっぱり、オヤジの出汁が出ておりますよね~^^;
      もう、これは、止めようにもにじみ出てきまして^^;
      LRでも消せませんね^^;

  3. 黒顔羊 より:

    わははは、女子カメ風味のススキですか~♪
    いやね、女子カメな方々、被写体選びがちょっと違うんですよね。
    やはりオサレ系・・・あ、ススキがオサレ系じゃない、と言う意味じゃないんですけどね。^^;
    ハイキー、ローコンに似合う被写体とそうじゃない被写体って、あるような気がします。^^;

    ↓の一つ目小僧耕運機、素敵な風合いですねえ。^^
    あの温泉街の片隅にいたんですか・・・
    こりゃまた春になったら定点観測に行かなければいかんですねえ。
    (と、暗にもっと見てみたい、と言う悪いやつ。^^;)

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      お返事、遅くなってしまいましてすみません~^^;
      だははは~^^; はい~、女子カメ風ススキ写真です~^^;
      でも・・・もう、ススキ・・・しかもガッツリ枯れススキのお写真という時点で、女子カメというキーワードは消えますよね~^^;
      仰るとおり、被写体を選ぶところから女子カメになり切らなくてはいけませんね^^;
      オサレ系の被写体・・・私に見つけられますかね~?^^;
      チンアナゴとかなら、すぐに見つける自信ありなのですが^^;

      ↓はい、そうなんですよ~。
      まさか温泉街の片隅に一つ目小僧さんが集っているとは、思いもよりませんでした^^;
      はい♪
      もちろん、定点撮影決定でございます~v^^
      花が咲くころに、また訪れてみたいと思っておりますv^^

  4. iwamoto より:

    1枚目、2枚目の状態を見逃して、折れちゃったのです。
    わたしは断然、最後の一枚がお気に入りです、背景のボケ方も。

    女子カメって、こちらでガーリーフォトと呼んでるものだと思います。
    やっぱ、先ずは色でしょうか(笑)

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      お返事、遅くなってしまいましてすみません~^^;
      なるほど~、そうなんですね~。
      でも、日本の雪は(2000mクラスの山と北海道は除く^^;)重いので、致し方ないかもしれませんね。
      韓国は、やっぱりコンスタントに-10℃を下回ってきますので、雪もほとんど粉雪です。
      ふーっと息を吹きかけると飛んでいきます。
      ススキも、そういう雪であれば、しっかり立っているようです。
      ここのススキ、未だに立ってます^^;
      ガーリーフォト・・・なるほど~♪
      オシャレな表現ですね~。
      私の場合、ガーリックフォト(って、なんじゃそれ?^^;)になりそうですが^^;
      色・・・ううう~、私にとって最も厄介な難題ですね^^;
      諦めようかな~?^^;

  5. ジャイアン より:

    お~!皐月の樹さんブログのご紹介ありがとうございます~~!!(#^.^#)

    女子カメラ~~!(笑)1枚目、ススキの濃い葉っぱ部分が無ければモロ女子カメ行けたかも~(笑)

    でもほんと女子カメを撮るには物事の捕らえかたから考えないといけませんよね~!
    ん~~!難しいですよね~(笑)
    そうだ!いっそのこと格好から女子になってみますか!!って!自分の姿想像してしまった。
    気持ち悪りー(>_<)

    女子カメラ、私もチャレンジして行きますね(^_-)-☆

    • 皐月の樹 より:

      ジャイアンさん
      こんばんは~!
      お返事、遅くなってしまいましてすみません~^^;
      いえいえ、とんでもございません~。
      こちらこそ、楽しいテーマのご提供・・・あ、私が勝手にパクってしまいましたね^^;
      ・・・ありがとうございます~^^;
      しかも、今日は幣ブログをご紹介頂き、ありがとうございます~^^;
      1枚目・・・だははは~^^; ディープシャドーを利かせたくて、ちょっと落としたのですが、やっぱりだめですよね~^^; 
      やっぱり、被写体から見方から、全部変えないとダメですよね~^^;
      ホント、考えれば考えるほど、難しいですよね~!
      しょっぱなから、躓きっぱなしでございます^^;
      まずは、どういう見方をするのか・・・学ばなくては。
      なるほど!
      恰好から入りますか~!
      ・・・って、撮影の前に捕まっちゃうかもですね^^;
      ジャイアンさんの女子カメも、楽しみにしております!
      私も、もうちょっとじっくり取り組みます^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。