PENTAX 67_4111-2_R

2016年3月

膨らむ蕾と春への期待

春分も、先日過ぎました。

いよいよ三月も終わりでございます。

本格的な春の到来でございます♪

こちらは、最寄り駅の牙山駅です。

梅の蕾が膨らんで、咲く時期を今か今かと待ちかまえておりました。

MAMIYA C330_3430_R

MAMIYA C330_3429_R

膨らむ蕾と春への予感

膨らむ蕾と春への予感

3枚目の中央部付近に、ご覧いただけますでしょうか?

白梅が二輪ほど咲いております。

ちとフライング気味ですね^^;

このお写真を撮影したのは、2月の半ば過ぎでございました。

去年を思い返してみますと、私が滞在している天安・牙山市で、梅が咲き始めたのは3月半ば過ぎでした。

つまり1か月ほど早いということになります。

やはり今年の冬は、平均的には暖かかったのかもしれません。

今日は3月31日、既に梅も満開を迎えております。

 

さて、明日から一時帰国致します。

丁度、桜が咲く頃かな~?と思っております。

今年も、桜のお写真が撮れると思うと、嬉しいのでございます♪

どんな桜が見られるか・・・期待も膨らみます。


ガチ撮りしたくなった観光地

私、いわゆる観光地では、スナップが多くなります。

と言いますのも、その地を訪れる時には光や影の具合を狙って訪れることが無いからですね~^^;

たまたま訪れた時に、たまたま見つけた光と影を拾い集める・・・そんな感じでしょうか。

お気に入りの場所や定点撮影ポイントでは、少し異なります。

あの場所で、こんな季節のこんな光の時に撮りたいな~、とイメージを作って、ピンポイントで日時を決めて撮りに行きます。構図を決めてフレーミングしたら、その瞬間が訪れるまで待つ・・・そんな撮り方です。

2月の旧正月の時に訪れた外岩民俗村では、たまたまそんな心くすぐるシーンと光が待っていてくれました♪

PENTAX LX_3410_R

PENTAX LX_3406_R

ガチ撮りしたくなった観光地

ガチ撮りしたくなった観光地

1,3枚目:SIGMA AF 20/1.8

2枚目:SMC Pentax 1.2/50

3枚目の中央の木・・・実はこれが昨日ご紹介した木の影の主ですv^^

昨日のヒカリトカゲを撮影した後、ふと振り返るとこの3枚目のシーンが目に飛び込んでまいりました。

ということで、すかさずレンズを20㎜に交換しまして、三脚を据えてフレーミング。木と太陽の重なり具合を何度も確認しながら撮影しました。

もう少し木を太陽に被せた方が、光条が出たかもですね~^^;

私、こういう一本木のど逆光シーンに目がないのですね~^^;

越後でも、お気に入りの一本気でよくこういう写真ばかりを撮っております^^;

どこに行っても変わらない・・・う~ん、成長がないということですね~!^^;;;


古の村に宿る光と影

皆さま

いつも幣ブログにご訪問頂き、また温かいコメントを頂戴しましてありがとうございます!

すみません^^;

またまた、コメントのお返事や皆様のブログへのご訪問が滞っております。

4月1日に一時帰国の予定ですが、その前に済ませておきたい仕事がございまして~^^;

仕事もそうなのですが、一時帰国中は家族サービスがメインとなりますので、このブログ活動もままならなくなってしまいますので、その前にネタを数週間分仕込んでおこうと、撮影&ネタ作りに励んでおります~^^;

今しばらく、お待ちいただけますと幸いです^^;

 

さて、本日は・・・

ヒカリトカゲ(光蜥蜴)・・・黒顔羊さんの特に銀塩ブログを訪れてらっしゃる皆様にとっては、もうお馴染みのお言葉かと思います^^;

私も、B&Wフィルム写真が多いので・・・いえ、デジタルでもモノクロームに仕上げることが殆どですので(笑)、光と影はメインの被写体となります。どこでも、常に探してしまいます。

今日は、外岩民俗村で見つけた、のどかな田舎のヒカリトカゲでございます~♪

PENTAX LX_3412_R

PENTAX LX_3408_R

PENTAX LX_3422_R

古の村に宿るヒカリトカゲ

古の村に宿るヒカリトカゲ

古の村の古風な建物の壁に落ちる草木の影は、実に味わい深いです。

韓国の建物の造りは、日本のそれとは異なります。

しかしながら、落ちる影には共通点を多く感じるのでございます♪

さて、この3枚目ですが、如何にもこの木の影が壁に投影されているように演出しておりますが、全く異なる木でございます^^;

この影の主は・・・明日、登場いたします~v^^


脳内結像・・・結果決裂(汗)

先日ご紹介しました、マミちゃんでの多重露光の続編です^^;

今回は(も?^^;)失敗写真のご報告です^^;

脳内結合・・・結果決裂(汗)

脳内結合・・・結果決裂(汗)

MAMIYA-SEKOR 55mmF4.5/80mmF2.8

 

私が滞在しておりますアパートの最寄り駅、牙山駅でトライしてみました。

電車の高架下と上のシーンを重ねてみたのですが・・・トホホ~、露出合わせを失敗しました。

完全に高架下のシーンが飲まれてしまっております。

おまけに、互いの構図合わせもイマイチです。

まとまりのない画となってしまいました・・・ToT

ということで、もう一枚、お口直しを^^;

MAMIYA C330_3428_R

MAMIYA-SEKOR 80mmF2.8

 

出発する列車です^^;

この電車、ヌリロ号という特急列車です。

今の韓国では珍しい、Made in Japan、日立製作所製です。

 

多重露光の道・・・まだまだ遠いのでございます~^^;


無理やり春にされてしまった雪面

2016年3月27日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

ようやく真冬のお写真も、これで最後となりました~^^;

長々とお使いいただき、ありがとうございます~m(_ _)m

もう3月も終わりに近づいております。

そのせいか、真冬のお写真もどうやら春の光を帯びてきたようでして・・・^^;

あ、古いから退色したのかな?

なんて、デジタルではあり得ませんね・・・^^;

K5_72475_R

K5_72479_R

K5_72477_R

無理やり春にされてしまった雪面

無理やり春にされてしまった雪面

LR4のスプリットトーニングで、シャドーに黄色を入れてみました。

暖色系になって、春らしい光になったでしょうかね~?

と、強引に春にされてしまったススキ~の雪景色でございました^^;

 

因みに、まだ残雪のお写真は残っていたりします~^^;

だははは~^^;

まだ、雪で引っ張ります~^^;


雪吹き付ける開発地

2016年3月26日DA★16-50mmF2.8ED AL SDM,K-5

さて、1月終わりごろの真冬の雪景色も、いよいよ残すところ今日と明日の二日となりました^^;

これまで、週末を中心に長々と引っ張って参りました。

4月に入る前に終わることが出来て・・・良かったです^^;

今日のお写真は・・・あの寒波が来ていた時に撮影しました。

見るからに寒そうで、今の時期に眺めると、南半球で撮ったのか?と思うほどですね・・・って、さすがに南半球でも雪が積もっているのは、南極くらいですかね?^^;

K5_72572_R

K5_72504_R

K5_72503_R

K5_72542_R

K5_72502_R

雪吹き付ける開発地

横殴りに吹き付ける雪が、電柱や信号などに張り付いておりました。

越後でも、真冬は似たような光景が見られます。

風下から見ると、雪は全く見えないのですが、風上から見るとすべて真っ白に・・・。

まるでジキル博士とハイド氏なのでございます~^^;


凍る田畑で春を待つ

外岩民俗村を訪れましたのは、2月初旬の旧正月の連休の最中でございました。

春・・・と言うには、まだ少し早い、寒さの厳しいころでした。

越後で言えば、田畑はまだまだ深い雪の下。

どこが田んぼで、どこが畑かも見分けがつかない頃でございます^^;

この時の外岩村では、1月後半にまとまって降った雪もほとんど融けて、土が露わになっておりました。

それでも気温は低く、日中でも氷点下という日がざらでございます。

田畑はまだ固く凍っており、春が待ち遠しいころでございました。

PENTAX LX_3411-2_R

PENTAX LX_3403-2_R

凍る田畑で春を待つ

凍る田畑で春を待つ

3月も後半になった、今の時期に眺めますと、もう春を迎えた田畑にも見えますね~^^;

でも、枯木立の様子は、まだまだ冬の面影です。

外岩村の訪問も、この時で3度目を迎えておりました。

段々、自分なりにお気に入りのスポットや、要素の取り入れ方が固まってきたように思います。

まあ、茅葺、石垣、田んぼ・・・という当たり前の要素なのですが~^^;

外岩村のお写真ですが、今回も大量生産してしまいまして、まだまだ似たようなお写真がお蔵で出番を待っております^^;

ちょこちょこと、小出しにしてまいりますので~^^;

お付き合いのほど、よろしくお願い致します~m(_ _)m


春の足音を感じる晩冬の光

これを撮影しましたのは、まだ2月の始めでございましたので、晩冬の頃でありました。

気温はまだまだ冬のそれでございましたが、日差しは随分力強さを持って来ておりました。

春を感じる光でございます♪

なんて・・・そう思い込むと、そんな風に見えてくるので怖いですね^^;

冬の光、と説明すれば、そんな風にも見えてしまう^^;

写真は、真実を語らないのでございます~。

あ・・・それは、撮影者である私が真実を語っていないだけでございますね~^^;

MAMIYA C330_3301_R

春の足音を感じる晩冬の光

春の足音を感じる晩冬の光

さて、1枚目は撮影のためにアパートの1階に降りてきたところ、入り口から明るい光が差し込んで来ておりましたので思わず1枚切ったシーンでございます。

このフロアーには、駐輪所がございます・・・。

あ、正確に申しますと、皆さんが勝手に自転車を停めてらっしゃいます^^;

私も、こちらに停めておりました^^;

が!

昨年の秋(恐らく9~10月ごろです)、一度一掃されてしまいました。

柱や階段の手摺にワイヤーロックしてあった自転車は助かったようですが。

私は、タイヤとフレームをワイヤーロックしていただけでした。

気付いたら、私の自転車は無くなっておりました・・・ToT

多分、事前に掲示板などで注意(あるいは警告)されていたのだと思います。

でも、普段から特に気にしておりませんでしたし、おまけにハングルだけで書かれておりますので、真剣に読み込まないと気づきません^^;

落ち度は私にあるので、文句も言えません^^;

こうして、私は、自転車を失ってしまいました。

それまで自転車で巡っていたこちらの定点撮影ポイントにも、通うことが出来なくなったのでございます(涙)。

その後、冬になり自転車を使うこともできないので、購入には二の足を踏みだせないでおりました。

さて、春になり・・・どうしようかな~?^^;

買いたいのですが、その前にK-1という大きな出費も控えており^^;

やはり二の足を踏みだせないでいるのでございます~^^;


激震(沈)・・・珍?

今日のお写真は・・・一体何が起こったのでしょうか?!

昨日に引き続き、多重露光か?!

はたまた、思い切り手ブレしたのか?!

いや、それにしては妙なブレ方ですね^^;

実はこの時、カメラは三脚に据えておりました。

では、どうしてこんなにブレてしまったのか?!

激震(沈)・・・珍?

激震(沈)・・・珍?

実は~・・・^^;

このフィルムのロールでは、昨日ご紹介しましたように、多重露光を試みておりました。

でも、この時は、シングル露光するつもりでございました。

開発現場に訪れた夕景を撮っておりました。

三脚に据えて、構図を決めて、フォーカシングもフレーミングも終えて、レリーズケーブルを握りしめながら、チャッ!

撮影を終えました。

次のポイントは決めておりまして、画角も決めておりました。

三脚に据えておりましたので、次へ行く前に、ここでレンズも交換してしまおう♪

(マミちゃんは、レンズ交換できちゃう二眼レフなのですv^^)

レンズ交換する際に・・・あれ?Un-Lockしてある?

それとも、今、自分でUn-lockしたのかな?

※Un-Lockとはレンズ交換する前に、レンズ固定レバーのLockを解除する事です。これをすると、フィルム室もカバーされて露光されません。

Un-Lockをしたタイミングが分からなくなってしまいました^^;

このシーンの撮影前だったか?後だったのか?

悩んだ結果、多重露光に切り替えて、もう一度撮影することに^^;

そして、これが結果でございます~^^;

つまり、撮影後に自分でUn-Lockしたのを忘れてしまっていたということですね^^;

う~ん、既に数分前の出来事も覚えられない頭になってしまいました^^;

完全にアルツハイマーですね^^;;;

ということで、ポストプロセスも思いっきり発狂させてやりました~v^^


共存

昨年の秋、デジタルでの多重露光にチャレンジした様子をご紹介いたしました。
今回は、ようやく本命のフィルムでの多重露光写真です。
マミちゃんによる銀塩融合写真です♪

デジタルであれば、一写目の後、背面モニターで確認しながら二写目を打てるので、イメージを確認しながら多重露光できます(その後、Gucciさんに教えて頂きました^^;)。あるいは、多重露光後に背面画面でその出来栄えを確認して、再チャレンジ・・・が出来ます。

でも、フィルムの場合は完全に脳内融合ですね^^;

正直、現像→停止→定着が終わるまで、ドキドキしておりました^^;

それでは、まずその結果から~^^;

共存

共存

私が滞在しております、アパートのすぐ前の雑木が並ぶ小さな公園と、最寄り駅のKTX天安牙山駅のエントランスの様子を重ねてみました。

どちらも、単体では何度も撮影してきておりまして、見覚えのある方もいらっしゃるかと思います。

今回の露光は、どちらも適正から1段下げて撮影して重ねてみました。ちょっと駅のエントランスの露出が強かったかな~?と思いました。

さて、今回はポストプロセスで相当悩みました^^;

ひとまず、春をイメージして、上のようにスプリットトーニングしてみたのですが、色付けせずに白黒の方が良いような気もしました・・・。

MAMIYA C330_3427-2_R

共存Ⅱ

ということで、ノーマルB&Wも載せておきます~^^;

なんとなく、ノーマルの方が融合感が出るかな~?と思うのですが、如何でしょうか?

多重露光・・・パラメータが増えるので、様々に味付けできるのは楽しいのですが、悩みが尽きません~^^;


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。