PENTAX 67_4111-2_R

2016年3月9日

過ぎ行く雲と時間

こちらのお宅、外岩村で見つけた茅葺屋根の家屋ですが、既に廃屋となっているようです。

茅葺屋根も、崩れつつありました。

昨日ご紹介したように、修繕や改修されるお宅もあれば、この様に廃屋のまま放置されるところもあるようです。

PENTAX LX_3367-2_R

過ぎ行く雲と時間

過ぎ行く雲と時間

 

実は、このお宅は以前訪れたときもローラちゃんで撮っておりました。

あの時は中秋のころでしたので、まだお屋敷の背後の木々には葉が生い茂り、門には蔦の葉が絡みついておりました。

あれから約半年・・・真冬に見る光景は、実に侘しさで溢れておりました。

人が住まなくなった廃屋の衰退は実に早いです。

このお屋敷も、風に流れる雲のようにどんどん朽ち果てていくのでしょうか?

そんな様子をちょっとエキセントリックに表現してみました^^;

次に訪れたときも、また寄ってみたいと思います。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。