PENTAX 67_4111-2_R

お庭に見るパラレルワールド

牙山市にございます温陽温泉にはいくつかのホテルがございます。

温泉施設もあるようです。

今日ご紹介いたしますのは、その中の一つです。

ホテルの名前は~・・・確か、グランドホテルでしたが、定かではございません^^;

日本の所謂老舗温泉旅館の新館・・・そんな佇まいでございました。

もちろん、日本の伝統的な建物とは違い、韓国の伝統的な造りを取り入れた造形でございました。

いつもの通り、その全貌が分かるようなお写真は撮っておらず・・・^^;

皆様のご想像にお任せしよう、という魂胆でございます^^;

PENTAX LX_3324_R

PENTAX LX_3314_R

PENTAX LX_3315_R

お庭に見るパラレルワールド

お庭に見るパラレルワールド

3枚目は、井戸のようなものがございましたので、覗き込んでみました。

それほど深くないように見えましたが、底には凍った氷がへばりついておりました^^;

井戸の縁には残雪がへばりつき・・・^^;

実に寒々しい光景だったのでございます。

撮影は2月の旧正月の頃でした。

今はもう、3月も半ばを迎えようとしております。

春の訪れが遅い韓国でも、花の蕾が膨らみ始めております。

この季節の変わり目の1か月の変化は、大きいですね。

これらの写真の季節外れの感も、甚だしいのでございます^^;


8件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    うんうん、似ているようで似ていない・・・
    これはパラレルワールドですねえ。^^
    日本の温泉街も、昭和のころはやたらとけばけばしい風景が多かったと記憶してます。
    でも、昨今は日本の伝統に根差した温泉旅館が復権を遂げているようですね。^^
    韓国はどうなんでしょう・・・^^

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      こういう景色って、パラレルワールドですよね~^^;
      微妙な差が、大きな差となって目に映るんですよね~^^;
      こちらも、少し前はもっと賑わっていたのかな~?と思わせる建物や施設がございますね~^^;
      日本と似ていて、一過性のブームが凄くて、それが去ると実に空虚感が漂ってしまうようです^^;
      それでも、いくつかの場所は堅実に商売を続けて行ってらっしゃるようでした。
      こちらの温泉街はどうか分かりませんが、韓国でもレストランやカフェ、居酒屋さんなどでは少し伝統的な造りを意識した建物や内装をしている場所も見受けられます。
      そういう流れも、日本と似ている感じがします^^;

  2. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんにちは
    韓国の老舗旅館ってどんな感じでしょうか?興味があります。
    日本の場合、部屋に入ると必ずお菓子が置いてあって、仲居
    さんがお茶を入れてくれます。浴衣のサイズはどうされますか。
    決まって同じことを尋ねられますが、この雰囲気が日本旅館に
    泊まる醍醐味ですよね。温泉に行きたくなりました。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      こちらの老舗旅館・・・それほど古い建物のものはございませんでした^^;
      比較的新しい・・・と言っても、数十年くらいの建物でしょうか。そんなところが多いですね。
      そういう意味で、日本の老舗旅館の新館・・・と言った感じの建物でございました^^;
      日本の温泉旅館って、仰る通り型がございますよね~。
      日本人にはとても馴染み深いですね。
      私は、最近はもっぱら日帰りの温泉が多いです^^;

  3. ジャイアン より:

    1枚目、ぱっと見たら有刺鉄線かと思いました(笑)

    建物の全貌は想像に足りますよ~!屋根の角がきっと持ち上がった独特の形。
    さすが大陸の国、中華の色が濃く現れている感じもしますね。

    でも日本にも中華の影響をうけた神社仏閣はとてもたくさんあるわけで、あらためて中華の凄さを感じますね。

    無理やりねじれた様な木は松でしょうか?なんでこんな風に曲がったのでしょう?

    • 皐月の樹 より:

      ジャイアンさん
      こんばんは~!
      有刺鉄線・・・だははは~^^; 確かにそんな雰囲気ですね~^^;
      温泉旅館に有刺鉄線、ちと入るのが怖くなりますね~^^;
      冬枯れした蔓が、瓦に絡みついている様子が、どうにも写欲をそそりまして~^^;
      おお~、さすがでございます!
      仰るとおり、この屋根の反り具合は独特ですよね~!中華の影響、多分にございますね^^;
      日本でも、特に平安以前は、そういう屋根が多かったようですね。
      今でも、古式を重んじるところは、しっかりと反ってますよね~^^;
      この木は、ここのお庭で見つけた松なのですが、結構大きかったです。
      恐らく、庭師さんがこういう形に仕上げられたのだと思うのですが・・・。
      韓国でも、松は庭木としてよく使われるようです。
      ただ好まれる形は、日本と若干違うような気がします。
      そういうところにも、パラレルワールドを感じます~v^^

  4. Film&Gasoline より:

    パラレルワールド、ほんと不思議な感覚に襲われます。
    頭の中で「何かが違うぞ~!」って、混乱している感じですね^^;
    老舗温泉旅館の新館ですか、なんとなく想像がつきますね^^
    温泉の泉質もパラレル感があるのかな? ^^;
    雪の残る風景にはやはり風情がありますね~♪

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      そうなんですよ~^^;
      この微妙な差が、実に気になって頭の中で大きくなりますね^^;
      こちらには、それほど古い建物は見受けられませんでした。
      なんとなく、日本の温泉旅館の新館クラスの建物が多いような・・・そんな感じです^^;
      温泉の泉質・・・足湯で見た感じでは、透明度は高かったです^^;
      硫黄の匂いもしてましたね~。
      こちらの源泉の温度は、確か、40~50℃くらいだったような。
      なので、しっかりとした温泉ですね^^;
      ちょっと不思議に感じるのは、地震のない国なのに温泉はあるんだな~というところなのです^^;
      あるいは・・・そのうち地震がくるのでしょうかね~?!
      戦々恐々でございます~^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。