PENTAX 67_4111-2_R

雪解け間近の古の村

雪が積もったら撮りたかった光景その1である、外岩村に行ってみたのですが、既に大雪が降って2週間が経過しておりました。

越後ならまだしも、それほど積もらないこちらでは、さすがにもう雪は無いかな~?と諦めておりました。

でも、陰になっているところや屋根の北側にはまだ残雪が見られました。

ということで、牙山市の外岩村で融け往く残雪を追いかけてみました~♪

PENTAX LX_3392_R

PENTAX LX_3393_R

PENTAX LX_3384_R

雪解け間近の古の村

雪解け間近の古の村

1,2枚目:NEOPAN 100ACROS(EI100)

3,4枚目:ADOX CMS20 Ⅱ(EI10)

この日は、135判フィルムを2本消化したのですが、この時が丁度折り返し地点でございました。

先に詰めていたADOX CMS20で撮ったのが後半の2枚。その後、ネオパンに詰め替えて撮ったのが前半の2枚です。

同じようなポストプロセスにしておりますが、やはり描写の違いが明らかですね~^^;

ADOXはドスの利いた、コントラスト、特にシャドーの強さが際立ちます。

一方ネオパンは、いたって中庸、実になだらかなトーンなのでございます。

これまで、ADOXはEI12の設定で撮影してきました。

しかしどうもアンダー目になりがちでした。大体狙った0.5段~1段くらい低めの印象でした。

そこで、今回は、鼻からEI10にしてみました。

結果、今まで以上に納得のいく露出が出たように思います。逆光でも、行ける感じです。

今度から、私の中でのデフォルトにしようと思っております。

因みにADOX CMS20の現像は、専用現像液を使っております。現像のレシピはEI20とEI12の2パターンしかないのですが、EI12の現像を行っております。

先日、SilversaltさんからADOX CMS20 Ⅱの6本コンボ(120判6本と現像液付き)の入荷の連絡が来ておりました。ポチッちゃいますかね~^^;

6500円超ととても高価なのですが・・・ま、1年に1回のペースですから、いっかな~?^^;


10件のコメント

  1. ジャイアン より:

    最後の写真、いいですね~!!里山の冬の情景がたまりません。
    こんないいところに来るとホームシックになりませんか?(笑)

    帰国まであと少しですね~!!帰国したらごゆっくりと過ごされてくださいね。

    • 皐月の樹 より:

      ジャイアンさん
      おはようございます~!
      ここは、身近に里山の風景を望めて、お気に入りなんです~♪
      ホームシック・・・その時期は過ぎたように思いますね~^^;
      でも、確かにこういうシーンを見つめておりますと、郷愁に誘われます^^;
      はい~♪
      帰国まで、あと2週間を切りました~!
      カウントダウン開始でございますね~v^^
      楽しみです!

  2. 黒顔羊 より:

    なるほど~、こうしてみると二つのフィルムの違いは明らかですね。^^
    私は、フィルム写真は階調重視、コントラストの強いのはデジタルでもいいかなと思ってしまいます。
    なので、最近はリバーサルは全然使わなくなってしまいました。
    ADOXのこれも、面白いフィルムだとは思いつつ、ついついオーソドックスなアクロスばっかりになってしまいますねえ。^^;;;

    ↓の待ち写真、よ~くわかります。
    私も人が通るのを待って、スタンバったことがよくあります。
    でも、5分以上はよう待てんのですよね・・・せっかちですから。
    で、セッティングを変えて他の写真を撮ろうとすると、人がやってくるんであります。^^;
    いわゆるマーフィの法則って奴です。
    慌ててセッティングを戻そうとするも後の祭り・・・たいていミスります、あはは。^^;;;

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      おはようございます~!
      この二つのフィルムの差、感じて頂けましたでしょうか~?^^;
      仰るとおり、B&Wネガの醍醐味は、ダイナミックレンジの広さと豊かな諧調ですね~♪
      ADOX CMS20は、今の時代からすれば、デジタルに取って代わられたポジションだと思いますね。
      私のように、フォーマットの大きなカメラを持っていない者が、高精細な描写を楽しみたい・・・と思った時のフィルムかもしれませんね^^;
      中判で使うと、唯一無二の存在になりますね♪
      やっぱり6×7で使うのが、一番理に適っているな~と思いましたv^^
      ↓待っている時に限って、来ない・・・
      諦めた瞬間、現れる・・・
      まさにマーフィーの法則ですよね^^;
      最近それを思って、出来るだけ気長に待つようにしておるのですが、30分を超えてくると、さすがに痺れが切れてまいります^^;
      ん~、写真は忍耐・・・ですかね~^^;

  3. iwamoto より:

    比べれば、前半の方が良いかなぁ。
    弱さは感じないですし、目もスッキリして気持ちが良いです。
    (後処理で、どのくらい変化させられるのか分かりませんが)

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      おはようございます~!
      前半・・・ネオパンの描写がお好みですか~♪
      目もすっきりして・・・それは大事ですね^^;
      後処理は、結構かけてますね^^;
      好みで、ダークは延ばして、シャドーとハイライトは圧縮しております^^;
      ただ、ネガフィルムは何がオリジナルか?
      基準が難しいですね^^;
      私の場合、ウエットプリントをしておりませんので・・・^^;

  4. フィルガソ より:

    おお~、皐月の樹さんも雪のお写真ですね! ^^
    私もはやく吐き出さないとマズイな~^^;
    二つのフィルム、明らかに違いが分かりますね~。
    ADOXはSilversaltさんから購入なさってたのですね!
    私もローライデジベースはこちらにお世話になっておりました^^;
    私もジャイアンさんと同じく最後のお写真に一票! (^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      おはようございます~!
      はい~、まだまだ雪写真の在庫が残っておりまして、雪解けのごとく吐き出しております~^^;
      だははは~^^; フィルガソさんもございますか~^^;
      春の訪れと共に、慌てております^^;
      はい~、Silversaltさんにお世話になっております~^^;
      このお店のラインナップ・・・心擽られますよね~^^;
      今のところADOX CMS20以外には手を出さないようにしております~^^;
      最後のお写真への投票、ありがとうございます~^^;

  5. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんにちは
    「雪融け間近かの古の村」素敵なタイトルですね。まさに写真もタイトル通りの
    情景です。雪が融けるとこの村にも春が訪れてきますね。春を待つ雰囲気が伝わ
    ってきます。以前、コメントで書いたかも知れませんが、重複していたらすいま
    せん。
    このエピソードは教育関係に携わった人ならよく聞くお話です。
    ある理科の授業のことです。個体・液体・気体を教える授業です。
    先生「ねえ、みんな氷が溶けたら何になりますか?」
    ※先生は個体の氷が液体の水になるという答えを期待していました。
    児童「はい、春になります。」
    先生「うむー。そうですね。」
    この児童の答えは花丸の答えだと思います。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      タイトル・・・ありがとうございます~^^;
      そうですね~、雪解けは春のお告げでございますね♪
      なるほど~、氷が融ければ春になる!
      名言でございますね~!
      そういう自由な発想がいいですね~!
      日本の教育では、そういう発想を大切にしていただきたいですよね~♪
      答えは一つではない!
      十人十色の答えがあって当たり前!
      そんな次世代を育てて頂きたいです。
      ・・・やっぱりyamaboushiさんは教育関係のお仕事に就かれてらっしゃったのですかね~?^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。