PENTAX 67_4111-2_R

2016年4月3日

春の兆しを知らせる光

2月の初旬に訪れた外岩民俗村では、残雪が残り、まだまだ冷たい空気に包まれておりました。

木々は冬枯れして、葉脈のように伸びる枝がその影を壁に落としておりました。

でも、その光りには春の力強さを感じました。

PENTAX LX_3397_R

PENTAX LX_3398_R

PENTAX LX_3399_R

PENTAX LX_3396_R

春の兆しを知らせる光

春の兆しを知らせる光

氷点下の寒さですが、こうやって光だけを見ておりますと、春の風景のように見えるので不思議です^^;

先日、黒顔羊さんが幣ブログのコメントで仰って下さったのですが、2月の初旬・・・即ち春分の1.5カ月ほど前であれば、太陽高度は10月終わり~11月始め頃と同じですね。

明るく感じるのも、当然でございますね♪

今は、この村でも、花が咲き誇っていることでしょう~。

その内、また訪れたいと思いますv^^

 

※お詫び

4月1日~13日まで、一時帰国しております。

コメントのお返事が大変遅くなってしまうかと思います。

また、皆様のブログへの訪問も、滞ってしまうかと思います。

予め、お詫び申し上げますm(_ _)m


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。