PENTAX 67_4111-2_R

2016年4月23日

煌く高架下の小川

小川の辺を散歩しながら、高架下に入りました。

明るい春の日差しを浴びながら散歩しておりましたが、さすがに影の中に入りますとまだ肌寒さを感じました。

ここは、いつもの散歩コースです。

秋の小川冬の小川・・・そして先日の春の小川と何度もご紹介してきたところです。

高架下に入りますと、川面に映り込む光が何とも複雑で面白かったのです。

高架の外からの光と、高架下の影が交錯して、実にフォトジェニックな光景でした。

水面鏡大好き人間にとっては堪らない被写体でございます~♪

PENTAX MX_3476_R

PENTAX MX_3477_R

PENTAX MX_3478_R

煌く高架下の小川

煌く高架下の小川

暗くて寒いと思っていた高架下で、こういう光が待っているとは思いませんでした。

実は、丁度Pentax MXに詰まっていた1本目のフィルムを撮り終えて、2本目に入れ替えようとしておりました。そのために、この高架下で足を止めたのです。

フィルム交換しながら、キラキラと光る小川の水面を見ながら、2本目のフィルムの最初の被写体が決まりました♪

この日は、勢いに乗りまして、その2本目のフィルムも一気に撮り切りましたv^^

なんだか調子が良かったのです。

あるいは、久しぶりのMXとのお写ん歩で、気合が入ったのかもしれませんね~v^^

 

※この度の熊本の大地震では、大きな被害と多くの犠牲者の方が出ておられると伝え聴きます。

犠牲者の方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々が一日も早く通常の生活に戻られますよう、切望いたします。


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。