PENTAX 67_4111-2_R

2016年4月28日

いつもと違う祠の春

昨日に引き続きまして、今日もまた、ケロちゃんのお写真で参ります~♪

冬眠から目覚めたケロちゃん・・・実に精力的に撮影をこなしておりました^^;

寝起きとは思えない、繊細で解像感のある描写もまた、気持ち良いものでした!

そして撮影スポットは・・・私が一時帰国した際には、必ずと言ってよいほど撮影しているこの場所ですv^^

Kowa Six_3563_R

Kowa Six_3562_R

Kowa Six_3561_R

ここは、南魚沼市雷土新田にございます、大欅がシンボルの小さな祠でございます。

この祠へ続く道沿いには、恐らく地元の方が植えられたであろう、水仙がございます。

春になり、雪解けと共に咲き始めます。

毎年のように、同じような光景を同じ構図で撮っております^^;

今年も、性懲りもなく、また撮らされました^^;

ただ・・・今年はいつもと随分様子が違いました。

それは、雪です。

いつもであれば、まだこの頃(4月上旬)は、田んぼはまだまだ残雪に覆われております。

因みに去年の様子はこんな↓感じでした。

バケペンでの様子

Kiev88Cでの様子

まだまだ雪が残っている様子がご覧いただけるかと思います。

今年は、もう4月の始めで全然雪がありませんでした。この光景は、例年であれば5月上旬のGW頃の雰囲気です。やはり、今シーズンの雪はかなり少なかったのだな~と実感いたします。

と、同時に、今年の夏は水は大丈夫だろうか?と心配になります。

米どころ・・・と呼ばれる越後には多くの水田がございます。これを支えるのが、冬場の豪雪です。

山に深く積もった雪は、夏の頃まで雪解け水を蓄えてくれます。

それがなくなると・・・想像しただけでもぞっとします。

農家の方も、ひやひやされていると思います。

なんとか持ってくれると良いのですが・・・。

 

 


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。