PENTAX 67_4111-2_R

蔦が彩るヒカリトカゲ

気付けば、蔦がいたるところで青々と茂っておりますね~^^;

冬の間は、もう死んでしまったかのようなみすぼらし姿をしておりましたが、4月の終わりごろから新芽を延ばし、5月にはこの世の春を謳歌しておりました^^;

今日ご紹介するお写真も、5月の初旬に撮ったものです。

既に、猛々しさ全開でございました^^;

Rolleiflex T_3718_R

Rolleiflex T_3719_R

青々とした蔦は、赤レンガとの相性がよろしいようです♪

緑と赤という補色の関係もさることながら、どちらも錆好きにはたまらない被写体でございますv^^

2枚目に映っているのは、蔦ではなくおそらく藤だと思います。

まあ、藤も蔓を延ばして成長するので、独断と偏見で同類にしてしまいます^^;

このお写真も、ローラちゃんにFP4を詰めて撮ったお写真ですが、1枚目は例によってかなり露出が高かったです^^;

お陰で、粒状感で先鋭さを失っております・・・ToT

どう露出計算を間違ってしまったのか・・・。

陰で暗かったとはいえ、確かF11まで絞ってSSは1/30くらいにしたような気がします。

手ブレも出てしまっているかもしれません^^;

この時は、普段携帯する露出計を持ち出しませんでした。

ローラちゃんには露出計があって、かなりの精度で出してくれます。

ただ、露出計の設定は「高(低感度)・低(高感度)」の2段階あります。

日中でも木陰に入ると「高」では拾えない時があり、そんな場合は「低」の設定にします。

この高低の繋がりが、あまり線形ではありません。なので、その境目くらいの露出決定は迷います。

この時は、悩んだ挙句「低」の設定で露出を読みました。

因みに、高と低では2段くらいの差がありました。

失敗でした~^^;

勉強になりました。

あと、やはりもしもの時の場合の為に、露出計は携帯しないといけませんね~^^;

 


6件のコメント

  1. iwamoto より:

    赤煉瓦と蔦、最高の組み合わせですよね。
    (でも、長手積みは好きじゃないんですが・笑)
    倉敷紡績の工場で素晴らしい赤煉瓦と蔦の共演を見ました。
    40年くらい前のことですけど。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      仰る通り、赤レンガと蔦は鉄板の組合せですよね~!
      赤と緑で、補色の関係でもありますしね♪
      とか言いながら、いつもの如くモノクロですが~^^;
      長手積みはお好みではなかったのですね^^;
      韓国は、大きな地震はほぼ無いようで、レンガ造りの建物も結構見かけます。
      でも、日本で見る赤レンガとは少し形や色実が違うようにも思います。
      規格が違うのですかね^^;
      おお~、倉敷紡績の工場赤レンガと蔦ですか~!
      現存しているのでしょうかね?
      是非見てみたいです♪

      • iwamoto より:

        そこは、「倉敷アイビースクエア」というホテルになっていて、まだ営業しています。
        結婚した頃に夫婦で泊まったことがあるんですよ。  検索可能です。

        • 皐月の樹 より:

          iwamotoさん
          ご教示ありがとうございます~!
          なるほど、ホテルになっているのですか!
          早速ググってみました♪
          赤レンガに、びっしりと生えた蔦、美しいですね~!
          明治時代の赤レンガ工場をホテルにするという粋な計らいも素敵ですv^^
          これは一度泊まってみたいですね。

  2. フィルガソ より:

    青々とした蔦と赤レンガは最高のコンビですね!
    一枚目のお写真、絵になってますね~♪
    二枚目のお写真の「誰も知らないホニャララ」的な切り取りも堪りませんね(^^)v
    オールドカメラの露出は難しいですよね。
    私の場合フレクサレットとプリモジュニアは表示よりかなり遅い気がします。
    露出計どおりで撮るとかなりオーバーになります^^;

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      おはようございます~!
      そうですよね~♪ 赤錆色のレンガと緑の蔦、鉄板の組合せですよね~!
      これを撮影したのは、5月の始めだったのですが、今はもっと青々と茂っていると思います^^;
      この建物には、どうも配電設備か何かが入っているようなのです。
      レンガに光が差し込み、フォトジェニックでございました♪
      「誰も知らない・・・」おお~、そうです、そうです!まさにそんなイメージでございますv^^
      お気づき頂き、ありがとうございます~^^;
      クラカメでの露出バラつき・・・なるほど、SSのバラつきが問題なのですね~!
      早速手持ちのカメラでSSのバラつきを検証してみました。
      1/4、1/2、1s(サンゴくんは1/2までですが^^;)で2台同時にシャッターを押して比較してみました。
      Pentax MXとLX、サンゴくん、ろーらちゃん、マミセコ55㎜と105㎜。
      ペンタのMXとLXは、ほぼ同じで、この中では最速でした。
      次いで、マミセコでした。面白いのは、1sはマミセコが遅いと感じるレベル。でも1/2sはMXやLXとほぼ同じか若干マミセコが早いかな?という感じでした。
      次がサンゴくん。そして最遅がろーらちゃんでした^^;
      MXやLXとローラちゃんの差は、体感で10~20%くらいありそうです。
      クラカメのSSのバラつき、結構大きいですね^^;
      ネガフィルムでなければ、アウトですね^^;
      逆に言えば、ネガフィルムが優秀だからこそ、クラカメが存在しているのかもですね^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。