PENTAX 67_4111-2_R

ヒカリトカゲが招く森の散歩道

2016年10月31日K-5,SMC Pentax 50mm F1.2

k5_74819-2_r

k5_74824-2_r

k5_74829-2_r

k5_74821-2_r

k5_74818-2_r

この日は、朝から小雨でした。

昼になって雨がやみましたが、まだどんよりとした雲が広がっておりました。

最初は、パッとしない光の中で撮影しておりましたが、段々飽き始めておりました^^;

すると、神のご加護か?

急に明るくなって来まして、見事なヒカリトカゲが現れ始めました♪

おおお~、写真の神様、ありがとうございます~!

森で散歩を楽しむ人々の足も更に軽やかになっていたように思います。

秋の森は、夏に比べて光が沢山降り注ぎますので、ヒカリトカゲも賑やかになりますね~v^^


8件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    おお~、これは素的な光蜥蜴さんたち♪
    秋の愁いを帯びた光線が実によいですねえ。
    最初は曇ってたんですか?
    う~ん、写真の神様、普段からいっぱい写真を撮っている人には優しいんであります。
    でも、写真の神様は気まぐれでして・・・
    最近、お恵みもらってないような気がします、めそめそ。^^;

    • 皐月の樹 より:

      黒顔羊さん
      こんばんは~!
      そうなんですよ~、最初はこんな光が差し込むとは想像できないほどの、どんより曇天でございました。ですので、ホントにこの日はラッキーでした(^^)v
      このヒカリトカゲが現れたときは、この期を逃してなるものか~、とシャッターを切りまくりましたf(^^;
      神様は、ホント気まぐれですよね~f(^^;
      私も、よくその気まぐれに付き合わされます。
      まあ、でも…それも修行のうちなのだろうと、甘受してしまいます~f(^^;

  2. iwamoto より:

    低い太陽が有り難いですね。
    恵みに対しては素直にカメラを向けられますし(笑)
    写真運を貰うには、普段から力の限り撮るしかないですよね。

    • 皐月の樹 より:

      iwamotoさん
      こんばんは~!
      はい、仰る通りでして、ヒカリトカゲ大好き人間としては、ここぞとばかりにシャッターを切りまくりましたf(^^;
      一期一会、でございますね~♪
      神のお導きであれば、従わない手はございませんよね(^^)v
      私の場合、普段の力がございませんので、不断の努力が欠かせません~f(^^;

  3. yamaboushi53 より:

    皐月の樹さん こんばんは
    森の中の散歩道、いいですね。私はいつも同じコースを歩いているので、
    少々マンネリ化状態です。でも、目標地点がはっきりしているので、ある
    意味ではメリットはあります。これからはいろいろなコースを歩いてみて、
    曜日によって変えていきたいと思います。
    近くの神社へ行く道が今日の写真に似ていますよ。

    • 皐月の樹 より:

      yamaboushiさん
      こんばんは~!
      おお~、そうなのですか~。
      仰る通り、普段と同じコースを行くときは、自分への目標と負荷のかけ方が明らかになるので、トレーニングしやすいですよね~。
      でも、トレーニングですので、時には気分転換したくなるのが心情ですよねf(^^;
      月に1回とかで、気分転換のためにコースを変えるのが、楽しいかもですね♪
      そうすると、トレーニングとしての道として、新たに取り入れる切っ掛けとなるかもしれませんしね(^^)v

  4. フィルガソ より:

    おっほ~、それはまさしく神のご加護ですね!(^^)!
    やはり曇り空の光と晴れの光ではお写真のイメージが大きく違ってきますよね。
    カラーでもヒカリトカゲが生き生き見えますね~(^^)v

    • 皐月の樹 より:

      film-gasolineさん
      こんばんは~!
      はい、神様も少し同情してくださいましたかね?f(^^;
      ラッキーでございました~f(^^;
      森のなかは、そうでなくても光が乏しいので、曇りですと本当に暗いイメージになってしまうんですよね~(ToT)
      秋ともなれば、なおさらですしf(^^;
      でも、こうやってお日様が差し込めばとたんにフォトジェニクになってくれます♪
      こういうご馳走が待っているので、やめられません~(^^)v

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。